グリーンカードに申し込んでみました!意外に超簡単で5分で応募完了したよ!

公開日: 2015年 10月 14日
更新日: 2017年 01月 18日

IMG_0734
アメリカへ移住できるグリーンカード抽選プログラムDV2017に応募をしてみました!意外に超簡単で約5分で応募完了しました。ちなみに受付は2015年11月3日までです。

もしアメリカ移住を少しでもしたい!と思っている人は応募してみてはどうでしょうか?当選確率は日本国籍を持っていれば1~2%です。また配偶者がいれば当選確率が2倍です!宝くじの一等を当てるよりも現実的な確率です。今回、申込み手順をこちらでお教えするので、是非やってみましょう!


グリーンカード抽選プログラムDV2017を知ったきっかけ


私自身、グリーンカードについては興味があったのですが、全く応募について調べずに、ニューヨーク在住の原田 進歩(SAGAT/さがやん)@sagadylanのTwitterのつぶやきで2017年の応募が開始されていることを知りました。彼のブログはこちらです。

そして今日、暇だったので、「グリーンカードについて調べてみようかなー!」とネットで検索してみたところ、約5分で応募が完了してしまいました。めっちゃ簡単です。

グリーンカード抽選プログラムDV2017の応募方法

ここではグリーンカード抽選プログラムDV2017の応募方法を紹介します。

応募条件

まず応募条件がありますが、非常に緩く大抵の人がクリアできていると思います。

  • 高卒以上
  • 2年以上の実務経験がある

どちらか一方を満たしてればOKです。99%以上の日本人が応募条件を満たしていると思います。ちなみに韓国国籍や中国本土の国籍の人はグリーンカードの応募は対象外です。既にこれらの国は移民している人が多いということのようで、日本人のあたなはラッキーということです。

ちなみに私の嫁は韓国国籍なので、私しか応募できませんので当選確率は2倍となりません!残念!

応募方法

グリーンカード応募で必要ななのは、個人情報の入力(名前、現住所、配偶者情報など)と証明写真のアップロードです。残高証明書、住民票の翻訳など応募の時点では一切不要です。これはありがたいですね。

Electronic Diversity Visa Lottery

グリーンカードの申し込みは上記サイトから行います。上記サイトの「Begin Entry」から応募開始をしましょう。

IMG_0734
まず認証コードを入れて「Submit」を押しましょう。

1. Name 名前(ミドルネームはNo Middle Nameにチェック)
2. Gender 性別
3. Birth Date 生年月日
4. City Where You Were Born 生まれた都市(私の場合、「Kobe」と入力)
5. Country Where You Were Born JAPAN
6. Country of Eligibility for the DV Program 応募条件を満たしてればYes
7. Entrant Photograph 写真のアップロード
8. Mailing Address 自宅住所。不安であればこちらで確認
※8a. In Care Of は他人の家に居候している場合のみ入力不要
8c. Address Line 2は住所が長ければ入力
9. Country Where You Live Today 今住んでいる国
10. Phone Number 電話番号(+81 XX…)
11. E-mail Address メールアドレス
12. What is the highest level of education you have achieved, as of today? 学歴
13. What is your current marital status? 既婚or独身
14. Number of Children 子供の人数

8. Mailing Addressについては私は以下のように入力しました。
timetable45

写真については手元になかったのでデジカメで撮り、加工しました。

timetable3
写真の条件については細かいので、以下のページを参考に画像を加工してみましょう。自分で加工が難しければ近くの写真屋にお願いしましょう。

DV-2017 移民多様化ビザ抽選プログラム応募要綱 (日本語)

また配偶者がいれば配偶者の情報も求められます。これだけで応募は完了です!わずか5分です!

代行業者は使わなくても楽勝で応募できる

Googleで「グリーンカード」と検索すると公式サイト以外の代行業者が沢山でてきますが、代行業者を経由させると5,000~10,000円程度の手数料が取られます。

ぶっちゃけおじいちゃん、おばあちゃんでなければ、当選後は自力ではアメリカ移住は厳しいかもしれないですが、これらの代行業者を通さなくても応募については自力で絶対に可能です。

アメリカ移住については当選後に具体的に考えよう。まずは気軽に応募を

本人、配偶者が日本国籍を持っていれば当選確率は倍になるので、2~4%ということです。この数字は30年間毎年応募すれば2人のうち1人はアメリカに移住出来る数字です。

応募をしないことには当選は100%ないので、少しでもグリーンカードに興味がある人は今回から応募してみませんか?アメリカ本土はもちろんグリーンカードに当たればハワイにだって移住できます。

私もあまりアメリカ移住はイメージが沸かないですが、常夏のハワイ移住なら当たれば実践してみたいです。グリーンカードは移住してから収益面で大変ですが、いつ当選していてもいいように私はインターネットがあれば生活ができる今のスタイルを続けていこうと思います!

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. K says:

    こちらの記事を拝見させて頂きました。有難う御座いました。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑