free web hit counter

バニラエアラストフライトに搭乗記(台北⇒成田JW106便)【アナウンス(音声)あり】

公開日: 2019年 10月 28日
更新日: 2019年 10月 28日


2019年10月26日、バニラエアが運航を終了しました。

2013年12月20日にバニラエアとしての運航を開始し、約5年10ヶ月間に渡って多くの人の夢と希望を乗せてきました。

2019年10月27日からは完全にPeach Aviationと統合をしています。

10月26日の台北(桃園)発–成田行のJW106便に搭乗しましたので、ラストフライトの様子をお伝えします。

フライト日:2019/10/26 (土)
便名:JW 106
14:00 桃園国際空港 (TPE)- 18:15 成田国際空港 (NRT)
値段:19,590円

バニラエア最終日のチェックインカウンター


11:45分頃、バニラエアのチェックインカウンターへ到着しましたが、12:00のカウンターオープンでまだオープンしていないにも関わらず、すでに多くのお客さんがカウンター前に溢れかえっておりました。

お客さんは、このラストフライトを狙っている方はもちろん、ツアー客などラストフライトだと知らない人もいるように見受けられました。


大分待ちましたが、無事チェックインをすることができました。

チケットはエバー航空の券面で、チェックインカウンターのスタッフもエバー航空の方でした。

27Aという窓側の座席で事前に有料で指定しており、預け荷物も有料です。

バニラエア台北⇒成田便 LALALA LAST FLIGHT!!


出国手続きも終え、搭乗ゲートB1へやってまいりました。

記念に写真撮影を撮っている人が非常に多く、バニラエアの運航終了を惜しんでいるようでした。


ちょうど飛行機も到着しました。

機体はA320で座席が180席ありますが、空席もあり満席のフライトとはならなそうです。


搭乗ゲート前では、バニラエアファンの方が横断幕を掲げており、テレビ朝日の番組「ナニコレ珍百景」で取り上げられたバニラエアの客室乗務員、竹内さんのアナウンス「一風変わった空の旅」なんていう文字もありました。


いよいよ機体の中へと入ってきました。

想像以上にバニラエアファンの方が搭乗しているようで、機内に入って早々にその熱気が伝わってきました。


ほぼ定刻通りの出発です。隣には、統合されるPeachの機体が駐機場に到着するところでした。

アナウンスも、もちろんラストフライトでしか聞けないもので、早くも感極まります。

その様子がこちらです。

【529秒】ニラエア(Vanilla Air)最終便に搭乗!台北⇒成田JW106便 – YouTube


桃園国際空港を離陸しました。

ラストフライトには清々しい秋の雲の広がる空です。

離陸して早々に機材について、ラストフライトに今回の機体を採用した理由などが解説されました。

その様子がこちらです。

【717秒】ニラエア(Vanilla Air)最終便に搭乗!台北⇒成田JW106便 – YouTube

ラストフライトの記念品


ラストフライト証明書と記念品のタオルをいただきました。

また、機内で搭乗者全員の記念撮影も行われました。

その後、1名の客室乗務員からの挨拶や機長の心温まる挨拶があり、拍手喝采の機内でした。

【1071秒】ニラエア(Vanilla Air)最終便に搭乗!台北⇒成田JW106便 – YouTube

バニラエア最後の機内食


最後の機内食提供もはじまり、人気No.1のクリームパンは即完でした。

私は、メニューには無かったのですが、ハヤシオムライスがあるということでいただきました。

機内食・機内販売は大盛況でした。

ラストランディング


到着まで30分ほどとなり、外はすっかり暗くなりました。シートベルト着用サインが点灯し、間もなく着陸体勢となります。

ここでもまた、ほかの客室乗務員による挨拶がありました。

【1659秒】ニラエア(Vanilla Air)最終便に搭乗!台北⇒成田JW106便 – YouTube

ぐるっと旋回をして北側から成田国際空港に着陸いたしました。

着陸の機内アナウンスはバニラエア1期生から活動を続けてきた客室乗務員からでした。

着陸後、駐機場に向かいながら、客室乗務員ひとりひとりから挨拶があり、スタッフひとりひとりの思いを感じることのできるフライトとなりました。

【1874秒】ニラエア(Vanilla Air)最終便に搭乗!台北⇒成田JW106便 – YouTube

多くのバニラエア従業員に迎えられての帰国

成田空港では沖留めとなりましたが、たくさんのバニラエア従業員の方が手を振って迎えてくれました。

客室乗務員の方は涙を流しながら最後の見送りをしておりました。


機体を降りると、バニラエアカラーの青と黄色のペンライトを振りながら乗客たちを見送ってくれました。

バニラエアの5年10ヶ月の歴史に幕が閉じました。

まとめ:感謝の気持ちの溢れるラストフライト

従業員やバニラエアファンの方の思いが感じられるフライトだったと思います。

バニラエアの歴史に幕を閉じ、これからはPeachとして活躍していく翼ですが、ラストフライトのどのシーンを切り取っても従業員の方は全員笑顔で活躍されていました。

その笑顔はこれからもPeach Aviationで引き継がれていくことでしょう。

今回のフライトはYouTubeで公開しております。ぜひ、動画でしか伝わらない感動のバニラエアのラストフライトをご覧ください。

The following two tabs change content below.

アバター

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


Back to Top ↑