日本はスタバ店舗数が第三位!一位アメリカ、二位カナダ、四位は中国!

公開日: 2013年 10月 20日
更新日: 2015年 05月 09日

starbucks_world

スターバックスが2013年の第3四半期における国別店舗数を公開した。

1位はスターバックス本社のあるアメリカ(本土)で、11,234店舗だ。次にカナダの1,268店舗、そして第三位が日本の988店舗となる。またスターバックスは、今後を中南米(ラテン・アメリカ)に注力することを宣言しており、まだ店舗のないコロンビアに50店舗出店する予定となっている。

Starbucks_america

また全世界の店舗数は、2010年~2012年までは横並びだったが2013年に再び上昇傾向となり、今後は第三位を中国に奪われる可能性も十分にある。また韓国は日本の人口1/3にも関わらず店舗は日本の約半分以上で密度だけ考えると韓国のほうが高いということになる。また香港136店舗、シンガポール88店舗も密度はかなり高い!

店舗数ランキング
1位:アメリカ    (11,234店舗)
2位:カナダ    (1,268店舗)
3位:日本     (988店舗)
4位:中国     (910店舗)
5位:イギリス   (754店舗)
6位:韓国     (526店舗)
7位:メキシコ   (384店舗)
8位:トルコ     (190店舗)
9位:タイ      (196店舗)
10位:インドネシア(154店舗)

更にマクドナルドやコカコーラのように全世界で展開中と思われがちだが、進出していない国も多く、南アフリカ、イタリアは0で、ヨーロッパもアジアに比べると店舗数は非常に少ない。またアフリカ、中央アジア、旧ユーゴスラビア、旧ソ連などの発展途上国には一切進出をしておらず、進出国は絞っているようだ。

⇒翻訳元はこちら(英語)

 

今、開催されているキャンペーン情報はこちら

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑