プノンペン商業銀行(PPCB)で口座開設!米ドル1年定期預金6%!

公開日: 2016年 02月 19日
更新日: 2016年 02月 26日

カンボジアの一部の銀行は、日本人旅行者であっても口座開設が可能です。

しかもなんといってもカンボジアの銀行は、定期預金の利率が半端ないです。プノンペン商業銀行だと1年定期預金が6%となり、しかも米ドルでの定期預金の利率です。ちなみに2013年は6.5%と今以上の金利でした。

そのプノンペン商業銀行(PPCB)が、日本人旅行者でも口座開設できる銀行の一つで、日本人が対応してくれるジャパンデスクがプノンペンの本店にあることから、数年前から一部、日本人の中では話題となっています。

プノンペン商業銀行の公式ページ(日本語)


プノンペン商業銀行は日系のSBIから韓国の全北銀行が親会社に

SBIホールディングス、プノンペン商業銀行株式の全持分を売却

プノンペン商業銀行が日本人の中で、人気だった一つに日系のSBIホールディングスが親会社だったからという理由があったのですが、2016年2月に「韓国の全北銀行を中心とするコンソーシアムに譲渡する契約を締結したことを発表した」とのことです。

カンボジアは日本のように銀行が倒産したときに国が保証してくれるペイオフ制度がないため、銀行のブランドは非常に重要な指標となります。

韓国系の全北銀行は大丈夫なのか

既にプノンペン商業銀行に口座開設している人やこれから開設予定の人は、この日系から韓国系の銀行に変わってしまうことについて心配されているかもしれないです。

私も一応、プノンペン商業銀行に口座を持っているので、韓国人の嫁に全北銀行について調べてもらいました。

全北とは、韓国の地域を指します。”関西”のように大阪や京都などをまとめた感じです。なので日本でいうと関西アーバン銀行でしょうか。韓国にはペイオフしてもらえる銀行としてもらえない銀行があるのですが、全北銀行は韓国ではペイオフしてもらえる銀行で、信頼度は高いです。

韓国は過去にトマト2貯蓄銀行など結構な数な銀行が破綻していますが、全てペイオフ対象外の銀行です。そのため全北銀行が率いる新しいプノンペン商業銀行は、そこまで心配することがないといえるでしょう。

1-1(4)
韓国の銀行持続指数(2015年)

上記の韓国の銀行持続指数でも10位となっており、シティバンクよりも上のランクとなっています。

また韓国の銀行は、ネットサービスが充実していますので、今までプノンペン商業銀行が実現していなかったオンラインバンキングも韓国系になることでサービス開始となる可能性もあります。

プノンペン商業銀行はシェムリアップにもあり、口座開設可能

プノンペン商業銀行は、シェムリアップにも支店があり、口座開設が可能です。そのため首都のプノンペンに行かなくても、アンコールワットの観光をしたついでに口座開設が可能です。

解約や海外送金はカンボジアでしかできません

プノンペン商業銀行に預けた定期預金の解約や日本の銀行に送金するには、カンボジアに来て手続きする必要があります。そのため資産の余っている人のみカンボジアで定期預金してみましょう。

カンボジアの3年マルチ・ビザを取得すれば税率が安くなる

    • 居住者(6ヶ月以上のビザ) 6%
    • 非居住者(6ヶ月未満のビザ) 14%

定期預金は、源泉徴収税が掛かりますが非住居者であれば14%と高めです。1年定期の6%のうち14%が税金としてとられるので、実質的に5%ほどの利率となります。

また日本在住者は、別途、確定申告をしなければならないので、忘れずに。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. Pingback: 旅行者でもタイ カシコン銀行の口座を開設できるって知ってた? | kankeri02 - カンボジアで起業

  2. Pingback: 韓国に誕生したSBI貯蓄銀行のロゴとカラーがプノンペン商業銀行と同じな件 | kankeri02 - カンボジアで起業

  3. 田中 says:

    とても参考になりました。
    ありがとうございます。

    米ドル1年定期を作り、帰国後、更に定期を作りたい場合、再度カンボジアへ行く必要があるのか、それとも海外送金をして電話などで定期預金を作ることができますか?

    もしご存知でしたら教えてください。

    • kankeri02 says:

      今コメント見ました。ありがとうございます。

      私はまだその方法を行ったことがないのですが、おそらくメールで指示をだして定期預金を組むことは可能です。

      プノンペン商業銀行のジャパンデスクの電話番号は089-941-824です。
      日本人が出ますのでスカイプなどで電話して確認してみたらいいですよ。

      できれば聞いた結果も教えてくれれば幸いです。

      • 田中 says:

        聞いてみました。
        帰国後、追加で定期を作る場合は、新規口座開設した時にそれができるように設定する必要があるそうです。それをしていれば、メールで指示すればOKだそうです。1年物で6.2%なのでモンゴルのほうが良いのでどちらにしようかと思案中です。

        • 田中 says:

          ゴロムト銀行のネット口座をお持ちのようですが、ネットバンキングの利率と窓口で口座開設した口座では違うのでしょうか?銀行のHPを見るとドル定期は7%超えていますがネットバンクのHPは6%台のままですね。

          • kankeri02 says:

            オンラインはオンライン専用口座で一般とは異なるはずです。またPPCBへ確認ありがとうございました。参考になります!

          • kankeri02 says:

            リフティングチャージはゴロムト銀行ではありませんでしたよ!

        • kankeri02 says:

          それであればモンゴルのほうがいいかもしれませんね。なぜなら郵送で口座開設可能で、オンラインで残高確認が可能ですからね。

          • 田中 says:

            PPCBはリフティングチャージが不要ですが、ゴロムト銀行ではいくらくらいかかりましたか?出金方法、残高確認、利率、税金など総合的に考えるとモンゴルのほうが良いかもしれないですね。

  4. よっしー555 says:

    つまり 1万ドル以下の海外送金には審査を受ける事が義務付けられていません。毎日送金する事も可能です。ただし、リフティングチャージがかさむので 日本への送金は 日本に窓口がある銀行を選択する必要があります。(1万ドル以上の場合は 正当な送金理由を証明できる書類(自動車購入の領収書)を準備できれば 可能です。)

  5. 匿名 says:

    金利が6.0%に下がり、また利息にカンボジアの源泉徴収税が14%も課税されました。日本でも確定申告(総合課税・所得税率15~50%)しなくてはいけないので、送金手数料やらを考える労力の割にはリターンが少ない感じになってまいりました。

  6. 元匿名 says:

    >カンボジアの3年マルチ・ビザを取得すれば税率が安くなる
    居住者・非居住者の判定はカンボジアに居住している日数で判定されるので、
    長期滞在査証を所持しているだけで居住者という税務処理をしているのであれば
    プノンペン商業銀行は脱法行為をしている事になりますよ。
    もしも逆に預金者がカンボジアの居住者という事になるのであれば、
    預金以外の全世界の収入にもカンボジア税金が発生する事になります。

    http://www.kuno-cpa.co.jp/tcf/cambodia/information_3.html
    >【課税所得の範囲】
    >カンボジアにおける「居住者」と判定された場合には、カンボジア国内の所得だけでなく、所得が発生した場所に関わらず、他国において発生した所得の全てが課税対象となります。一方で、「非居住者」と判定された場合には、カンボジア国内で発生した所得のみが課税の対象となります。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑