GMOコインでビットコインを取引してみた感想!日本円の入出金手数料は無料!

公開日: 2017年 08月 17日
更新日: 2017年 08月 17日


日本にはすでに多くのビットコイン取引所がありますが、GMOグループもついにGMOコイン(旧Z.comコイン byGMO)という名前で参入しました。

ビットコイン取引所だとCoincheck(コインチェック)bitFlyer(ビットフライヤー)Zaif(ザイフ)などがありますが、最近だとGMOグループのような証券会社もやっている企業がビットコイン取引所も始めています。

実際に私もさっそくGMOコインでビットコインの売買をしてみましたので、使ってみてわかったメリット、デメリットを紹介したいと思います。


24時間いつでもペイジーで日本円入金OK!しかも手数料無料


私も色々とビットコイン取引所の口座を持っていますが、GMOコインの良いと思ったところはペイジーでいつでも銀行口座から即時入金できるところです。しかも手数料は無料です。

証券会社だと当たり前のサービスですが、ZaifやbitFlyerだとペイジーでも手数料が発生します。また出金手数料も掛かるのですが、GMOコインであれば1万円以上の出金であれば、どの銀行であっても手数料無料となります。

ビットコインはFXでも現物でもどちらでも取引できる

GMOのビットコインの取引はFXでも現物でもどちらでも取引が可能となります。


現物だと上記のようなスプレッドとなります。3,000円なので現物取引するならbitFlyerやCoincheckなどで取引したほうが良いですね。またビットコインの送受金も手数料は掛かりますができます。


またFXでの取引となると上記のようなスプレッドとなり現物よりも売買レートがよくなります。ただこのスプレッドはキャンペーン中で70%オフのレートが適用されています。

2017年8月31日までのキャンペーンなので、今後はどうなるかは不明です。

また入金金額の5倍までの取引までが可能となりますが、レバレッジ手数料が0.03%掛かるので、正直いまのころは微妙としかいえないです。長期で取引をするのであれば現物でしたほうが良いでしょう。

実際にGMOコインで取引をしてみた感想


実際やってみなきゃわからない!ということでGMOコインに10万円を入金してビットコインをFX取引してみました。入金もペイジーでサクッとでき10万円しか入金してないのにビットコイン1枚(約45万円)を取引できるので現物と違って大きい額が動かせるので良いですね。

ただ実際に取引してわかったのがビットコインの取引はFXだと1枚単位となるので45万円単位で細かい売買は不可です。なので細かい売買をしたければ現物取引ですね。

あと長期で保有を考えているのであればここにレバレッジ手数料が0.03%が掛かるのでFXをやるのであれば短期売買向けだなと感じました。

現在行われているキャンペーン(2017年8月)


今、口座開設をして口座プランアップグレード をすると30,000Satoshi(0.0003BTC)がもらえます。

キャンペーン期間:~2017年8月31日

約120円程度ですが貰えるだけでもうれしいですね。

フルアクセスプランにするまでの手順


GMOコインの会員登録は一瞬ですることができますが、本人確認をしてフルアクセスプランにしないと現状はほとんど何も取引できない状態です。これはbitFlyerなどでも同じです。

フルアクセスプランにするためには運転免許証などの本人確認書類をアップデート、さらに後日届くはがきを受け取り、アップグレードコードを入力する必要があります。郵送は運転免許証をアップしてから約2日後に届きました。


これですべての取引が可能となりました。

まとめ

現状はまだまだ改善点はあると思いますが、GMO証券のように他の取引所に対抗してくれることを期待しています。また何か変更点があれば追記します。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑