海外でキャッシュカードが飲み込まれたときの対処法と予防策

公開日: 2016年 10月 18日
更新日: 2016年 10月 19日


手数料が両替よりも安いことから海外のATMでセディナカード(クレジットカード)でキャッシングを私はよくするのですが、海外キャッシングはリスクがあります。

セディナカード(マスターカード)の海外キャッシングは最強!ネット返済&現地ATM手数料無料で、ほぼ手数料はタダに!

そのリスクとはずばり「キャッシュカードがATMに飲み込まれる」ことです。


ATMはカードを飲み込まれることがある!

キャッシングがATMに飲み込まれる故障は意外とおこりえる現象です。人によっては吸い込まれるといったり、食べられるという言葉を使いますが、私は飲み込まれるが一番しっくりきます。

現金を受取り、「いざ観光!」と思いきや、ATMからいつまでたってもクレジットカードが出てこなかったり、カードをいれた瞬間にエラーがでて、そのままカードがでてこなかったりしますが、こうなったら本当にテンションが下がりますよね…(笑)

またこのような現象が起きることを過去に経験してなければ、パニックになること間違いなしです。なので今回はATMにカードが飲み込まれたときの対応と対処法を紹介します。

カードが飲み込まれたらAMTに記載の連絡先に電話を


カードがATMに飲み込まれたら、まず落ち着いて以下の対応をしましょう。

必ずATMの横に銀行の電話番号や緊急連絡先が書いていますので、まずは電話します。少し良いATMだと電話もついています。また銀行内にあるATMで銀行が営業しているのであれば銀行員に声を掛けるのも良いでしょう。

カードが飲み込まれたまま、その場を離れるのはNG行動です。

またカードが救済されるまで、週末や夜だと翌営業日まで取り出せないなんてこともありえます。どうしても帰国などに間に合わない場合はキャッシュカード、クレジットカード発行元に電話をして今すぐカードを停止してもらうように電話をしましょう。

カードが飲み込まれないようにするための対策

カードが飲み込まれる可能性を0にすることは不可能ですが、ある程度は可能性を下げることができます。またカードが飲み込まれてもいいように対策をしておくのもおすすめです。

私は絶対にカードの飲み込みは嫌ですが、飲み込まれても大事件にならないようにいつも意識してATMでキャッシングをしています。

できるだけ最新のATMを利用する

ATMは誰がみても古いものから最新のものまでありますが、やはり新しいATMだとカードが飲み込まれるリスクも低くなります。

なのでATMを利用する際には必ず新し目のATMを選んでキャッシングするようにしましょう。

銀行内にあるATMを銀行の営業時間内に利用する

私はできるかけ銀行内にあるATMを銀行の営業時間内に利用するようにしています。これだと仮にATMがカードを飲み込んだ場合にも銀行員にすぐに取り出してもらえたり、対応してもらえます。

外資系銀行のATMを利用する

dsc03791
HSBCやシティバンクなどの外資系のATMだと仮にキャッシングトラブルにあった場合でも高確率で英語でのフォローが期待できます。

おもいっきりローカルな銀行だと電話対応が現地語…なんてことで意思疎通もできないリスクがあるので、できれば外資系銀行のATMを利用するようにしましょう。

週末や夜にはキャッシングをしない

週末や夜にキャッシングをすると、おそらくカードの取り出しは翌営業日となります。仮に土曜日に飲み込まれたら、取り出されるのは月曜日です。また夜だと、すぐに対応してもらえる確率は低いです。

こうならないようにできるだけ平日昼に利用したほうがいいでしょう。

移動日または移動日前日のキャッシングは避ける

その日に他の街に移動したり、帰国したりするときは、できるだけ当日、前日はATMでキャッシングをしないようしましょう。仮にカードが飲み込まれたら、フライトやバスなどに間に合わない可能性もでてきます。

まとめ

私は過去に海外で1回、日本で1回、AMTにカードを飲み込まれた経験があります。

おそらく確率でいうと1%以下ですが、それでもリスクは0ではありません。そうならないとき、またそうなったときにでも落ち着いて対応できるように意識しておきましょう。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. 通りすがり says:

    私もイギリスでカードを食べられた経験があります。
    その銀行では、食べたカードは有無を言わさず発行元に郵送するので、食べられたら最後、絶対取り戻せないとのことでした。
    ブログ記事に書いてない、回避策をひとつ。
    カードを挿入するのではなく、リーダーにスライドさせるタイプのATMを選ぶことです。これなら絶対に食べられません。
    注意点としては、スライドさせるタイプは「終了」ボタンを押さないと取引が終了しないということです。つまり、「終了」ボタンを押し忘れて立ち去ると、次の人がそのままお金を引き出せる可能性があります。

    • kankeri02 says:

      おお、なるほど。確かにスライドタイプだと絶対に吸い込まれないですね。
      ナイスな情報ありがとうございます!

      それにしても取り出せないのはひどい対応ですね。やはり複数枚カード持っておかないとダメですね。

  2. まどれ says:

    私はクレジットカードですが、スペインで電車のチケットをカードで精算した時、食べられました。その時は、駅員さんに助けを求めたら、よくある事なのか、長細い画用紙を持ってきて、カードの挿入口に入れて引き出すとカードも一緒に出てきました!

  3. tora40298 says:

    ロシアのСбербанкのATMでは、親切にもカードが吸い込まれる残り秒数(45秒)を表示してくれてました。
    カードが出てきた瞬間からカウントダウンが始まるので、スッと引き抜いていた思い出があります。

    ロシアで30回程度ATMを使いましたが、暗証番号を間違えずに素早く操作すれば大丈夫でした。
    (中途半端な金額を引き出そうとしたら2分くらいフリーズしたことはあった)

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑