ニフティの家庭向けVPN「スマートサーブ」(月額315円)が中々いい感じかも?

公開日: 2014年 01月 03日
更新日: 2015年 01月 24日

VPN

海外移住するにあたり、実家(神戸)にVPN環境は必ず整えたいところ。

VPN環境を整えれば、中国からTwitterやFacabookも可能だし、Hulu Japanなどの動画サービスも海外から視聴できる。つながるもん等、月額料金でこのような環境を提供してくれるサービスはあるが、回線は自分専用に使いたいため、できれば実家でVPN構築したいところ。

この正月は実家にいるため、VPN対応のルータを用意して構築しようとしたが、どうしてもうまくいかず。。

BUFFALO WHR-300HP2

NEC AtermWG300HP PA-WG300HP

BUFFALOのルータは東京のアパートではうまくいったが、なぜか実家では接続エラーに。どうやらNTTのひかり電話対応のホームゲートウェイ「RV-S340NE」の設定ができていないため、VPN接続が遮断していると思われる。またNECのルータでも「USBストレージ設定」という機能があり、外からでもUSBメモリの内容が見れるというVPNチックなことができるが、これもうまくいかないため、ルータでなく「RV-S340」が原因と確信。

色々とやってみたが、どうしても分からず、おとなしく月額料金の掛かる外部サービスを利用しようと考えていたが、色々と調べてるうちににニフティの家庭向けVPN「スマートサーブ」の存在を知り、これが私の課題を解決してくれるかもしれない。

smart

benri

簡単に言えば、家の無線LANルーターにスマートサブをLANケーブルで接続すればVPN環境が構築できるというもので、通常VPNに必要な固定IPアドレスやダイナミックDNSサービスは、ニフティのクラウドで補ってくれるため不要とのこと。

ddns

初期費用5,250円、月額315円掛かるが、それでもVPN環境がこれで作れるのであれば高くはない。

また日本の企業が、ここまで細かい条件を記載せずに「簡単に使えます!」と名言していることにも驚き。Appleではよくある宣伝ですが、日本企業も注釈だらけにならないで、これぐらいシンプルに謳ってくれれば心強い。

サービスは2013年10月より始まっており、当初は初期費用5,250円が無料になるキャンペーンを行っていたが、今はやってないとのこと。またキャンペーンやってくれないかな~。やならくてもこれでもVPN環境を構築して、海外移住することになりそうだ。

⇒スマートサーブの詳細はこちら

今、開催されているキャンペーン情報はこちら

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


Back to Top ↑