free web hit counter

スカイマークの国際線!!チャーター便(成田⇒サイパン)搭乗レビュー。機内食の味は?!

公開日: 2019年 03月 29日
更新日: 2019年 03月 30日

今回は、スカイマークが成田からサイパンまでチャーター便(ツアー)で行ってきましたので紹介します。

撮影日:2019年3月24日
便名:BC801 成田10:00-サイパン14:40
機種:B737-800

日本からサイパンに行くにはデルタ航空が2018年に撤退をしたため直行便が全滅し、2019年現在どこかを経由して行かなければなりません。

今回はスカイマークがチャーター便でサイパン便を成田空港から飛ばすということで、HIS経由でツアーを申し込み、スカイマークの国際線がどのようなものかを調査してきました。3泊4日で一人約10万円でした。

おさらいしておきますとスカイマークは過去にソウル(仁川空港)までチャーター便を飛ばしたことがあるものの、国内線用の日本の航空会社です。2015年にニューヨークまで飛ばす計画をしており、超大型機A380を購入するもこれが原因で破綻し、再スタートした航空会社です。


スカイマークの国際線は、成田空港 第1ターミナルから出発

スカイマークは成田空港第1ターミナルから出発となります。第2・第3ターミナルとある成田空港は連絡バスなども整備されております。

成田空港第1ターミナル北ウイングの時刻表に、私が搭乗する10:00出発スカイマークサイパン行きの文字が!!

はじめ、南ウイングの時刻表を確認したところ、私が搭乗する便が載っていなかったので、「チャーター便だからか!?」「ターミナル合っているのか!?」と色々不安になりましたが、さすが大きな成田空港です。第1・第2・第3ターミナルにだけ分かれているのではなく、北ウイングと南ウイングでも分かれているのでした。恥ずかしなから私は初めて知りました。

はじめて成田空港に行く人はお気をつけください。時刻表にないからと迷わないようにしてください…!

出発2時間前にチェックインカウンターに到着です。スカイチームが集まるエリアですが、スカイマークはスカイチームではなく独立した航空会社です。

今回はチャーター便ということで座席が指定できず、当日チェックインをしなければわからないということで、可能ならば窓側を指定したいと思い早めにチェックインカウンターへと向かいました。

グランドスタッフの方に窓側希望の旨を伝えたのですが、すでにアサインがされているようでして希望は承れないとのことでした。残念ながら私の座席は15C(通路側)です。

今回は機内からの眺めはお届けできそうにありません…。チャーター便はこのように座席指定はすでに決められてるようですね。

チェックインを済ませ出国手続き・保安検査となりますが、朝の成田空港は混雑しており、制限エリア内に入るには多少時間がかかりました。

もちろん今回はスカイマークの搭乗ですので、いつもANAやJALを利用するときのように優先保安検査口を利用することはできませんので普通に並んで日本を出国します。

制限エリア内へ 搭乗ゲート

無事出国手続き・保安検査を終え、制限エリア内へと入りました。

しかし、私はプライオリティパスを持っており、このパスで入れるラウンジはもちろん利用ができるので、今回は大韓航空のKALラウンジを利用しました。

国際線は機内食が提供されるのでほどほどに…。

今回は搭乗ゲート11Aからの出発です。

お手伝いを必要とされる方→窓側の座席・後方座席の方→すべての方の順で搭乗が行われました。

国際線の出発ロビーからスカイマークの機体が見られるのは珍しく新鮮ですね。

スカイマーク国際線の機内へ。座席の広さは?!

機内へと入りました。機体は737-800型です。スカイマークはすべてこの機体です。座席は3-3の配列で全席同じシートとなります。

座席のシートポケットには鹿児島県霧島市のミネラルウォーターが用意されていました。300mlと小さめですが、スカイマークオリジナルのパッケージで嬉しいですね。

※ちなみに帰りのフライトではこのドリンクはなかったです。

座席下にコンセントが常備されています。USB充電ポートはありません。

ディスプレイはない機体で、安全のビデオが放映できないので、非常時の案内については客室乗務員の方が案内するスタイルです。格安航空会社(LCC)のようですが、スカイマークは格安航空会社ではありません。

スカイマーク国際線の機内食は?!

離陸直後、すぐに機内食が提供されました。今まで国内線しかなったのでスカイマークの機内食を食べた人は数少ないはずです(笑)

あとコーラを私はドリンクとして注文しましたが、コップなしでドドンと缶だけ渡されたのは新鮮でした。ビールなどもありもちろん無料でおかわりもできます。

弁当の中身は品数が多くてどれも美味しかったです。

スカイマークではキットカットが配られます。こちらもパッケージはスカイマーク仕様になっています。国内線と同じですね。

国内線の機内誌がシートポケットに収納されており、こちらにあるドリンク・アルコール類の一部が、今回のフライトでは無料で提供されていました。

サイパンの税関申告書とともにスクラッチくじ

申告書類の配布とともに右のようなスクラッチくじが配られました。書類については丁寧にアナウンスでも案内をしてくれていました。

スクラッチくじでは「スマホ用カメラレンズキット」が当たりました。

スカイマークの機体がサイパン国際空港に到着!!

2時間40分のフライト。定刻通りサイパン国際空港に着陸しました!

サイパンでは機体は沖止め。いち早くサイパンの暑さを感じることとなりました。

空港内に入るや否や、現地の方々が迎え入れてくれました。チャーター便はこういったところが良いですね。テンションがアガります。

このように色々ともらいました。初便ではありませんでしたが、スカイマークでツアーに参加した全員に配られたと思われます。

まとめ:スカイマーク念願の国際線!!

今回はチャーター便のツアーでしたので機内にいる周りの人も観光を楽しみにしているようでとても賑やかで良い雰囲気でした。

3時間弱のフライトとディスプレイはありませんので若干きついかなと思いましたが、機内食もでるのでそこまで退屈しませんでした。

ぜひサイパンに定期便として就航してもらいたいものです。

また、スカイマークではGWにもチャーター便のツアーが予定されているようです。気になる方はぜひチェックしてみてください。


ちなみに上記はサイパン空港のスカイマークのチェックインカウンターですが、チャーター便だけの契約だと上記のような現地スタッフのコスチュームや空港に看板取り付けまでしないと思います。

なので正式発表はまだありませんが、ほぼほぼスカイマークはサイパンに定期便を飛ばすことは確定だと思ってます。

また今回のスカイマークは動画も撮っていますので、よかったらこちらも観て下さい!!

The following two tabs change content below.

アバター

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


Back to Top ↑