タイのKT ZMICO証券へ行ってきた!

公開日: 2013年 08月 21日
更新日: 2015年 03月 04日

ktzmico

タイの証券会社であるKT ZMICO証券へ約1年ぶりに訪問した。ここの口座開設は3年前に行い、バンコクへ寄る際にはKT ZMICO証券へ赴き入金することが私の決まりとなっており、今回もVASUで日本円を両替した後にKT ZMICO証券へ入金しに行った。

実際に入金するのはKT ZMICO証券があるLiberty Square Bldgの1階にあるSCB銀行で行うことになり、KT ZMICO証券(8階)で振込先記載の用紙を貰うことができるので、それを1階へ持って行きKT ZMICO証券へ振込し、再度KT ZMICO証券へ振り込み用紙を渡せば数時間後に入金をしてくれる。もちろん日本やタイ国内から送金もできるのだが、私はバンコクへ訪れた際にレートの両替屋で換金してから現金持ち込みで入金している。

SCB

KT ZMICO証券は、日本語を話せるスタッフもおり、口座開設は現地でもできるが日本から郵送でも可能だ。30万バーツ以上の取引実績があればSCB銀行の推薦状を書いてくれ、タイの労働ビザ(ワークパーミッション)がなくても銀行口座開設できることもメリットの一つだ。更にKT ZMICO証券の口座に預けておくだけでもタイの銀行金利以上に利子(昔は年2.5%だったが、現在は1.5%)を貰うことができる。パソコンはもちろんiPhoneなどのスマートフォンアプリもあるため、日本からスマートフォンでオンライン売買が可能である。

もしタイ株に興味がある人がいればKT ZMICO証券へ日本語で問い合わせてみよう!もちろん私への質問も大歓迎です!

今、開催されているキャンペーン情報はこちら

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. 問い合わせたところ、訪問しないと口座は開設出来ないそうです。

    • kankeri02 says:

      コメントありがとうございます。

      私は数年前に郵送で開設したのですが、今はできなんですね。ただバンコクは日本からもアクセスしやすく実際に投資するのであれば、やはり直接一度証券会社と対面したほうが良いとも思います。

  2. nkt4001 says:

    最近はシ●ランさんだけど、日本語担当の方、結構入れ替わり激しいですよ。
    あと厳密な内容の場合は英語の方がよい。

    SIPSでSCB口座と連携はさせていないのですか?

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑