Golomt Bank(モンゴル金利14.4%)の定期預金が満期を迎えた

公開日: 2013年 07月 23日
更新日: 2016年 06月 25日

mongolbank

1年前に口座を開いたモンゴルの銀行口座が1年定期預金の満期を迎えた。14.4%という高金利だが、モンゴルという国に、私にとって馴染みがなくあまり頻繁にこれからも訪れることはないだろうという考えから1,000USD(当時8万円)しか預けてなかったが、税金など差し引いて約150万MNTになっていました。現在の価値で1,010USD(10万円)ほどで円安の恩恵は受けていますが、高金利の恩恵はあまりない結果。モンゴルはインフレが起こっているため、ドルに対して通貨の価値が下がっていっているのだ。

1USD=1,480MNT(2012年7月)

1USD=1,335MNT(2013年7月)

現在は15%という更なる高金利でやってるので、もちろん定期預金を更新。モンゴルから日本へ送金ということでもできるが、いつかモンゴルへ行ったときに直接引き出してみたい。

GOLOMT BANKの口座はこちらから口座開設可能です。
※口座開設には審査があります。

また海外銀行の定期預金による利益は、日本在住者であれば確定申告をする必要があるので注意が必要。

今、開催されているキャンペーン情報はこちら

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. ohshuji21 says:

    Kankeri02さん

    この後どうなったのか教えて頂けないでしょうか?

    • kankeri02 says:

      順調に投資できていますよ!
      今年6月が満期で3年目に入ります。

      今は1USD =1772.5 MNTとレートがMNTの価値が下がっており、金利を考慮しても977ドル程度で損していますね!
      金利が高くても中々、マイナー通貨への投資はうまくいかないものですね。
      でもモンゴルの銀行は米ドル建てでも年7.8%のため、こっちのほうが良いかもしれないです。

      • ohshuji21 says:

        Kankeri02さん

        お忙しい中返信ありがとうございます。
        おっしゃるとおりマイナー通貨は金利が高くても、その分通貨の価値が下がる場合がありますね。モンゴルの銀行で米ドルに投資したほうがいいのかもしれませんね。難しい。。
        ですが、Golomtbankで口座開設してみようと思います。 情報ありがとうございました。

        • kankeri02 says:

          ぜひ開設してみてください!

          • 6173b says:

            はじめましてKankeri02さん。
            私もGOLOMTバンクに口座開設し、私はドル建てで預金しております。
            もしご存じなら教えていただきたいのですが、定期預金の期間が過ぎたらどうも普通預金の金利になっているようです。どのようにして定期預金を継続されたのでしょうか?一度、普通預金に戻して、再度定期預金の手続きをされたのでしょうか?

  2. kankeri02 says:

    6173bさん

    はじめまして!6173bさんはオンラインで口座開設したのでしょうか?私の場合は自動に定期預金が更新されましたね。また仮に定期預金が解約となった場合でもPCやスマートフォンで手続きできます。

    • 6173b says:

      kankeri02さん
      ご回答ありがとうございます。
      私はオンラインで口座開設しました。解約になっているけど普通口座に
      戻っているわけでなく、金利だけが普通口座のままって感じです。
      ちょっとおかしな感じがしますが、いろいろやってみます。

  3. kevala says:

    こんにちわ。口座開設URLからとんでも、まったく違うところにとんでしまって、口座開設ができないのですが、ご存知でしょうか?

  4. 匿名 says:

    golomtbank.mn にチャット機能がありますが、モンゴル文や英文でもまともに会話が成立しません。どなたかこれと同じ問題を経験されている方もしくは問題なく会話できる方はいらっしゃいますでしょうか。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑