東京⇔名古屋の移動、新幹線・バス・飛行機について考えてみた

公開日: 2013年 07月 30日
更新日: 2015年 01月 24日

shinkansen

週末、土日を利用して大学時代の友人に会いに東京から名古屋へ向かった。

数年ぶりの新幹線を自腹で乗車。名古屋⇔東京の移動は、バスか新幹線となるが今回は一人でなかったし土日を最大限活かしたかったので新幹線(のぞみ)を選択。

ちなみにLCCのジェットスターが数か月限定で成田⇔名古屋(セントレア)の運航を行っていたが、成田まで都心から1時間、セントレアから名古屋中心まで1時間という誰が得するんだろう?的な飛行機であったこともあり廃止となった。
ジェットスターが成田(東京)-中部(名古屋)線を就航!この真意は?

新幹線の場合、ほとんど値引きがなくぷらっとこだまエコノミープラン(7,900円ドリンク付き)か金券ショップで回数券ばら売りを定価の5%安く購入する候補が挙がったが、こだまは名古屋まで2時間50分、のぞみは1時間40分のため、早いのぞみの回数券を金券ショップで購入することにした。

のぞみの定価料金            (指定 10,780円・自由 10,070円)
チケット大黒屋 東京駅前店 (指定のみ 10,000円)※定価の93%


大きな地図で見る

定価の93%だけども自由席とほぼ値段は同じ。自由席は東京駅のため待てば乗れるので自由席をクレジットカード決済にするほうが良かったかも!やはり今回改めて新幹線に乗って感じたことは新幹線は約10分に1本のペースで出ているため飛行機と違って気軽に乗れるのが何より嬉しい。

今後名古屋へ行く場合は、新幹線もありだけども時間がるときはバス(3,000円~5,000円)でも良いかもしれない。

今、開催されているキャンペーン情報はこちら

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑