ブログ運営は複数にしないで一本にしたほうがいい理由

公開日: 2015年 07月 04日
更新日: 2015年 07月 04日

DSC00801
ブログ運営あるあるだと個人的には思っているのですが、ブログを運営しているとカテゴリごとにブログを作りたくなるときがあります。

例えば私の場合、「海外生活」、「日本の節約情報」、「海外ニュース」など本当に私が書きたい記事を好きなように書いています。一時期は、それぞれカテゴリごとにブログを分けて運営をしようとした時期もありましたが、今ではこのブログ一本にしています。

もしあなたが「ブログを複数運営しようかな…」と考えているのであれば「やめておいたほうがいいよ!」というのが今回の記事の内容です。


ブログを管理しきれなくなる

まずブログを複数運営をしていると、最初は頑張ってバランスよく運営しようとするのですが、これを半年、一年と続けるのは難しいです。

kankeri02の更なるマネーハック術

私は2015年5月にポイントサイト案件については別ブログで紹介しようと考えていたのですが、わずか5記事を書いて完全にストップさせています。

aaaa

ただでさえメインのブログを更新するの四苦八苦するときもあるのに、これが複数サイトとなるともう手に負えません。このブログの2016年6月の実績は月間PVが約600と一日あたり約20しかないことになります。ブログを構築していたときは結構張り切っていたのですが、今はメインブログで精一杯で更新しきれなくなりました。

ほぼ専業の私でもこのような結果ですから、会社に勤めている方や他にメインの仕事がある人はかなり厳しいと思います。

それであれば複雑な運用はせずにブログ一本で自分の書きたいことを書きましょう!

せっかく書いたのに誰も読んでくれない

ブログというものはTwitterやFacebookでシェアされて読まれるものもあれば、feedlyなどのRSS経由で読んでくれる人もいます。このブログはfeedlyに登録をしてくれている人は340人いらっしゃいますが、他のブログで情報発信をすればこの人たちに情報を伝えることができなくなります。

「私のブログのファンなら他のブログもfeedlyに登録をしてくれるでしょ?」と思う人もいるかもしれませんが、残念ながら運営者が思っているほど読者は忙しいです。熱狂的なファン以外は新しいブログをfeedlyに登録はしてくれません。

現に私が作った新ブログはTwitterやFacebookで結構、宣伝をしましたが、feedlyの登録者はわずか6人(うち1人が私)です。この5人の方は本当に感謝ですねw

SEO的にもよろしくない

海外ホテルに無料で滞在できる上に”現金を稼ぐ”超スゴい裏ワザを紹介します。

上記の記事ははっきしいって、かなり読まれると思って書いた渾身のネタです。実際に多くの方にシェアされたのですが、それ以降は検索にも引っかからず誰にも読まれてないゴミ記事となっています。

このネタを仮にこのメインのブログに書いた場合、「海外ホテル 無料」などのキーワード検索でかなりの流入が見込めたと思います。新しく取得したドメインなので、いくらシェアされてもGoogleの上位に表示されなかったということです。

まとめ:ブログ運営は1ブログに全力投球しよう

どうでしたでしょうか?ブログを複数に分ければ、気分的にはスッキリしますが、かなりの機会損失となったり、運営が維持できなかったります。

また私の場合、「海外生活」と「日本の節約情報」と全く異なったジャンルを全部このブログに書いていますが、それでもかなりの方が全ての記事をみてくれています。それは自分でいうのも何ですが、私という人物がどのようなことを述べているか気になってくれているからだと私は思っています。

ブログは、自分を売ったり、収入源にしたり、またストレス発散など様々な活用法があり、各々な運営戦略があると思いますが、複数に分けるのは本当にデメリットしかないのでやめたほうがいいでしょう。

是非、複数のブログを運営しようとした私を反面教師にしてください。これからはこのブログ1本で情報発信をしていきます。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑