サンフランシスコの空港ホテル!マリオット・コートヤード宿泊レビュー。無料シャトルあり

公開日: 2018年 03月 17日
更新日: 2018年 03月 17日


アメリカ・サンフランシスコを旅行した際に翌日、早朝のフライトで日本に帰国する予定だったので、サンフランシスコ空港近くのコートヤード・サンフランシスコ・エアポート/オイスター・ポイント・ウォーターフロント(長い…!笑)に泊まりました。

※ちなみにサンフランシスコ空港のコートヤードはもう一つ「コートヤード・サンフランシスコ・エアポート」というもあります。泊まれれる人は、場所を間違わないようにご注意ください。

私のブログをみてくださってる方はわかるかと思いますが、これもマリオット・プラチナチャレンジ達成のためで、あと純粋に私はSPG AMEXカードでマリオットのゴールド・エリートだったので、どのような特典がアメリカのコートヤードにはのか気になったので、今回泊まらせて頂くことにしました。

ちなみに前日はマリオット本家のサンフランシスコ マリオット フィッシャーマンズ ワーフに泊まったのですが、アジアのようにマリオットの上級会員の特典が受けれなかったので、全く期待しないでこのコートヤードに宿泊しました。


料金は118ドルで約13,000円てす。市内のマリオットが2万円程度だったのでやはりコートヤードかつ空港近くということで割安感があります。


コートヤード・サンフランシスコ・エアポート/オイスター・ポイント・ウォーターフロント宿泊レビュー


今回はサンフランシスコ市内からUberで移動しました。約37ドルです。


もちろん空港ホテルなだあってサンフランシスコ空港から無料シャトルバスが出ています。大体15分くらいです。私は翌日、ホテル⇒空港で利用しました。

無料シャトルバスといってもアメリカはチップ文化。1ドルくらい降りるときに運転手に渡すとスマートです。私も荷物を下ろすのを手伝ってもらったのでチップを渡しました。


部屋は上記のような感じで、そもそもここのコートヤードは部屋のランクはないようなので、当然アップグレードはなしです。ただアミリータイプの部屋で横の部屋と繋がるようになるタイプで、それでか部屋は広々としていまいた。


デスクもあるのでパソコン作業もできます。


電子レンジもあり、フリーの水もあります。


アメニティはこれだけ…(笑)。まぁサンフランシスコは元々ホテルの値段が高いので1泊1.3万円で期待するほうが良くないですね。


シャンプーも使い切りものではなくシェアするタイプのものです。


ちなみにホテルには室内プールやジムもありました。


あとロビーにはスターバックスではないですが、スターバックスを提供するレストランもありました。ここらへんはアメリカっぽい雰囲気ですね。

ただアメリカのコートヤードはマリオットのゴールド会員でも朝食無料の特典はないようです。少なくてもこのコートヤードにはありませんでした。日本や東南アジアのコートヤードだと朝食無料の特典も確かあるはずですが、アメリカのコートヤードはほぼゴールドエリートでもベネフィットは受けれないさそうですね。


翌日、早朝にチェックアウトして空港ホテルで空港に向かいます。


到着!という訳でサンフランシスコ空港に無事到着しました。サンフランシスコは市内から空港まで比較的近いですが、それでも深夜便でサンフランシスコに到着する際や、翌日早朝便のときはやはり空港ホテルは安心感がありますね。

まとめ

日本や東南アジアだとコートヤードでもそこそこ良いホテルで4つ星クラスになると思いますが、アメリカの場合、ビジネスクラス風で3つ星程度に感じました。

記事中でもお伝えしていますが、少なくても新大阪駅にあるコートヤードはゴールドエリートだと朝食無料やラウンジアクセスもできるのですが、アメリカは朝食無料の特典がなかったりラウンジがなさそうなところが多そうです。

もしSPG AMEXカードをお持ちの方はご注意ください。ただもちろんマリオットの宿泊実績はコートヤードでもつきます。

The following two tabs change content below.

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. いけたく says:

    翌日、早朝にチェックアウトして「空港ホテル」で空港に向かいます。

    翌日、早朝にチェックアウトして「ホテルから無料送迎バス」で空港に向かいます。
    ではないでしょうか!!
    いつも楽しく購読させていただいています。
    これからもたくさん楽しい記事をお願いします!!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑