ブログやYoutubeで収入を得て世界を旅する日本人がまだ存在しない件について

公開日: 2015年 01月 25日
更新日: 2015年 03月 04日

昨年からYoutubeの広告収入だけで生活するYoutuberなんて言葉が世の中に浸透してきました。例えばヒカキンさんなんて有名ですよね。

また世の中には浸透していないと思いますが、ブログの広告収入だけで生活をするブログ飯という言葉もあり、実際にブログだけで生計を立てている人(プロ・ブロガーというやつですね)は少なくありません。イケダハヤトさんを筆頭にTwitterで検索すれば沢山出てきます。

けどYoutuberの方々やプロブロガーの人って基本的には日本国内に閉じ困っている人が大半です。Youtubeやブログで広告収入を得るメリットは、インターネットがつながっている環境であれば世界中どこにいてもOKなところだと個人的には思っているのですが、世界を旅をしながらYoutubeやブログの収入で生計を立ててる人は私の知る限りいません。2015年にはそのような人がおそらく出てくるのではないでしょうか?

Youtubeの収入だけで生活しているルイス·コールさん

イギリスには既に世界を旅しながらYoutubeの広告収入で生計を立てている人がいました!ルイス·コールさんというイギリスの31才男性。

彼のYoutubeチャンネル登録は既に100万人を超えており、Youtubeからの広告収入だけではなく一般企業からもスポンサーが来ているという。彼は自分自身を旅行者と考えておらず、ノマド(遊牧民)、探検家、世界市民だという。

Louis Coleさん(@funforlouis)が投稿した写真


Louis Coleさん(@funforlouis)が投稿した写真


Got to meet some awesome kids from the Langa township, check this guy's t-shirt! Yes lion king! #borntobeking

Louis Coleさん(@funforlouis)が投稿した写真 –

 

世界一周をする日本人にもブロガーは沢山いるけれども

世界一周をする日本人は意外にも多く1,500~3,000人ほどいるようです。ブログやTwitterをしている人も沢山おり、ブログ村の世界一周人気ランキングは結構盛り上がっています。

ランキング サービス名
1 FC2
2 FC2
3 FC2
4 FC2
5 FC2
6 WordPress
7 アメブロ
8 アメブロ
9 FC2
10 アメブロ

2015年1月25日時点のランキングはこんな感じでした。ブログ名は隠しています。6位の人以外は見事にFC2またはアメブロで、ログで収益を得るという考えはないみたいです。ちなみに1位の人はブログにアクセスカウンターをつけていたので覗かせてもらいましたが、1日のアクセス3,000弱です。

ブログランキング上位者は、独自ドメイン+WordPressでGoogle AdSenseやExpediaの広告でも貼り付けていれば、旅費以上の収益が得られるかもしれないのにもったいないですね。

2015年には日本人の中から世界を旅するYoutuberまたはプロブロガーが現れる

Bangladesh
私の予想ですが、2015年中に世界を旅するYoutuberやプロブロガーが現れると思っています。広告単価が高い日本向けに旅の情報を発信すれば旅費以上に稼ぐことは決して不可能ではないはずです。

最近、『世界の果てまでイッテQ!』、『ネプ&イモトの世界番付』、『世界行ってみたらホントはこんなトコだった』、『世界の村で発見! こんなところに日本人』など海外系の番組も人気です。私も人のこといえないのですが、英語は話せないけど海外には興味がある国民なので、ちょっと本気になって世界のことをブログやYoutubeを通じて日本語で情報発信すれば見てくれる日本人も多いでしょう。

まとめ

ブログやYoutubeをちょっとマネタイズすれば、ルイス·コールさんのような夢の様な生活が可能だと私は考えています。まだ日本人枠は幸いにも空いていますので是非、誰か挑戦してみましょう。

もし誰も立候補をしないのなら私が旅に出てブログとYoutubeで旅費以上に稼げるか挑戦してみようかな…。

今、開催されているキャンペーン情報はこちら

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. Toru says:

    モチベの上がる記事です!

    もうそんな時代なのですねって言っている場合ではなく
    僕もそうなるように努力をしようっと。

    (と、ここで宣言させていただきます。(笑))

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑