ゼストエアウェイズの悲劇その2。マニラから帰国できない韓国人が未だに多数いる模様

公開日: 2013年 08月 21日
更新日: 2015年 01月 24日

ZestAirways

ゼストエアウェイズのフライトが急遽結構になったことは3日前に伝えましたが、未だにフィリピンから韓国へ帰ることができない帰国困難者がいる模様です。当初はフィリピン-韓国間のフライトのみが欠航と思っていましたが、ついには全フライトが欠航。幸いにも日本線はなかったため、日本ではほぼ話題になっていないですが、フィリピン中のフライトが大混乱しています。

韓国内でもこのことはニュースとなっており、以下の様なコメントがネットに書き込まれている。

・私はなんとか帰国はできたが、帰国できなかった人はブラカイからマニラに移動させられ、そこから帰れずに3日間空港に滞在している
・空港でゼストウェアエイズが配布した食べ物を食べたら下痢をした
・釜山に帰る予定だったが、なぜかソウルのフライトになった
・全欠航にも関わらず、未だにチケットを販売しているゼストウェアエイズが腹が立つ
・明日ソウルからゼストウェアエイズでフィリピンに行く予定だが、問い合わせても未だに欠航かはっきりしない。
とりあえず明日空港に来て確認してくれとの回答で非常に怒りを感じる。空港に行かなければ自己破棄とみなされ返金されないとのことだった。

今回のフライト欠航の理由としては、乗客を乗せた飛行機にオイルを輸送させたことが原因でフィリピン政府からの許可が降りなくなり、ゼストウェアエイズは過去にヨーロッパでも問題を起こしておりブラックリスト入りする問題のある企業だったという。

明日には未だにフィリピンにいる韓国人が全員帰国できる予定とはなっているが、フライト再開の目処が立っているかは不明である。

もしフィリピン旅行を考えている人はゼストウェアエイズは予約しないほうがベターです。

今、開催されているキャンペーン情報はこちら

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑