ヨーロッパのAlexander wang x H&Mの売れ行き具合を確認してきた!

公開日: 2014年 11月 09日
更新日: 2015年 01月 24日

DSC03237
11月7日にAlexander wang x H&Mが販売されました。毎年、H&Mはハイブランドとコラボ商品を出しており今年はAlexander wangでした。通常、数万円以上するAlexander wangがH&Mの価格帯で買えるというので日本ではかなり人気でした。

平日に関わらず前夜からH&Mに並ぶ人が続出です。今どき前夜から並ばないと手に入らない商品なんてiPhoneぐらいしかなかったので、私もちょっとワクワクしていました。
aa
ちなみに販売された服は上記のような感じのものばかりで、ちょっとアジア人には似合わなさそうなデザインでしたが、それでも日本だけでなく韓国でも並ばないと買えなかったというから驚きです。ブランド力ってすごいですね。

DSC03237
そんな訳で私もヨーロッパのエストニアに住んでいるということで、Alexander wang x H&Mの売れ行き状況をチェックしてきました!H&Mはスウェーデンブランドで、スウェーデンはエストニアからも近いです。

エストニア・タリンでは販売開始は朝8時となり、私は30分前に到着!
DSC03243
「もしかして誰も並んでいない?」と思いきや数組いました。日本だと確実に買えていない時間に着きましたが、エストニアでは余裕ですね。。

DSC03251
店がオープンすると皆さん行儀よくAlexander wang x H&Mの置いてあるところへ。アジアだと争奪戦になっていると思いますが、そこはヨーロッパということもあり皆さん紳士な対応です。

DSC03270
こんな感じで取り放題!夕方にもH&Mに行きましたが、在庫はたんまり残ってましたw

日本だと一部商品は倍以上の値段でヤフオクで販売されていますが、ヨーロッパだとそこそこの人気ぐらいです。他にも沢山ビジネスチャンスが探せばありそうです。

DSC03267
また外国人であればTAX FREEで購入金額の10%が還元されるため、同じH&Mの製品であっても海外で買ったほうがお得になることもあります。ヨーロッパ内であればTAX FREEを受けることがでないのですが、隣国のロシアであればOKなのでロシア人がTAX FREEの申込用紙を記入していました。

DSC03277
私はキーホルダーぐらいしか買わなかったのですが、オープン時に並んでたということで簡易イス付きのバックが貰えましたよ!

今回の教訓はヨーロッパまで来れば、アジアで大人気なものでも簡単に買えてしまうということです。ビジネス目的であれば税金のことを考えなければなりませんがそれでも商売できそうなものは、まだまだありそうです。

今、開催されているキャンペーン情報はこちら

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑