海外在住者が思う電子書籍のデメリット・不便な点を挙げてみる

公開日: 2015年 06月 30日
更新日: 2015年 06月 30日

DSC08351
海外に住みはじめてから、とにかく本を読むときは電子書籍です。

参考:海外で電子書籍こそ最高に至福のとき。VPNを使わなくてもOK

電子書籍は、定価が紙の本よりも安かったり、更に各ストアが10~50%オフになるセールを頻繁に実施しており、海外からでも気軽に読めるため私はもう本屋で本を買うことがなくなりました。しかし残念ながらまだまだ紙の本のほうが優れている点がいくつかあります。

今回はそんな電子書籍のデメリットについて紹介をしたいと思います。

これから電子書籍の生活を始めようとしている人や海外で電子書籍を活用しようと考えている方は要チェックです!


そもそも販売されていない本が多い

電子書籍の場合、紙の本で書籍で並んでいても、電子書籍で用意されていないことがあります。例えば上記の本は2015年6月26日に販売されたものですが、まだ電子書籍では販売されていません。

当たり前ですが電子書籍化されていない本は、電子書籍として読むことができません。また電子書籍化される本でも紙の本よりも販売時期が遅れる本もあります。

上記の本は2014年11月に販売されましたが、電子書籍は2015年5月です。色々と出版会社の事情があると思うのですが、どうせ販売するなら同時販売にして頂きたいです。

古本で買ったり、ネカフェで読んだほうが安い場合もある

古い漫画だと電子書籍で購入するよりもAmazonで古本で買うほうが圧倒的に安い場合があります。

例えばヒカルの碁についてはAmazonで全巻セットを購入すれば僅か1冊100円程度で手に入れることができます。ナルトやパンピースなど一部のマンガを除いては、10年以上前のマンガについては、このような値段がついているものもあります。何回も読まないのであればAmazonで古本を全巻セットを購入したり、ネットカフェでまとめて読んだほうが電子書籍で買うよりも安あがりです。

私は海外在住なのでAmazonで配送してもらうことはできないのですが、日本に帰国した時にこのよなマンガはまとめ読みをする予定です。全巻読み終わった後は、郵送で買取をしてもらいましょう。

雑誌には読むのには向いていない

雑誌については電子書籍で読むのは、かなり苦痛です。というのも雑誌は他の小説やマンガに比べるとファイルが重いためダウンロードに時間が掛かります。

また雑誌は1ページ目からスライドさせて閲覧することになります。電子書籍の場合は、飛ばし読みやパラパラめくりができないんですよね。

雑誌は元々、紙の本で発行されることを前提なので電子書籍とは合わないと個人的には思います。

参考:海外生活をするならドコモのdマガジン(月400円)が何気に最強な件

ドコモがサービスを提供しているdマガジンも契約してみましたが、ダウンロードに時間が掛かりすぎるため結果的には利用せず、ストップさせました。こういった雑誌のときは紙の本のほうが断然優れています。

まとめ:電子書籍は臨機応変に活用しよう

電子書籍はとにかく”安い”、”海外でも購入して読める”、”スペースを取らない”など様々メリットがありますが、デメリットもあります。

是非とも柔軟に対応して、電子書籍と紙の書籍を楽しみましょう!

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑