エストニアに移住!まずは家を確保しよう

公開日: 2014年 10月 19日
更新日: 2016年 06月 25日

bd40fdab_original
エストニア滞在4日目です。

香港⇒モスクワ⇒タリン(エストニアの首都)と来たため、かなりの長旅でした。ロシアを旅行しながら来れたため楽しかったですが二度と同じルートは使いたくないです。

エストニアに移住するにあたり約1ヶ月だけの滞在先は日本で確保しておきました。ホテルを1ヶ月契約してもよかったのですが、Airbnbならば普通のアパートも借りれるためこちらを選択しました。

Airbnbのクーポンまとめ!

エストニアの首都タリンからバスで約30分のところで1ヶ月で約6万円(光熱費込み)です。日本のワンルームマンションのように小さいですが、部屋は綺麗です。

DSC02784

DSC02785
扉のインドの神様的なゾウが非常に不気味ですが、オーナーの趣味みたいです。

DSC02787

Wifiも完備されており、20Mbpsの速度は安定して出ます。

tallinn2
これが移住先をエストニアに選んだ理由でもあります。エストニアは日本ではあまり知られていないですが、IT先進国でノマドやネット事業をするには最適です。

DSC02804
ただマンションは旧ソ連時代の建物のためリフォームされた部屋を出ると超怖いwしかも臭い!

DSC02806

DSC02812

DSC02815
入り口はこちらです。すごい地味。

DSC02818
借りてる家の建物はこんな感じです。不気味ですが部屋の中は各々リフォームしているみたいで綺麗ですが、建物全体やフロアはボロボロです。月300ユーロ(4万円)以下の家はだいたいこんな感じみたいです。

これから1ヶ月で滞在許可証の申請と新たな住まいを探さないといけません。エストニアはEUのため日本人であればノービザで90日間滞在でき、私は今ノービザでエストニアにいます。滞在許可証の申請はおそらく1ヶ月以上掛かるように思えますが、それでも新たな家を不動産屋で探さないといけません。こんなノービザで入国している日本人に貸してくれるのか?と思ったりもするのですが週明けから新たな住まい探しをスタートします。

今回、特に移民弁護士など誰かに頼ることなくエストニアに移住しようとしています。日本語でエストニアのことを調べても殆ど情報が出てこないですが、だからこそ開拓のし甲斐がありますね!

 

今、開催されているキャンペーン情報はこちら

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


Back to Top ↑