キプロスのFX業者 IronFXの口座開設をしてみた!

公開日: 2013年 09月 21日
更新日: 2015年 03月 04日

ironFX

今までタイ、カンボジア、ラオス、マレーシア、スリランカなどの銀行口座や証券会社を開いてきたが、今度はキプロスのFX取引業者の口座を開設してみた。

今までFXは主に外貨預金としてスプレッド一倍で長期投資を行ってきただけだが、海外のFXは日本の業者よりも規制が少なく使い勝手がいいためIronFXの口座をとりあえず開いてみた。

IronFXの特徴としては以下の通り。

クレジットカードで入金ができる

JCB_final

 

IronFXはクレジットカードでの入金が可能だ。クレジットカードでもショッピング枠での入金となるため、実際にクレジットカード会社から請求が来るのは2か月後となり、クレジットカードカードのポイントも貰えることになり、日本のFX業者にはないサービスだ。JCB以外にもVISAやマスターにも対応している。

ただ出金には時間が掛かるということもあり、余裕資金がないのにクレジットカードで入金をすることはお勧めできない。

スプレッドが最大500倍

500

IronFXはレバレッジ500倍で国内の25倍に比べたら少ない資金で大きな為替を動かすことができる。追証の制度もないので少ない投資額で大きく張ることもできる。

今なら100%ウェルカムボーナス

default

8月まで50%ウェルカムボーナスだったが、今月のみ100%ボーナスのキャンペーンを行っている。これも日本にないサービスであり、入金した額と同額(100%)の金額をIronFXが運用資金として提供してくれるというもの。最大$6,000。

当然ながらウェルカムボーナスは出金することができない訳だが、FXでは種が多いに越したことがないため、この制度を活用しない手はない。

プリペイド・マスターカードが作れる

IronFX-MasterCard

私が一番のメリットと思っているのがこれだが、2,500ドル以上の資金を口座に入れている人を対象にIronFXがマスターカードを作ることが可能だ。ATMの出金で手数料2%取られるが、日本のデビットカードよりも手数料が安い。海外移住している人やよく海外旅行を行く人にはおススメだ。

まとめ

海外の業者であるがIronFXは日本語サービスも行っており、スタッフに日本人もいるため、海外業者のサービスをそのまま日本語で受けることができる。もちろんスマートフォンでも取引が可能なので、口座を開くだけ開いても維持費は掛からないため損はない。

口座開設は現地に行かなくても、以下の①~②のコピーをネットでIronFXに送れば開設が可能だ。

①運転免許証またはパスポートのコピー
②6ヵ月未満の公共料金の請求書または銀行口座利用明細書

今、開催されているキャンペーン情報はこちら

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑