free web hit counter

スカイマーク(神戸空港⇒茨城空港)搭乗記!!阪神タイガース塗装機の中をレポート!!

公開日: 2019年 06月 14日
更新日: 2019年 06月 11日


2019年3月にスカイマークで神戸空港から茨城空港に向いました。

今回はたまたま阪神タイガース特別塗装機でした。スカイマークは神戸空港に拠点を置いており、全国各地へ便を飛ばしています。

スカイマークはLCCでもないのにも関わらず、大手航空会社とコードシェア便も飛ばしていない珍しい航空会社です。
※ANAが16.5%の株は保有しています。

他にもA380を購入して会社が一度倒産したり、CAの制服をミニスカートにしてみたりと色々と話題になった航空会社です。

私は神戸出身で昔、東京に就職していた時よくスカイマークを使って地元へ帰ってきたので、自分にとってはとても愛着があります。今回はそんなスカイマークの搭乗レビューをお届けします。

2019年03月23日(土) SKY 182便
神戸 発 07:45 → 茨城 着 09:00 いま得合計 10,800円
座席番号:21H

今回は土曜日の朝ということもあり10800円という値段で買いましたが、平日であれば5000円前後で手配することができます。


スカイマーク(神戸⇒茨城)搭乗レビュー!朝の神戸空港は思った以上に混んでいる。


今回私は神戸の実家からではなく、自宅がある大阪から空港へ向かいました。

スカイマークは神戸空港を拠点にしていることもあり、スカイマークのカウンターが堂々と構えています。今回のフライトは7:45出発なので、早速チェックインと荷物を預けたいと思います。


今回はこちらのカウンターでチェックインを行います。


私は今回予約確認書を紙で印刷してきたので、自動チェックイン機械でサクッとチェックインを済ませようと思います。


搭乗券を発券することができました。荷物預けなのですが、アメリカと一緒でチェックイン機械で発券されたタグを自分で貼り付けて手荷物預けカウンターで預けるという形です。


手荷物を有人カウンターへ預け、セキュリティーを抜けて制限エリアへ向かおうとしているのですが、今日は土曜日で皆さんいろんなところに行かれるせいか神戸空港はとても混んでいます。こんなに人がいる神戸空港は初めてみました。


制限エリアへ入り、早速スカイマークとANAの機体が見えました。

おそらく両方とも羽田行きで、ANAが神戸空港の1日の初便となります。神戸空港は1日30便しか出発便を出していません。神戸出身の私としてはもっと多くの便を飛ばして欲しいのですが、残念ながら色々発着制限があるためそれほど便数はありません。

それでもスカイマークは数少ない神戸空港の活着枠を保有しているため、いろんな場所へ飛ばすことができます。

過去には成田へ向かう便も飛ばしていたのですが、今はもうなくなってしまったので、伊丹からだと成田便はほとんどないので是非また復活して欲しいです。

また、米子行きの便もかつてあったのですが、もう今はなくなってしまいました。

まだフライトまで時間があるのでカードラウンジへ向かいます。


今回はLounge神戸というラウンジへ来ました。人が多かったのでラウンジも混んでいるのかと思ったのですが、思ったほど人はおらず空いていました。

おそらく羽田行きの便が出発するため、その便の利用者の方々が一斉に機内へ向かったため空いていたのでしょう。


ゲートの前にやってきました。今回は7番ゲートより搭乗です。


今回はこのスカイマーク機で茨城へ向かうのですが、機体が阪神タイガースの特別塗装機でした。タイガースファンからしたら嬉しいでしょうし、逆に巨人ファンであれば嫌なのではないかと思いました。

スカイマークはプレミアムクラスやファーストクラスといったいい座席や、ANAやJALのように上級会員制度がないので、優先搭乗は一切なく、みんな平等に機内へ案内されます。では、これから機内へ入ります。


機内へ入りました。今回は21Hという窓側の座席です。


今回の機体はボーイング787-800で、よくLCCでも使われる機体です。


私は塗装だけ特別なのかと思ったのですが、このように座席の枕カバーもこのように阪神仕様となっています。

ちなみに座席配列は全席普通席で3−3の配列となっています。
間も無く神戸空港出発です。ウィングレットにあるこのハートマークはスカイマークの特徴です。


定刻通り出発しました。客室乗務員の制服なのですが、阪神タイガース特別塗装機ということもあり、阪神タイガースのユニフォームを着ています。

背中の名前はスカイマークとなっており、背番号は機体種類と同じ737となっています(笑)


スカイマークの路線図を見ているのですが、ANAやJALと変わらないぐらい主要都市は満遍なく飛ばしているようで、ローカル路線では奄美にも飛ばしております。

スカイマークの国際線!!チャーター便(成田⇒サイパン)搭乗レビュー。機内食の味は?!

国際線は成田〜サイパンへのチャーター便以外飛ばしておらず、機体はボーイング737-800だけのようです。

ちなみに荷物預けですが、LCCではないため20kg以内であれば個数制限なく預けることができます。

なんとキットカットをもらうことができました。
最近だとスターフライヤーやFDAといった小さな航空会社はドリンクと一緒にチョコレートといったお菓子をサービスしてくれることがあるのですが、今回はキットカットだけで、ドリンクのサービスはありませんでした。

それに、神戸⇒茨城便に乗っているのになぜかパッケージが名古屋なのかは最後まで謎でした。


今機内販売の冊子を見ているのですが、スカイマークのフライトでは無料でキットカットとネスレコーヒーを無料でもらえることができるのですが、時間が短いからか今回はキットカットだけもらってドリンクサービスはなかったです。

他にも色々なグッズを販売しているのですが、結構良心的な値段で販売しているなと思いました。ただタイガースジェットモデルプレーンは好評で売れ切れといっていたので、物によっては入手が難しいかもしれません。


寝る暇もなくあっという間に茨城空港に到着しました。ちょうどFDAも駐機していました。


今回は沖留めでした。視聴者の方から以前コメントを頂いたのですが、こういう駐機の仕方はオープンゲートと言うそうです。


一応オープンゲートなのですが、このように移動できる通路が完備されているので、雨の日でも濡れずに空港内に入ることができます。以前FDAで名古屋空港(小牧空港)へいったのですが、そこもこんな感じの通路がありました。


茨城空港に着きました。地方空港同士の路線だとすぐに飛行機に乗れて、到着したらすぐに空港の外に出られるのでいいですね。

ちなみにこの茨城空港ですが、空港利用者限定で500円で東京駅に行くバスに乗ることができます。私は今回それに乗って東京へ行き、その後成田へ行ってスカイマークのサイパンへのチャーター便に乗ります。

まとめ:LCCじゃないのにお手頃な価格でいろんな場所に行ける!


今回はタイガース特別塗装機に乗ったのですが、外側の塗装だけでなく中のヘッドレストのカバーもタイガース仕様になっており、阪神ファンにはたまらない一方で、巨人ファンの人はすごく乗りずらいのかなと思いました。ぜひ阪神ファンの方々には乗っていただきたいなと思った機体です。

スカイマークですが、LCCではないのにも関わらず、路線によってはセールで5000円6000円ほどで購入することができ、しかも20kgまで荷物を預けることができるので、場合によってはピーチやジェットスターよりも安く済むことがありますので、安くお得に旅行したいと言う方はぜひスカイマークを検討してみてください。

最近ではスカイマークはサイパンへのチャーター便を飛ばしたので、おそらくサイパンへの定期便を飛ばそうとしているのだと思います。今後の活躍に期待です。

また今回のことについては動画にもしています。是非、ご覧ください。

The following two tabs change content below.

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


Back to Top ↑