レッドプラネットホテル(元Tune Hotels)に泊まってみた感想!

公開日: 2017年 01月 10日
更新日: 2017年 03月 01日

レッドプラネットホテルズ(Red Planet Hotels)は、日本(沖縄・那覇、東京・浅草、五反田)、フィリピン、インドネシア、タイにホテルを運営するホテルグループです。本社はタイにあります。

2010年に設立され、その前はエアアジア・グループがチューンホテル(Tune Hotels)というブランドで展開をしていましたが、エアアジア・グループがホテル事業を撤退したことにより、このTune Hotelsが新たにレッドプラネットホテルズというブランドでスタートした背景があります。

お値段は日本国内だと1泊8,000~10,000円程度、海外であれば3,000~5,000円程度です。

そのためレッドプラネットホテルズが運営するホテルは基本的にはどこもキレイです。この記事ではレッドプラネットホテルズのホテルについて説明をしています。


レッドプラネットホテルはアプリを駆使したホテル


レッドプラネットホテルズは、値段、ホテルのランクを考えるとビジネスホテルぐらいのレベルですが、とにかくアプリを使ったサービスを全面にプッシュしているホテルです。

レッドプラネットのIn-Stayモードの機能(アプリサービス)

ITや新しいものが好きな私にとっては、こいったものを駆使しているのは非常に嬉しくなりますね(笑)専用のレッドプラネットホテルズのアプリをインストールすることで、フロントにチャットや電話をすることができます。

公式サイトからリメンバード会員として予約すると10%オフ


レッドプラネットホテルズは、じゃらんAgodaからでも予約することができますが、公式サイト経由で予約をお得です。無料で会員登録できるリメンバード会員だと常に10%オフになり、誕生日月だと25%オフとなります。

誕生日月に25%オフになるのは他のホテルグループでは行っていないサービスなので地味に大きいです。

レッドプラネットのロイヤルティプログラム

じゃらんやAgodaでも基本的に同じ値段なので、それであれば10%や25%オフになる公式サイト経由のホテル予約がお得です。

レッドプラネットホテルズに泊まってみた感想

私は、レッドプラネットホテルズになる前の那覇のチューンホテル(Tune Hotels)に泊まったことがあります。そのレビューを書きます。


那覇のレッドプラネットホテルズは美栄橋駅というモノレールの駅から徒歩6分程度のところにあります。

なので公共機関だけでホテルに向かうことができました。他の店舗も比較的、立地の良い場所にあるのでビジネスでも観光でも使えるホテルです。


チューンホテルから変わってないのが、この全体的に赤い色の雰囲気です。レッドプラネットになっていても健在ですね。

目立つ色なのでホテルを見つけやすいですし、あまりこういったホテルは他にはないので新鮮です。


部屋は激せまという訳ではなく、少しだけ広く保たれており、快適に過ごせました。ビジネスクラスレベルか、それよりかは少し上といった感じです。

私が泊まった当時は、アプリでカウンターとのやり取りはできなかったのですが、今はそのようなサービスもあるので是非やってみたいですね。

まとめ

チューンホテルは、日本には今のところ3店舗しかないですが、今後は名古屋、札幌、横浜にもできる予定です。

私の好きなバンコクにも店舗があるので、次回の東南アジア訪問時にりようしてみようかと思います。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. Pingback: 沖縄にある日本唯一のチューンホテル那覇沖縄に泊まってみた! | カンボジアで起業 kankeri02

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑