海外在住者はボランティアはではない!コンタクトするときは、報酬についても考えよう

公開日: 2015年 06月 23日
更新日: 2015年 06月 23日

エストニアからこんにちは。おのだ@kankeri02です。

エストニアでの生活も残り10日となり、本当に最後の締めに入りつつあります。移住する当初は3年以上はエストニアに住むことを考えており、結果的にわずか9ヶ月で去ることになったのですが、それでもエストニアの生活が当たり前となった今、少し寂しくあります。

また私の両親がエストニアに遊びに来ており、色々と案内をしていますが、これが意外にも疲れます。そのため先週はブログの更新がかなり疎かになっております。毎日このブログにアクセスしてくれる人がいるかはわからないですが、もしそのような方がいれば、申し訳ないです!

さて今回は海外在住についてのお話です。


海外に住めば色々な方から連絡が来る

DSC09623
海外に住みブログやTwitterで情報発信をしていれば確実に多くの方から連絡を頂きます。私もエストニアに住んでから確実に問い合わせが増えました

例えば「エストニアでおすすめのレストランはありますか?」、「タリンの港からタクシーはありますか?」などの簡単な質問から「エストニアの税率について詳しく教えて下さい」など私は起業関係の記事を書いていることから重たい質問が来るときもあります。またテレビ局から「エストニアで面白い日本人を教えて下さい」なんて質問もありました。

質問だけではなく「エストニアに行くので、是非とも相手してください」と連絡をいただくこともあります。

人にお願いをするということは人件費が発生する

私はエストニアに住んでから頂いた質問については全て回答しています。また会いたいという人に対しては全員会っています。それはそこから自分の仕事に繋げることができたり、ブログを頻繁に見てくださっているファンの方であれば、こちらとしても”おもてなし”をしたいからです。また単純に私が日本人と話すということに飢えているというのもあります。

ただ残念な方もおり、「メールで回答したのに、そこから連絡なし」、「自分の仕事の情報収集のためだけに、エストニアに来る直前にコンタクトしてくる人」などもいました。もちろんここでお金をもらっていれば、それでも問題ないですが、金銭は一切貰っていません。

あなたの時給はおいくらですか?


多くの日本人の場合(もしかしたら日本人だけの問題じゃないかもしれないですが)、基本的に人に海外在住者に何かを、お願いするときはお金が発生しないものと考えている人が多いと思います。おそらく多くの方がサラリーマンで固定休を貰っていることから、仕事以外で「人を動かす=有償」と考える人が少ないからだと思います。また「こちらが、そちらへ出向くのだから会ってくれてもいいだろう」と思っている人もいるかもしれないです。
※これらは恥ずかしながら実際に私が以前思っていた考えです。

しかし友人でもない人に、何かお願いするということは、その人が大事な時間を割いている訳ですから、本来は人件費を払うべきことと今は考えています。また人件費が払えなくても何か海外在住者にメリットのあることを想定してコンタクトを取るべきです。

私が以前勤めていた会社のシステムエンジニアを1日8時間拘束させた場合、10万円(税別)が相場でした。さすがにここまで高くなくても、私の場合、月20~30万円程度の収入がありますから、仮に1日拘束されるのであれば最低でも1万円は頂きたいのが本音です。更に海外在住という付加価値を加えれば2万円程度が妥当かもしれません。

おそらく私以外にも海外に在住する人で同じ悩みを持っている人は多いと思います。どうでしょうか?

海外に在住している日本人はお金に困っている人も多い

DSC07956
私の場合、幸いなことに貯金も28歳にしては、それなりにあり収入もサラリーマンほどではないですがウェブであります。それでも月収だと20~30万円となり、年収にすると240~360万円です。ここから自分で年金の積立や税金も払わないといけません。ボーナスも当然ありませんので、日本のサラリーマンと比べると完全にワーキングプアの部類です。

私のように海外在住の日本人の場合、駐在員を除き、お金を持っていない日本人が圧倒的に多いと思います。海外に来てわかりますが、本当に外貨を稼ぐことは難しいです。現地就職している方や現地で起業されている方、また学生であっても何かお願いをするのであれば、いくらか恵んでやるべきじゃないかなぁと思います。少なくともそういう意識は持って欲しいです。

こんなたいそれたことを言っている私ですが、サラリーマン時代にカンボジアのとある起業家の方に”無償で”時間を割いて会って頂いたことがあります。今思えば本当に悪いことをしたと思ってます。いつか恩返しがしたいです。

まとめ:海外で現地在住者に会うときは、それなりに慎重に

SNSの発展で簡単に海外在住者とコミュニケーションが取れるようなりましたが、付加価値の高い海外在住者が叩き売りをされているように思えたので、今回このような記事を書いてみました。

もし海外在住者にコンタクトを取るのであれば是非とも相手にメリットのあることも考えてみてください。ない場合は、お金で補填するのも十分ありと思います。今の時代、少額であれあばPayPalやビットコインなどで簡単に資金の送金ができます。

また海外在住者も是非とも自分を安売りしないように、うまく意識してみてはどうでしょうか?

最後にこんな記事を書いておきながら何ですが、引き続きエストニアに関することや私に興味のある人は是非とも連絡をお待ちしています!w

メール onoda.bu@gmail.com
Twitter おのだ まさし@kankeri02

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. 通りすがり says:

    私も海外在住者ですが、「そのような依頼を受けるためのビザを持っていませんので、お役にたてません」と断っています。私のビザの場合、ボランティアもできません。依頼する人は、ビザの重要性を知っておいて欲しい。「あなたの依頼を引き受けたことを通報されて、この国にいられなくなる可能性もある」のですから。

    • kankeri02 says:

      なるほど。ビザによっては確かにボランティアでも質問のQ&Aに答えれないものもありますね。

      それでも海外に住む以上、現地に住みたい方から連絡は来ますよね。仕事ができないビザだと判断が難しいですね。

  2. bbb says:

    ただの愚痴じゃねえかよ
    いやならメールに回答しなきゃいいし、会わなければ良いだけ。

    金とりたいなら、明朗会計で商売しろよ
    それに、日本人のバックパカーに案内をしてもらって、金など請求されたことないけどなー

    それと、SE8時間10万って、どれだけぼってるんだよ。
    単発だとしても、相場の倍以上、これって新規お断りの価格設定だろ
    相場からかけ離れた金額を提示するって、悪質極まりない

    最近のじゃらん案件でおいしい思いして、実力と勘違いしてないか?
    あれ、千円クーポンで釣って、3000円もらえるとか、案件が神なだけ。

    • アル中 says:

      横から失礼します。
      私たちは、小野田さんがご自身の責任とリスクをとって運営されているブログに訪問している身です。
      客として扱われるには、客の側に最低限のマナーというものがあって然るべきと思います。
      マナーなき客は、もはや客ではないと思います。
      小野田さんも、根拠のある批判を受け容れない方ではないはずですから、ご意見があるなら、もう少し敬意をもった表現でできないものでしょうか。

    • kankeri02 says:

      コメントを承認するか否か迷いましたが、せっかく書いていただいたので承認しました。

      確かにこれらを商売にしたいのであれば答える前や会う前に無料では対応できないことを明確に伝えないといけません。なので最近は私は質問に答えた後に、当サイトに貼っているアフィリエイト案件を一つでも何かしてくれないかお願いすることがあります。ただこの連絡をした場合、かなりの確率で返事なしですね…。

      私の場合、この質問への回答をビジネスにしようとは本気で考えていないため、まずは回答をするようにしていますが、本気でしたいのであれば質問に答える前にお願いしなきゃダメですね。

      >それと、SE8時間10万って、どれだけぼってるんだよ。
      >単発だとしても、相場の倍以上、これって新規お断りの価格設定だろ
      >相場からかけ離れた金額を提示するって、悪質極まりない
      これについては以前、勤めていた会社の概算相場です。悪質といわれても…

      • bbb says:

        まずSEの派遣料金に関してですが、私の言葉足らずでした。
        新規お断りの価格設定だろの後に、「何も知らない読者に」が抜けていました。

        つまり悪質なのは、世間の相場から、倍以上もかけ離れた金額を書いた、あなたの行動です。

        次にアナタに会いに来た人に関してです。
        その旅行者の方々が、アナタの情報を期待していたか疑問です、だって移住して数ヶ月の人ですよね?
        しかも、エストニアの公用語を使えないアナタに期待しますかね?
        私は中学生レベルの英語力と、スマホの自動翻訳だけで困った事はありません。
        今時は、シムフリースマホと現地SIM買って、グーグルマップ使えば、初めての土地でも情報や言葉に困りません。
        (中国のように、VPN使わないと、情報遮断されてる国なら別ですけど)

        アナタに連絡してきた方々は、ドミトリーで知り合った見知らぬ人間と、飯を飯を食いに行く感覚だと思いませんか?
        それが証拠に、5分で終わるアフィリエイト協力を依頼しただけで、音信不通になってますよね。
        アフィリに協力する事が嫌じゃなくって、商売目的で会われても困ると思っただけでしょう。
        バックパッカーは軽い気持ちで誘っただけなのに、アナタはブログで「ただ働きさせられた」と書けば、今頃はどんな気持ちでしょうかね。

        最後に、今回の記事からは、あなた自身に下心が読み取れました、観光案内して恩を売れば、人脈ができるかも。
        だから無料でやってたのでしょう。

        • kankeri02 says:

          今回は私だけの話をしたのではありません。そりゃ観光の質問だとGoogleで十分でしょうが、ビザやビジネスの問題になるとGoogleでも出てこない情報は多いです。

        • 匿名 says:

          すごく共感しました

        • 匿名 says:

          私も海外在住で、日本国内からのコンタクトがたまにあります。
          表題が気になって記事を読みましたが、bbbさんの意見に共感してしまいました。
          人に無償で何かをお願いするのは失礼だと思いますし、マネタイズしたい気持ちは分かりますが、依頼内容によりますよね。
          どれほどの価値があるのかという。
          私の場合、ただの情報なら無償。ガソリンや交渉が必要となる場合は有償にしています。

  3. アル中 says:

    小野田さんこんばんは、いつも楽しく拝読しています。

    私も海外に長期滞在することがあり、どうしてもSNSを通じて居場所を知られることになり、あまり望まない属性の方々から「会いたい」と連絡をいただくことがあります。
    ただ、これは日本国内にいても同じです。
    フィーが発生しないという考えがありありとわかる方とは、私のほうから会いたいと思う方や、友人関係でもないかぎり、基本的にお会いしません。
    そういった方々の大半は、残念ながら小野田さんがご指摘のとおりサラリーマンです。
    私はコンサルティング会社を経営していますので、ノウハウだけが商品であり、時間は貴重な在庫です。
    無償でノウハウや時間を奪われる行為は、極論すれば小売店が万引きされているのと同じですし、そこまでいかなくても、無償で時間を作ってほしいと言われることは、小売店にとって「タダで商品をください」、飲食店で「カネは払わないが飲食させてほしい」と言われているのと何ら変わりありません。
    ただし、ノウハウを提供する場合、金銭での決済が大原則である小売店や飲食店とは違うフレキシビリティを持っているのも大きな特徴だと思います。
    小野田さんが仰る「少なくともそういう意識は持って欲しい」というのは、例えば、別の付加価値でお返しする方法だってある訳ですし(小野田さんがエストニアで入手しづらい日本の食品等を代理購入して届ける、貴重な別の人脈を紹介するなど)、だいたいそんな気遣いや工夫も思いつかない人間が、どれだけ得難い出会いを得たところで、たいした成果は得られないだろうと思うのです。

    今回のエントリを拝見して、この内容が一般の方から理解を得るのは難しいのでは…と感じましたが、やはりちょっと批判的なコメントが書き込まれているようなので、援護射撃という訳ではありませんが、長々と書かせていただきました。
    ただ、SEの単価が1万円を超えるというのは、明示的ではないにせよ、文脈から推察される「日本の平均的な相場として」提示された額としては、やや高額に感じられます(私の経験則上、かなり実績のあるプロジェクトマネージャークラスでも8,000円程度です)ので、あくまで小野田さんがお勤めだった会社の例示として強調されれば、何ら問題はないかと思われます。

    今後も、楽しい情報発信を期待しています。

    • kankeri02 says:

      アル中さん

      コメントありがとうございます。
      >ノウハウだけが商品であり、時間は貴重な在庫です。
      私がこの記事で言いたかったことです。
      私にお金を頂いて提供できるノウハウがあるかは微妙ですが…。確かにこれは国内外関係ないのない話ですね。

      >実績のあるプロジェクトマネージャークラスでも8,000円程度
      これは時給8,000円ということですよね。確かに10万円は以前勤めていた会社の概算見積もりの金額で、今思えば実際に発注もらった金額は低かったです。それでもそれなりに大きい企業だったので相場よりもかなり高い金額です。

      >今後も、楽しい情報発信を期待しています。
      ありがとうございます!ネガティブコメントしかこないと正直思っていたので、凄く嬉しかったですw

  4. 匿名 says:

    私も海外在住の身なので今回の記事は色々と共感させられる内容でしたが、
    「サービス残業」とか「お客様は神様です」といった日本独特の文化にしか
    触れたことのない方には刺激的が強すぎるかもしれませんね。

    • kankeri02 says:

      >「サービス残業」とか「お客様は神様です」といった日本独特の文化
      コメントありがとうございます。私も以前まではこのような考え方をしていたため、凄く理解できます。この考え方を変えなきゃいけないですね。

  5. bbb says:

    >私にお金を頂いて提供できるノウハウがあるかは微妙ですが…。

    自分でわかってるじゃないですか。
    金を取れるノウハウないのに、ただ働きさせられたとか、なんで怒ってるのですか?

    • 通りすがりの人間です says:

      こういう記事に書き込みをしたことはないのですが、一言意見申し上げます。

      「あなたは私のことを知らないが、あなたは私のために、時間と知識と経験をシェアしなさい。もちろん無料で。代償などとんでもないことです。それが当然でしょう」という方に、疑問を感じるということでしょう。

      下心ありありで近づいてくる見知らぬ人間に、黙って無償で尽くしなさい。などと、無関係の私たちが言う権利はないです。

      ネットで匿名なら、どんな無遠慮な言葉で、誰に何を言ってもいいというわけではないと思いますよ。

  6. 匿名 says:

    ブログ主は別に怒ってるわけじゃないと思いますよ、
    お互いに思いやりと礼儀をもって接する事は大事ですね
    という話をされたんだと思います。
    そうでなければこんな荒れる原因になりそうな記事など書かずに
    単に問い合わせを体よく断ればよいのですから。

    ノウハウ云々については、
    日本人が殆ど居ないエストニアという国を、実際に住んでいる日本人の
    視点から説明・案内をしてくれるというのは十分に価値があると私は思います、
    やはりエストニア人が説明するエストニアとは目線が違いますし、
    そこに魅力を感じる方が多かったからこそ問い合わせが沢山来たのでは
    ないでしょうか。
    誰でもついつい自分の物差しですべてを判断しがちですので、
    視野を広く持つことを忘れないようにしたいですね。

  7. Genki says:

    100%同感の内容でした。まあ、これは海外在住者じゃないと分からないのかもしれませんし、それ以前に「ヒマな人には忙しい人の時間感覚が想像できない」という永遠の問題な気もしますね(「会社員の打ち合わせにつき合わされるフリーランサー問題」と似てます)。

  8. MJ says:

    私も海外在住ですが …共感です。
    でも 最近 こんな人 多いです。
    自分が人の立場になって考えられないみたいです。
    自分は人に頼むのは平気で頼まれるのは大嫌いな人。
    自分が逆に依頼される側で残念な雰囲気で 貴重な時間を無駄に過ごしたあげく 感謝もされなければ…そりゃ つらいですよね
    やはり 何か人にお願いするのであれば、思いやりと気遣いをしなければならないですよね…ならないというか そうしなければ、恥ずかしくて、会えないと思うんだけど…でも 最近 私もこんな体験ばかりしてます。
    親子の関係以外はアガペー(無償の愛)はあり得ませんよね…

  9. さる says:

    おのださん

    こんにちは。わたしもヨーロッパ在住ですが、ちょうど今朝
    もやもや〜っとすることがあり、激しく共感しました。

    日本に住んでいる人から見たら
    海外に住んでいる=暇な人、時間のある人
    とでも、思われているのでしょうか…ちょっと悲しくなります。

    言い方が悪いですが、図々しくものを頼んでくる人は
    案外、関係の薄い知人の場合が多い気がします。

    仲のいい友達の場合、頼んできても
    親き仲にも礼儀あり…なのか、きちんとお礼なり気持ちを返してくれるし
    自分でもそうしているつもりなので、嫌な気持ちにはならないんですけどね…。

  10. 匿名 says:

    たいへん恐縮ですが、私も同様の立場ですが、これを読んで感じるのは、貧乏人の考え方だということです。

    貧乏というのはお金の話ではなく、心の問題です。

    相手が誰であれ、人に対しての好意に見返りを求める考え方は卑しいです。

    あなたの場合、好意に対して見返りを求めているから、納得がいかない気持ちが出てくるわけです。

    それなら、最初からそのような好意を相手に示さなければ良いだけのことです。

    最初から、人件費がかかるから有料にしてくれと言えば良いだけの話ではないかと思います。

    でなければ最初から断るか。

    とても単純な話ではないかと思います。挙げ句の果てに、元いた会社のSEの話。だって会社は人件費以外に家賃も間接経費も何もかもお金がかかっていますよね。

    それをあなた個人の問題と同列に扱って論じるのはまったく間違っていますよね。

    あなたの情報や時間が会社としてお金を取れる価値があるものなら、堂々と1日5万円でも100万円でも見積もりを出せば良いです。

    価値があれば相手は払います。

    個人の好意の話とビジネスの話をごっちゃにしてはいけません。

    相手に好意を示すなら見返りは期待すべきではありません。それが好意ってもんでしょう。

    いちいち好意に見返りを期待するのは浅ましく、それをこのように世界中から見られる場所で開陳するのは、恥ずかしいことだと僕なら思います。

  11. 元匿名 says:

    新しい匿名さんが現れてしまいましたので一応。
    2015年6月24日 at 4:53 AMと2015年6月24日 at 5:45 PMの
    匿名コメントは私が書き込みしましたが、
    2015年6月28日 at 4:16 PMは別の方です。
    ブログ主はログでわかってると思いますが念のため。

  12. ぽに says:

    おのださん

    こんにちは。
    私も2月まで海外在住(5年ほど)してました。

    初めの頃は誰からも連絡がなかったのですが、だんだんと様々な方から連絡を頂くようになってきました。←今、おのださんはこの状況ですね
    続けていけばお仕事の依頼も来ると思います。
    私は秀でた知識等ありませんが、いろいろな依頼がありました。

    1.現地TV局が日本で撮影した生テープ映像の日本語おこし(青森弁?津軽弁?→標準語)。
    2.日本のTV局からくる撮影スタッフの事前打ち合わせや当日の付き添い
    3.現地企業が日本に売り込む為の日本語資料の添削
    4.日本外食企業の海外進出の為の事前打ち合わせ、当日現地案内

    上記、時給換算で3000円以上もらえました。
    時給1万円とかの依頼もあります。2000円程の案件ならたくさんありました。
    ただ、メールで情報だけやり取りしてお金がもらえることはなかったです。

    損して得とれではありませんが、たまにはお得な案件が来ると思います。

    次の国でも新鮮な情報をお願いします!!

    • kankeri02 says:

      具体的な情報ありがとうございます。
      やはり自分をうまく売ることができれば海外在住という付加価値は高く売れるということですね。

      > 3.現地企業が日本に売り込む為の日本語資料の添削
      個人的には上記のような海外⇒日本の案件をやってみたいですね。次の国では自分を売り込めるよう頑張っていきます。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑