エストニアのメイド寿司屋スシキャット(Sushi Cat)に行ってみた!

公開日: 2015年 01月 11日
更新日: 2015年 01月 23日

エストニアには沢山の寿司屋があります。99%が現地エストニア人が経営しているもので日本人からすると、かなり衝撃的な店の外観や寿司のでき具合だったりします。

そんな寿司屋の中でかなりぶっ飛んだ寿司屋があります。スシキャット(Sushi Cat)というお店でスタッフ全員が猫耳メイドのコスプレ服を着ています。
DSC06685
エストニアの情報は日本語だとほとんどない現状ですが、このスシキャットだけはGoogleで検索すると結構でてきますw日本のメディアも取材したことがあるようで、日本人にとってはエストニアの観光スポットになりつつあります。

私の友人が年始にエストニアに遊びに来てくれたため、このスシキャットに行ってきました。

DSC06683
店内にはメイドがペイントされていますが、日本人にとってはかなり違和感あり。

あと決して怪しい店ではなく、家族連れで店に来ている人達もおり健全なお店です。
DSC05144
寿司はこんな感じです。値段は飲み物代込みで4人で40ユーロほどでした。そこまで高くありません。味もほとんどは普通に食べれるのですが、一部の寿司にはチーズが入っており、これはちょっと厳しいですw他の寿司屋でもチーズは当たり前のように入っていたので、これがヨーロッパの寿司では普通かもしれませんね。

10914873_811495395555007_6088213117253480922_o
帰り際に「写真を一緒に取ってくれませんか?」とスタッフのかたにお願いしたところ、快く承諾してくれました。

スシキャットはエストニアでもそれなりに有名な寿司屋です。是非、エストニアのタリンに来た際はスシキャットを訪れてみてください。旧市街の自由の広場から徒歩10分のところにあります。

またスシキャットのウェブサイトもかなり個性的です。
DSC051442
メニューも載っていますので是非行かれる方はチェックしてみましょう!

最後におまけ情報として、このスシキャット、支払いは現金でもクレジットカードでもOKなのですが、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)にも対応しています。エストニアでは初めてビットコインの支払いに対応したお店です。
bitcoin_logo
にわかビットコイン・ファンの私としては、一度ビットコインで支払いをしたかったのですが、すっかり忘れておりクレジットカードで支払ってしまいましたw

また誰か友人がエストニアに来れば次はスシモンに挑戦したいです。

今、開催されているキャンペーン情報はこちら

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑