free web hit counter

マレーシア航空ビジネススイート(成田⇒KL)に搭乗!!A350-900の機体やサービスを紹介

公開日: 2019年 07月 24日
更新日: 2019年 07月 23日


2019年7月にマレーシア航空のビジネススイートで成田国際空港からクアラルンプール国際空港までのフライトに搭乗しました。

ワンワールド・ファーストクラスの世界一周航空券で購入した路線でして、この飛行機で日本から海外へ飛び立ちます。

ファーストクラスの世界一周ですが、マレーシア航空では最近ファーストクラスが廃止されてたため、このフライトは最上位クラスのビジネススイートとなります。

搭乗日:2019年7月13日(土)
時間:10時20分⇒16時45分(7時間25分)
便名:MH89
フライト:NRT(成田国際空港)⇒KUL(クアラルンプール国際空港)
機種:A350-900
座席:ビジネススイートクラス 1A
溜まったマイル:5,007マイル
溜まったFOPポイント:5,007ポイント

ビジネススイート専用カウンターでチェックイン


空港に到着し、早速チェックインをします。チェックインカウンターはビジネスクラスとビジネススイートクラスでも分かれており、ビジネススイート専用のカウンターでチェックインをすることができます。


エコノミークラスやビジネスクラスのレーンも多少人がいるくらいでそれほど混雑はしておりませんでした。


サクッとチェックインを済ませ搭乗券をもらいました。ビジネススイートですが、ファーストクラス「F」の文字が印字されています。ちなみに、預け荷物のプライオリティタグもファーストクラスのものでした。


保安検査場も優先レーンを利用することができましたが、本来はNGかもしれません。

スタッフに聞いてみたところJAL発券なので利用できると言ってもらえ、マレーシア航空のチェックインカウンターで発券したのでよくわかりませんでしたが、世界一周旅行の場合、予約番号が一緒なのでJAL発券とみなされているのかもしれません。

ここでもスムーズに出国審査と手荷物検査を済ませます。

成田空港のJALファーストクラスラウンジへ


ワンワールドアライアンスの航空券のためもちろんJALファーストクラスを利用することができます。

成田空港のJALファーストクラスラウンジは2019年4月1日にリニューアルオープンしたばかりです。

高級寿司が食べ放題!成田空港のJALファーストクラスラウンジ が超豪華すぎた


時間に限りはありますが、朝から寿司を食べることができます。寿司のメニューは週替わりです。


マグロ・タコ・玉子の3点でしたが、玉子抜きのマグロ2貫にしていただきました。リクエストにも答えてくれるとは思っておりませんでした。

それ以外にも食事やドリンクが豊富に用意されていますが、私は機内食を食べたいのでここでは寿司だけで抑さえておくことにします。


JALファーストクラスラウンジから今回の搭乗ゲート98番までは少し遠いので時間に余裕を持ってラウンジを去ることにしました。

マレーシア航空 実質的なファーストクラス?!ビジネススイートクラスに搭乗


ビジネススイートクラスが1番最初の機内への案内で、先頭で機体へと入ることができました。


客室乗務員の方は準備に追われているようで残念ながらお出迎えはしっかりとしていただけませんでした。

足を伸ばしても余裕なほどのスペースです。


今回は1Aという窓側の座席です。この機体にはビジネススイートが4席しかなく、すべて1のつく座席となります。


横にはリクライニングなどの操作パネルとSONYのゲーム機のようなものがあります。


ACコンセントやUSBポートが完備されております。


窓が下の上下スイッチで楽々とカーテンを上げ下げできます。これはとても良いですね。


柔らかめのクッションが座席に用意されていました。

搭乗すると早速のおもてなし


座席につくとすぐにウェルカムのおつまみとおしぼりをいただきました。


そのあとにオレンジジュースをいただきました。同時にいただけるか順番が逆だとさらに良いです。

そして、ビジネススイートの客室乗務員の方が2名、挨拶にきてくださいました。


ビジネススイート専用の機内食メニューを渡されました。


7時間のフライトということでパジャマももらえます。サイズを聞かれ、客室乗務員から渡されるという感じです。


パジャマを開けてみると、こんな立派なものでした。パジャマというレベルではなく、普段着に使えてしまいます。


もちろんアメニティも充実しています。アイマスクやヘアブラシはもちろん、靴下なんかも入っておりました。


新聞も提供されます。この日は土曜だったため、日経新聞の薄い土曜版です。

マレーシア航空の空の上でのおもてなし


離陸して早々、食事メニューを聞かれます。前菜・メイン・デザートをそれぞれ数種類のメニューから選ぶことができます。

スタッフの方におすすめを聞きながらセレクトしました。


最初に串焼きがきました。鶏だけではなく牛もあります。


次に提供されたのは前菜でキャビアです。パンと一緒にいただきましょう。


メインでセレクトしたチキンステーキです。味付けが濃いめでしたが美味しかったです。


クッキーとコーヒーもいただきました。おしゃれで素敵です。

機内設備


トイレはこのようにかなり広いスペースです。また、ビジネススイートにはトイレが2つもついています。4席しかないのにも関わらずです。


アメニティとつまようじが用意されています。歯ブラシはありませんでした。

快適な7時間のフライトはあっという間


定刻より若干早い到着で約7時間のフライトでしたが、あっという間にクアラルンプール国際空港に着陸しました。

入国審査のプレミアレーンが使えるチケットもいただき、スムーズに入国も済ませることができました。プライオリティタグもしっかり機能しておりすぐに荷物を受け取ることができました。

まとめ:マレーシア航空のビジネススイートはファーストクラスだと思う


マレーシア航空の客室乗務員の方はフレンドリーで大変丁寧に接していただきました。座席をフルフラットにしていると何も言わずとも枕を渡してくれたり、様々なところで気遣いが感じられました。

おかげさまで短時間の睡眠時間でしたが、安心してぐっすり眠ることもできたので非常に満足です。

最新鋭の機体ですし、ファーストクラス並のサービスを受けることができて、ビジネスクラスとしっかり差がついているように感じました。

今回のフライトは、YouTubeチャンネルでも動画を公開しておりますのでぜひご覧ください。

The following two tabs change content below.

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


Back to Top ↑