free web hit counter

バンコク・マリオット・ホテル・ザ・スリウォンに宿泊!!部屋、ラウンジ、朝食などを徹底紹介

公開日: 2019年 03月 01日
更新日: 2019年 03月 01日

以前、バンコクに滞在した際にスクンビットやマーキスのマリオットホテルの宿泊レビューをしましたが、今回は同じマリオットホテルのスリウォン(Bangkok Marriott Hotel The Surawongse)に2泊しましたのでご紹介します。

前に宿泊したバンコク・マリオット・マーキス・クイーンズパークマリオット・ホテル・スクンビットのレビュー記事もぜひご覧ください。

今回は、成田空港に2018年12月に就航したライオン・エアでドンムアン空港に着き、バンコクはタクシーが安いので空港からホテルまではタクシーで移動しました。

ご滞在をお楽しみいただくために | 料金の概要 | お問い合わせ
Marriott Hotels & Resorts
バンコク・マリオット・ホテル・ザ・スリウォン
Address 262 Surawong Road, Si Phraya, Bangrak バンコク 10500 タイ
Telefone +66-2-0885666
Kang Hara様、ご予約いただきありがとうございます。
お迎えできる日を心よりお待ちしております。

宿泊データは以下のとおりです。

2018/12/12 (水) – 2018/12/14 (金) 2泊
バンコク・マリオット・ホテル・ザ・スリウォン
1室あたりの宿泊者数 大人2人
デラックス, ゲストルーム, 1 キング または 2 ダブル, シティビュー
ステータス:Marriott Bonvoy チタンエリート

今回は、マリオットのポイントを使って1泊25,000ポイントで宿泊をしました。お金を払って予約をすれば約25,000円だったので1ポイント=1円のレートとなります。

マリオット・リワードポイントの価値は?1ポイント=約0.41マイル=約1円【Marriott Bonvoy】


綺麗なロビーとお客様に寄り添ったチェックインカウンター

2018年4月にオープンしたばかりのバンコク・マリオット・ホテル・ザ・スリウォンは、ロビーはそれほど大きくはありませんが外装も内装も大変綺麗でした。

チェックインカウンターはフロントマンとお客様の間の壁を感じさせないような作りになっている印象を感じました。写真からもイメージが伝わってくると思います。実際、スタッフの対応は親切でホスピタリティを感じました。


ベルの方がお部屋まで荷物を運びながらお部屋の紹介もしっかりしてくださいました。私の場合、ラウンジにもアクセスできるMarriott Bonvoy チタンエリートでしたが、ロビーにてチェックインの手続きもさせて頂きました。

バンコク・マリオット・ホテル・ザ・スリウォンの部屋

部屋はこのような感じで、ダイニングのようなテーブルのある空間です。となりの部屋はベッドルーム。この部屋にも隣の部屋にも大型のテレビがそれぞれ設置されていました!贅沢ですね。

今回はスイートルームにアップグレードされ、大変快適に過ごすことができました。さすがMarriott Bonvoy チタンエリート…!!プラチナチャレンジをした甲斐がありました。

このような不思議なお菓子もいただきました。一緒にポストカードと手紙が置いてあり、特別感を感じましたね。

プラチナカードの特典で、マンゴージュースとタイのスイーツが用意されておりました。1000ポイント付与とどちらかを選べます。

31階にあるMクラブラウンジ

マリオットのプラチナ会員以上であればラウンジの出入りが自由となります。

今までマリオットのラウンジは世界あちこちで利用させていただきましたが、Mラウンジと名乗っているところは初めてです。最近のマリオットのラウンジはMクラブラウンジと言っているのかな?

どちらにしろMクラブラウンジはロゴもネーミングもかっこいいので、これに統一してほしいですね。


初日にカクテルタイムの終了間際にいったのですが、食事もそれなりにあり頑張ればここでも夕食代わりとして利用することもできそうです。当然、バンコクにはお安く色んな料理を外で楽しむこともできますので、それでも良いですが…!

ラウンジはバンコクを一望できる眺めの良さと広い空間でとても満足でした。

Mクラブラウンジで朝食も頂く


バンコク・マリオット・ホテル・ザ・スリウォンでプラチナ会員以上だとラウンジで朝食を頂くことも可能です。スクンビットだと1階にあるレストランでも朝食を頂くこともできるのですが、ここはラウンジのみとのことでした。

朝食のメニューは数は多くありませんが、パンの種類は大変豊富でした。バンコクは安定してどこもレベルが高いです。

私のオススメはこちらのオーダーメイドで作ってもらえるフォーで、2日間ともいただきました。

朝から好きなだけいただけるのはなんとも贅沢ですね。

タイコーヒという、ココナッツなどを贅沢に使った甘めなベトナムコーヒーのようなものもいただきました。ストローが紙で作られているのは世界的なトレンドでここのタイのマリオットでもそうでした。。コーヒーの他にお茶もありました。

さわやかなバンコクの朝、高層階から眺めを楽しみながら朝食をいただけるのでオススメです。


フルーツも豊富です。

マリオットのスリウォンにも健在!!ルーフトップからバンコクを見渡すことのできるYao Restaurant and Rooftop Bar

ルーフトップバーがあるということで2日目の夕方立ち寄ってみました。マリオットのスクンビットのルーフトップバーは有名ですが、スリウォンにもYao Restaurant and Rooftop Barというお店でルーフトップバーが健在しておりました。

私が行った時間が特別かはわかりませんが、割と空いておりくつろげました。スクンビットに比べて立地は悪いですが、眺めは絶景ですので穴場かもしれません。

私は恥ずかしながらお酒が飲めないのでノンアルコールカクテルをいただきました。最近はノンアルコールのカクテル(モクテル)もバーに置いてくれていることが多いのでお酒が苦手な人にもおすすめです。

ドリンクメニューの価格も特別高いことはありません。1000円払えば1杯楽しめるでしょう。おつまみも無料でいただけます。

18階にある小さいなインフィニティ型プール


帰国日の3日目、朝食を食べた後にプールにも立ち寄ってみました。

天気も良い日でプールからの眺めも最高でした。ぜひマリオットホテルのスリウォンに宿泊する際は行った方が良い場所だと思います。ただし、プールからの眺めについては保証はできません!天気はあなたの日頃の行い次第です!

バンコクは日本と違ってほとんど地震が起こらない国のため、高層ビルが数多く存在しています。しかも変わった形のビルも多く大変興味深いです。

プールエリアにはこのようなバーもあります。おしゃれです。日本は12月で真冬なので超贅沢です。ただこの時期はタイのプールも入れないことはないですが、ちょっと冷たいです。

まとめ

マリオット・ホテル・スクンビットとバンコク・マリオット・マーキス・クイーンズパークと同様に価格に対してとても豪華なホテルでした。

もともとタイの物価が日本に比べると安いこともありますが、プラチナ会員の特典で今回は16時のレイトチェックアウトもできたのでコストパフォーマンスは抜群です。

改めてバンコクのホテルのレベルの高さを感じさせられました。

オープンしたばかりで大変綺麗なホテルでして、アクセスも比較的良いので機会があればぜひ宿泊してみてはいかがでしょうか?

まだバンコクに行かれたことがなく、はじめてバンコクのマリオットホテルに宿泊するのであればマリオット・ホテル・スクンビットもオススメです。

SPG AMEXはマリオットのゴールドになれる神カード!!入会キャンペーンも実施!!

またマリオットに滞在する際には是非ともSPG AMEXも発行していきましょう。ゴールド会員にカード発行でなれるので14時レイトチェックアウト、アップグレードなどの特典を受けることができます。

還元率もよく毎年1泊無料の特典もあるのでメインカードとしてもおすすめしているクレジットカードです。

The following two tabs change content below.

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


Back to Top ↑