韓国・釜山に滞在中!ビザや外国人登録など何かと不準備で反省

公開日: 2014年 08月 25日
更新日: 2015年 01月 24日

2014-08-22 09.56.47
韓国の釜山にしばらく滞在しています。

日本の九州から高速船で2時間でこれる韓国No.2の都市ですが、日本人に会うことはめったにありません。家は妻の前に住んでいたアパートの一室に滞在しています。家の中は冷蔵庫もクーラーもないですが、釜山は既に秋のような気候のため問題ありません。またモバイルルーターもあるため、ネット環境はOKです。

2014-08-21 18.22.02

今回の主なミッションは、韓国で婚姻届を出す、結婚式の打ち合わせなどなどあったのですが、実際に来てみると日本で用意しておくものが不十分であったり穴がありすぎました。全部ネットで解決すれば良いのですが、やはり日本の役所などでしかできない手続きはいっぱいあります。これから本格的に海外へ移住すればできるだけそういったことをなくしていきたいため、海外渡航前に必ずやることをチェックしないといけないですね。

韓国人と結婚すると韓国から様々な特典が受けられる

これは釜山に来てから具体的に知ったのですが、韓国人と結婚すると韓国から様々な特典を受けることができます。

韓国人と外国人が結婚した場合、多文化家庭というカテゴリに入り、定期預金が一般の人よりも制限はありますが良くなります。通常、韓国の1年定期預金は3~4%が相場でこれでも日本に比べれば十分に高いですが、多文化家庭の外国人は更に3%上乗せの1年定期預金が6~7%となります。但し上限が年間500万ウォン(50万円)程度とあり、そこまでおいしくないかもしれないです。ちょっとこれは調べてみる必要がありますね。

また他にもお手伝いさんが無料で雇えたり、子供が生まれれば月10~20万ウォン(1~2万円)程度が貰えたりするようです。ただ韓国の住んでいる都市や年収にもよりもあすので一概に外国人であれば高待遇になる保証はありません。

元々、貧しい東南アジアからの国際結婚による居住者向けの制度をそのまま外国人というカテゴリにして日本人でも受けれるようにしているみたいです。

韓国の結婚ビザを申請できるのは日本の韓国領事館で

これが最大のミスです。釜山に来るまで知りませんでした。当初は韓国に定住する予定はなかったのですが、韓国で外国人登録をすれば韓国の銀行口座開設や携帯電話を契約できたりしています。国民IDでインターネットのユーザ登録など色々なサービスを管理している韓国で、外国人登録書がなければ何もできないも同然です。

外国人登録書の申請には結婚ビザなどのビザが必要となり、私は今韓国にはノービザで入国しています。この場合だと韓国の移民局ではビザの申請ができず、日本の韓国領事館で申請をしないといけません。そのため次、日本に帰った時に申請をしますが、これは神戸に滞在していたときに調べていればできていたため反省です。

ご飯はオイシい

2014-08-21 18.55.17

韓国でご飯に困ることはまずありません。おいしいです。

2014-08-24 09.43.33

何より食堂がそこら中に点在します。韓国は日本より会社勤めの人が少なく自営業をしている人が多いみたいですが、こんだけ店があって経営していけるのか疑問です。韓国で飲食店展開は絶対にしないほうがいいでしょう。

妻しか話す人がいないのは分かってはいたけど孤独

私はハングルが話せません。少しは勉強してハングルを読むことはできるようになってきましたが、単語は基本的には英語のようにひたすら覚えるしかありません。これがこの年になると中々覚えられず苦戦しています。これだけ人はいるのに釜山には友達もいないため話す相手は妻と妻の家族のみ。妻の家族も当然、日本語を話せないため妻を経由して話すことになります。ちょっと悲しい。

街を歩いてもハングルだらけで、釜山は英語もあんまり目にしません。もうハングルを勉強するしかないですね。

結婚式の打合せはさくっと終了

結婚式の打合せは僅か3時間程度で終わりました。これで最終費用、当日の内容、当日衣装が決定です。日本の結婚式準備はしたことないのでなんとも言えないですが、3時間で打合せから衣装決めまでするなんてことはないでしょう。

でも打合せは正直めんどくさいと思っていたのでので、これは良いですね。

まとめ

他にも細かいことがありますが、とりあえずこんな感じです。来週はチムジルバン(健康ランド)に行ったり、結婚式場を見てきてます。今まで海外はほぼ旅行しかしていないのですが釜山生活に飽きはこないでしょうか?

今、開催されているキャンペーン情報はこちら

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑