銅像が大好きならスコピエへ行け!銅像の数が多いだけでなくデカい!

公開日: 2015年 07月 26日
更新日: 2016年 07月 27日

DSC02408
マケドニアの首都スコピエにやってきました。アルバニアやマケドニアの国旗はかなり特徴があるので好きです。

この街は知っている人は知っていると思いますが、銅像が多い街です。なんでも国がヨーロッパの中でも特徴のある街並みを作ろうとスコピエに様々な銅像やヨーロッパ風の建物をあちこちに立てたのですが、どうもアンバランスな街並みになってしまい、今となってはヨーロッパの中でも馬鹿にされている都市の一つのようです。


確かに街の中心地にはあちこち銅像がある

DSC02318
マケドニアの中心地ともいえるMacedonia Squareの風景です。

写真で銅像を紹介しても説明しきれないので、嫁が撮影したインスタグラムの動画で紹介します。

銅像の数は多いだけでなく、デカい!!

DSC02265 また銅像は数の多さだけではなく、なんといっても注目すべきところは銅像がデカいところです。鎌倉や奈良の大仏級の銅像があちらこちらにあります。 スコピエではカウチサーフィンを通じて現地の大学生にスコピエの街を案内してもらったのですが、彼女もこの銅像については呆れており、「税金の無駄遣いだ」といっていました。 DSC02321 また銅像は今でも建てられているものがいくつかあり、日々、進化しているスコピエです。 DSC02314 凱旋門もありますので、スコピエに来ればパリに行かなくても大丈夫です?

料理やカフェのレベルは高い!しかも安い!

DSC02399 私はアルバニアから来たこともあって驚いたのがスコピエのカフェやレストランのレベルの高さです。圧倒的にアルバニアよりも質の高いレストランがあり、値段も2人で飲み物(ソフトドリンク)、ピザ、サラダ、ケーキ×2個をちょっと高めの値段のところで頼んでも合計1,200円程度です。 DSC02395 Mekicite od Strazaという上記のレストラン&カフェはスターバックス風の雰囲気で、現地の大学生いわく「たまに行く、ちょっと高めのレストラン」とのことです。

もしスコピエに来ることがあれば、訪れてみてほしいお店です。 またマケドニアについてはトルコやイタリアの文化もかなり入ってきており、トルコ料理やイタリア料理については現地と変わらない味で楽しむことができます。 DSC02423 旧市街にあるトルコ人が経営するカフェ。 DSC02426 トルコの本格コーヒーもマケドニアで楽しめます。

スコピエの宿はAirbnbがオススメ!

DSC02426 スコピエは首都ということもありホテルが沢山ありますが、Airbnbもかなりの掲載数があり、オススメです。1人旅だと割高ですが、2人以上だとAirbnbのほうが条件の良い宿泊先がスコピエでは見つかるはずです。 私は中心地から歩いて30分のところあるアパートを貸切で借りましたが、上記のリビングにまたベットルームがあり、1泊3,500円(手数料など全て込み)です。

スコピエのSkopje Apartment near Center

またAirbnbのクーポンを利用すれば、更に格安で予約できます。

市バスで一時間で行けるマトカ湖はオススメ

スコピエの中心地から1時間、市バスに乗るとマトカ湖(Canyon Matka)という場所にたどり着きます。ここは自然と渓谷があり、泳げもするそうでAirbnbのホストも現地の大学生もオススメしていた場所です。

Despina Despotoskaさん(@despotoskad)が投稿した写真 –


私は仕事がありどうしても行けなかったのですが、マケドニアはスコピエしか滞在する予定のない人には良い場所だと思います。是非、いってみてください。

まとめ:スコピエは銅像は多いけど…、意外に快適

あまり日本人にとって馴染みのないマケドニアの首都だったので、あまり期待はしていなかったのですが、日本にもありそうなオシャレなカフェやレストランがあり、しかも安いため本当にスコピエは快適でした。大抵のカフェにはWiFiもあります。

DSC02366
またスコピエにはジプシーがおり、現地の大学生も夕方以降はあんまり治安はよくないといっていました。ただ私が滞在した4日間は特に危ないことはありませんでした。

銅像についてもなんだかんだいってスコピエの特徴の一つなので、スコピエに訪れる事があれば銅像見学とオシャレなレストランを格安で満喫してみましょう。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑