free web hit counter

リトル東京 滞在記!ロサンゼルスにある日本人街を徹底レポート【ミヤコ ホテル】

公開日: 2019年 09月 26日
更新日: 2019年 09月 19日


2018年の11月にアメリカ・ロサンゼルスにある日本人街「リトル東京」に滞在しました。

昔日本から移民された方々がロサンゼルスに渡り、そこで同じコミュニティーの人々が集まってできた街で、チャイナタウンの日本版といったとこでしょうか?

私は今回そのリトル東京にあるホテルを予約したので、ホテルはどんな感じか、リトル東京の雰囲気はどんな感じかレポートしたいと思います。


リトル東京のミヤコ ホテルに宿泊!意外と日本人がいない日本人街


今回私は空港からホテルまでLyftという配車アプリを使ってやってきました。

ギリギリまで日本語が書いていなかったので一瞬潰れたのかと思ったのですが、ホテルの周りにちょくちょく日本語が書かれたものがありました。

今回はこのミヤコホテルに滞在します。おそらくリトル東京の中にある日系のホテルで一番いいホテルかなと思います。

このミヤコホテルは「都ホテルズ&リゾーツ」のグループで、日本にも多数ホテルを展開しているところでした。海外だとこのリトル東京の他にカリフォルニア州トーランスというロサンゼルスからも近い地域にあります。

結構周りにラーメン屋があったり、日本語の名前がついたお店がいっぱいあります。今回は1泊だけですが泊まります。1泊3万円弱です。


チェックインし、部屋へやってきました。今回の部屋は532という部屋です。


寝室と風呂場共にとてもきれいです。ウォシュレットもあり、バスタブがあるところは日本っぽいですね。


アメニティーはAVEDA!資生堂など日系のものではないようですが、意外と良いものを使っておりびっくりしました。


このように緑茶もおいてありますが、意外と日本ぽさはなく、普通な感じでした。では、早速街へ散策に行きます。
さっそく外へやってきました。奥に見える赤い櫓のあるところが日本村プラザと言われる、リトル東京のメインの場所です。


このようにリトル東京には日本の名前がついたお店がいっぱいあり、ラーメンや寿司といった和食の他に日本の名前がついているのにベーカリーという店もいくつかあります。

サンリオのお店もありました。ここにはアジア系の人々は多くいるんですが、日本人というより日系人という感じの人が多いです。


夜ご飯にラーメンを食べにきました。本当はくら寿司があったんでそこで食べる予定だったのですが、今日土曜日だからかものすごく混んでいて、それにお腹も減っていたので諦めてラーメン屋にきました。

メニューは、ラーメンの他に寿司などバラエティー豊富です。定員の方は日系の方で日本語も話せていましたがカタコトだったため英語の方が話しやすいのかと思います。


注文したものが届きました。今回私はとんこつラーメンを頼みました。さすがアメリカ、チャーシューの量がとても多いです。ちなみに妻はカリフォルニアロールを注文しました。

お客さんですが、日本人っぽい人は全然いません。ラーメンですが、厳しく言えば若干ぬるく、もうちょっと腰が欲しいかなと思いましたが、それでも日本人の私でも美味しくいただける味です。


食事も食べ終わり、再び街を散策します。ここに桑田不動産と書かれたお店があり、不動産屋かと思いきや、店内はがっつり服屋となっています。

おそらくここロサンゼルスで日本人のためだけの不動産はやっていけなくて服屋となったのではないかと勝手に予想しています。


街の至る所でこのようにだるまや招き猫が描かれた扇子が飾られています。


昔のリトル東京を示すものが設置してあったので見ているのですが、昔はこのような感じでったのが、今は閑散とした雰囲気に変わってしましました。


夜の街を散策していたのですが、ここでファミリーマートを発見しました。ここリトル東京にも進出していたのですね、というのは嘘で、本家とは全く関係のないお店だと思います。

リトル東京 ミヤコ ホテルの朝食は?


2日目の朝です。今回朝食なのですが、私と妻2人で泊まっているのにもかかわらず、なぜか1人分の朝食券しか配られませんでした。なので今回は私だけ行かせてもらい、妻はまた後で別の場所で食べに行きます。


ラインアップは充実しており、和食の種類は日本にあるホテルと変わらないぐらい充実しています。日本語を話せるスタッフがおり、おそらく日本人も多く利用されるのでしょう。


私は今回こんな感じで取ってきました。さすがに生卵はありませんでしたが、それでもラインアップは和洋どちらも充実していました。

まとめ:リトル東京は日本好きなアメリカ人の憩いの場所だった


今回私はリトル東京に1泊したのですが、はっきりいうと私がイメージしていたものと違いました。

日本人や日系人の方々がこの地域に住み着いて経済を回しているのをイメージしていたのですが、実際には日系人の方々はここに住み着いていることはなく、仕事で来ているというという感じで、日本人向けというよりかは現地のアメリカ人のための観光地となっている感じです。

日本人の私にとっては昭和な雰囲気が漂っており非常に懐かしさを感じもしました。是非ともロサンゼルスに訪れることがあれば寄ってみてください。

またいつか南米最大級のブラジル・サンパウロの日本人街「リベルダージ」もいってみたいですね。

またリトル東京については動画でも紹介しています!

The following two tabs change content below.

アバター

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


Back to Top ↑