海外ホテルは結局どこの予約サイトがお得なの?海外ノマドをする私が教えます。【クーポン情報あり】

公開日: 2015年 12月 14日
更新日: 2016年 08月 27日

hotelss
海外でノマドな生活をしているおのだ@kankeri02です。

海外で生活をする上で欠かせないのがホテルの予約です。私の場合は海外に住まいを持っていますが、それでも隣国や様々な国へ仕事であったり旅行であったり行く機会があります。

ホテルは決して安いものではないので、このホテルの値段をできるだけ最安値で取るとコストがグッと抑えることができます。そのため海外ホテルを少しでも安く予約するテクニックを今回は紹介したいと思います。


ホテルの値段は基本的にどこも同じ?!

まず初めに海外ホテルで知っておきたいことは、ほとんどのホテルはエクスペディアで予約しようがAgodaで予約しようが値段は、ほぼ同じということです。1円も違わずに同じ値段ということも多々あります。

エクスペディアの場合…

coupon7

ホテルズドットコムで場合…

coupon8

時間があれば是非とも一つ一つの予約サイトで検索をして一番安いところで予約すればいいのですが、それをすると、かなりの時間が掛かります。予約する側からするとカルテルでもしているか?!というくらい同じ値段です。

最低価格保証の裏事情

だから、どこのホテル予約サイトも最低価格保証なんてサービスを行っています。どこのホテルも同じ値段ですから、他社と同じ値段ですし、他社より高かった場合でも数十円~数百円のレベルになることが多いです。

そのため私の場合、最も良い条件のクーポンやポイント還元をしてくれるところを選んで予約します。

大手ホテル予約サイト一覧

オススメ度 予約サイト名 ホテル数(2015/04現在) ホテル・ランク クーポン・ポイント制度 備考
★★★ エクスペディア
(Expedia)
435,000軒 ☆3~☆5が中心 クーポン・ポイント 売上No.1
★★★ アゴダ
(Agoda)
600,000軒 ☆1~☆5 アゴダ・リワード 安宿の掲載が豊富
★★★★★ ブッキングドットコム (Booking.com) 630,000軒 ☆1~☆5 なし 現地払いが基本
★★★★★ じゃらん海外 24,003軒 ☆2~☆5 クーポン・ポイント お得なクーポンを配布
★★★★ エアビーアンドビー(Airbnb) 600,000軒 ☆2~☆3が中心 クーポン 個人の家・部屋がメイン
★★★★★ ホテルズドットコム
(hotels.com)
130,000軒 ☆3~☆5が中心 ウェルカム・リワード エクスペディアと同じ系列

まず有名どころの大手ホテル予約サイトを比較してみました。次に個々の予約サイトの特徴を述べます。

エクスペディア(Expedia)

海外ホテル予約サイトの中でも最もブランド力があり、売上が最もある予約サイトです。クーポン制度を導入しており2015年12月現在であれば最も良い還元率のクーポンは8%です。

エクスペディアの海外ホテルが8%オフになるクーポンの取得方法はこちら

8%オフ・クーポンはJCBカード、マスターカードを持っていればスグに入手できます。

また予約金額の約1%がExpedia+のポイントとして還元されます。

アゴダ(Agoda)

タイに拠点を置くホテル予約サイトです。シンプルなデザインが特徴的です。クーポン制度がない変わりにアゴダ・リワードとというポイント制度を導入しています。

Agoda(アゴダ)のクーポンなどセール情報・特徴まとめ

簡単にいえば12,500ポイントの予約につき25ドル割引きされるポイント制です。ポイントは1ドルの予約につき20ポイント貯まる仕組みです。そのため総額625ドルの予約をすると25ドルの割引を受けれます。ポイントの期間は1年となりますので頻繁に予約をしていないと割引を受けることは難しいです。

またアゴダのメリットは、ミャンマーやジョージア(旧グルジア)などマイナーな国であったとしてもホテル掲載数が多く、ドミトリーから高級ホテルまで様々なレベルのホテルが用意されている点です。エクスペディアだと国によっては、かなり少ない掲載数のところもありますし、アゴダをメインで使われている人も多いです。

またタイ系の企業ということもあり、タイを中心とした東南アジアのホテルは他社より割安だったり、掲載数が多かったりします。

ブッキングドットコム(Booking.com)

Booking.comを徹底解説!クーポンは?現地払い派は必見!

オランダに拠点を置くホテル予約サイトです。そのためヨーロッパについては掲載数が豊富です。またブッキングドットコムの特徴は現地払いが基本ということです。

通常のホテル予約であれば予約時にクレジットカードで決済されるため、半年後の予約だと旅行をする前にクレジットカードで請求が来るなんてこともあります。ただブッキングドットコムの場合は、現地に泊まったときにホテルで決済ができるようなところが、ほとんどなので金欠の人にはオススメです。

ただし、ホテルの部屋やベットを確保するために予約時にクレジットカードの情報は入力しないといけません。キャンセルをしないまま日付が過ぎてしまった場合、クレジットカードから請求が来るのでキャンセルする場合はウェブで手続きしましょう。

またブッキングドットコムの最大の特徴は掲載数が630,000軒と他社よりも圧倒的に多いことです。掲載されているホテルの中には、キャンプ場、アパート、ファームなど様々なジャンルがあります。普段とは違ったホテルに泊まりたい人は、ブッキングドットコムがオススメです。

 じゃらん海外

じゃらんって海外ホテルも取り扱っているの?!と思う人もいるかもしれないですが、扱っています。掲載ホテルは少ないのの、エストニアやラトビアなど意外とマイナーな国でも利用可能です。

じゃらん海外のクーポンが復活!500円、3000円クーポンはかなりお得

またエクスペディアやホテルズドットコムなどからシェアを奪いたいからか、良い条件のクーポンを毎月発行してくれます。タイの2つ星ホテルだと「○○○○円以上で使える」 などの条件がない1,000円クーポンを利用すれば1泊150円のホテルだってあります。

ただクーポンは毎月1回しか使えないので、連泊する場合には不便です。複数人で旅行する場合は、複数人分のアカウントを作成して予約するようしましょう。また毎月1泊ずつキャンペーンごとに予約する手もあります。

またホテル予約にはリクルートポイントが2%貯まります。リクルートポイントはポンパレや国内の”じゃらん”で利用できるため非常に使い勝手の良いポイントです。もちろん”じゃらん海外”でもポイント利用が可能です。

エアビーアンドビー(Airbnb)

最近、最もホットな宿泊予約サービスです。基本的にはホテルやゲストハウスではなく、個人のアパートや一軒家または部屋を借りたり貸したりするサービスです。

但しゲストハウスのドミトリーより安い部屋は、ほとんどないのでバックパッカーにはおすすめできません。ただ3人以上の大人数で借りる場合、ホテルやゲストハウスよりも割安になる場合があります。

ホテルの代わりに他人の家を借りるサービス「Airbnb‎」を使ってみよう!

ただ現地の家に泊まらしてもらうということは、本当に良い経験となり、何よりの観光地です。新規登録をするとすぐに使える25ドル分のクーポンが貰えたり、クーポンも企業とコラボして配布しています。

Airbnbのクーポンまとめ!既存会員対象のものもあり

ホテルズドットコム(hotels.com)

エクスペディアと同じ系列のホテル予約サイトのため、エクスペディアと基本的に同じ値段です。

ホテルズドットコム(Hotels.com‎)を徹底解説!

エクスペディアのようにクーポンはないのですが、ウェルカム・リワードという10泊すると1泊が無料になるサービスがあります。10泊分の平均予約金額が11泊目に割引になります。またエクスペディアとホテルの値段が同じにも関わらず最大10%オフになるクーポンが出ています。

それであればエクスペディアで予約するよりもホテルズドットコムで予約するほうがお得です。またクーポンが使えないシェラトンやマリオットなどの高級ホテルであってもウェルカム・リワードでポイントが貯めれるので実質的に10%オフで予約できることになります。

私なら○○で予約する

さて各ホテル予約サイトの特徴を述べましたが、最終的には一番安いホテルサイトで予約したいですよね。先ほど述べたとおり基本的には、どこのホテル予約サイトも値段は同じなので、最終的にはクーポンやポイントを考慮してお得なとろこで予約することが決め手となります

2016年8月現在であれば、じゃらん海外のクーポンが最も還元率が良く、じゃらん以外にもローソンなどで利用できるPontaポイントが2%のポイントも貯めることができますので、最もオススメできるホテル予約サイトです。

ただ”じゃらん海外”にも欠点があり、ホテル掲載数が少ないということです。またクーポンは基本的に月1回までしか使えません。そのため気になるホテルが掲載されてない場合や長期滞在を予定している場合、ホテルズドットコムで予約しましょう。今なら8~10%オフになるクーポンが簡単に手に入ります。

じゃらん海外のクーポン取得はこちら
※各クーポン先着順です。クーポンを取得して使わなくてもペナルティはありませんので、とりあえず全てのクーポンを取得することをお勧めします。

まとめ

どうでしたでしょうか?最近はAmazonもホテル予約の事業をアメリカで始めており、予約する側からすると選択が増えて良いことですが、逆に溢れすぎて、どこで予約すればいいか迷ってしまうのもあり、このような記事を書いてみました。

随時アップデートしていきますので、是非ともブックマークして頂けると嬉しいです。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑