クレジットカードを持てない・持ちたくないが海外に行くときはキャッシュパスポートを発行しよう!

公開日: 2014年 08月 31日
更新日: 2015年 01月 24日

DSC01530

クレジットカードを持てなかったり、持ちたくない人も少なく無いと思います。

そのような人には海外へ旅行、留学、出張へ行く際にキャッシュパスポートがオススメです。

キャッシュパスポートって何?

main3

キャッシュパスポートは、アクセスプリペイド社が発行するプリペイド型のマスターカードです。事前に日本円で入金し、海外ではマスターカードとしてショッピングや現地通貨の引き出しが可能です。

なんといってもこのカード、クレジットカードのように審査がありません。クレジットカードが作れない人や未成年でも申し込みをすれば1週間程度で手元に届きます。

また最大限度額は1,000,000円となります。

気になる手数料は?

銀行から入金するときに1%の手数料が発生します。最低10,000円から入金でき、10,000円を振り込めば100円の手数料が発生し9,900円が入金されることになります。また振込手数料が別途発生しますが三井住友銀行へ振込むことになり、三井住友銀行から振り込めば手数料が無料になります。

また住信SBIネット銀行であれば月3回は無料で振り込めます。これで海外にキャッシュパスポートを持っていけばいつでもマスターカードととして使えます。またTポイント付きキャッシュパスポートであれば200円あたり1ポイントが還元されます。

キャッシング手数料

海外でキャッシングする場合、1回あたり200~300円掛かるためできれば現地空港でまとめて引き出したほうが良いでしょう。

更にそこからマスターカードのレート4%が上乗せとなり、キャッシングとなります。他のシティバンクや新生銀行の国際キャッシュカードもこのくらいのレートのため、悪くもなく良くもなくといったところです。

ショッピング手数料

海外でショッピングする場合、決済手数料はキャッシングのときにようには掛かりません。無料です。

但しマスターカードからレート4%が上乗せとなったレートで請求が来ることになります。国際キャッシュカードではショッピング決済として使えないので、これはメリットですね。

その他手数料

お金を入金したままカードを使わないと月150円の管理手数料が発生します。入金額が0円だと費用は発生しませんので、帰国後にすぐに海外へ行く予定がなければ空港などにあるトラベレックスで手数料500円を払って精算することができますので、それを利用すべきでしょう。振込手数料が掛かりますが、オンラインでも精算可能です。

まとめ

とにかく発行して入金をするまではカードを放置しておいても手数料を取られることはありません。そのためクレジットカードを持っておらず海外へ行こうと思っている人はといあえず発行することをオススメします。

私も韓国で実際に使ってみましたがクレジットカードのように使えて楽ちん決済でした♪


クレジットカードを持って行ってもいいという人であればREXカードがどんな商品でも1.75%還元され、海外旅行保険も自動で付いてくるためオススメです。

▼キャッシュパスポートの申し込みはこちら▼

今なら1万円入金すればTポイントが500ポイント貰えるキャンペーンも実施しています!

今、開催されているキャンペーン情報はこちら

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑