REXカードを海外で使うの時のメリット・デメリット【還元率1.50%】

公開日: 2014年 11月 10日
更新日: 2015年 12月 22日

kakaku_jsbc_b_730
私は海外ではJACCSのREXカードをメインに使っています。理由としては単純に高還元率カードだからです。そのREXカードを海外で使うにあたり、メリットとデメリットを紹介します。

メリット

なんといっても1.50%の高還元率
※2015年12月から1.75%⇒1.50%となりました。

国によってはどんな店でもクレジットカードが使えたりしますので、それであれば現金を支払うよりもREXカードで使うほうがお得です。なぜならREXカードで外貨決済をする場合は為替レートに1.63%上乗せした日本円となり、REXカードは1.50%ポイント還元となるため、0.13%の手数料で決済ができてしまうからです。

通常、外貨を日本の空港などで両替した場合、1~10%の手数料が取られるため、REXカードを使わない手はないでしょう。

ポイントは現金で還元される

REXカードの場合、ポイントは現金として使えて1.50%となります。これがめちゃめちゃデカイです。楽天カードの場合だと楽天ポイントで還元され、楽天で買物をしないとポイントは使えません。海外在住者の場合、楽天で買い物をしても海外発送してくれるところなんてほとんどないため意味がありません。その点、REXカードはウェブで手続きをすればいつでも現金としてポイントが消化できます。

REXカードは海外旅行保険付帯クレジットカード!

REXカードは海外旅行保険付帯クレジットカードとなります。

傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 最高200万円
疾病治療費用 最高200万円
賠償責任 最高2,000万円
救援者費用 最高200万円
携行品損害最高20万円(免責3,000円)
家族特約 付帯なし

自動ということは、航空券やツアーをREXカードで決済しなくても日本から海外へ出れば自動的に90日間は保険に入ったこととなります。そのため友人が仮に旅行代金を決済したとしても、このカードを持っていれば保険の加入は不要です。傷害治療、疾病治療が最大200万円であれば十分です。

また家族カードを発行すれば、家族も海外旅行保険適用となります。

海外からでも明細がチェックできる!

明細

ジャックス インターコムクラブに登録しておけば海外からも明細が確認できます。今までREXカードは2~3ヶ月経たないと明細が確認できなかったのですが、今では未確定の決済でも確認できるようになったため、使い勝手が以前より良くなりました。

年会費はメインカードとして使うのであれば実質的には無料

年会費は次年度以降は2,500円(税別)掛かりますが、年間50万以上を決済すれば年会費無料となります。メインカードとして使うのであれば年間50万円はかなりハードルは低いと思います。もちろん海外決済をしても年間50万円以上を円換算で決済できていれば無料です。

デメリット

ウェブ明細の反映が遅い

ジャックス インターコムクラブ(ウェブ明細)で今まで2~3ヶ月経たないと確認できなかったのが、未確定でも確認できるようになったとメリットで書きましたが、それでも明細を確認するには約1ヶ月ほど待つ必要があります。海外の場合だと不正決済されるリスクは上がるため、これはデメリットです。

もし明細をすぐにウェブで確認したい!という場合は還元率は落ちますが楽天カードのほうが優れています。約3日でウェブ明細に反映されます。

まとめ

とにかく海外決済を安く済ませたい!という人にはREXカードが断然オススメです。またデメリットは「Web明細の反映が遅い!」の1点となり、これが改善されれば間違いなく海外決済No.1カードとなります。

是非、海外旅行や在住をする場合はREXカードも検討してみましょう。

今、開催されているキャンペーン情報はこちら

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑