free web hit counter

Uber Eatsは時給いくら?!登録手順や実際に配達してみた正直な感想

公開日: 2019年 01月 13日
更新日: 2019年 01月 21日


先日、Uber Eatsの配達パートナーに登録し、実際に配達をしてみました。

※この記事は、このブログの管理人である”おのだ”ではなく京都在住の知人に寄稿してもらいました。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eatsはここ最近、東京や大阪、名古屋などでサービスを展開し始め、デリバリーが今まで以上に早く、そしてバリエーションが増えました。また一方でUber Eatsの配達パートナーとして働く大学生、フリーランスの人も急増しています。

以下のエリアでUber Eatsは対応しています。なので以下の地区で配達パートナーとして働くことができます。

大阪市:中央区・北区・西区・浪速区・天王寺区・福島区・都島区・阿倍野区・西成区・大正区、淀川区、東成区
京都市:上京区、中京区、下京区、東山区の4区を含む一部地域
神戸市:中央区、兵庫区、灘区の3区を含む一部地域
名古屋市内 6 区(中区、中村区、西区、北区、中川区、東区)
福岡市内 4区(博多区、中央区、南区、城南区)を含む一部地域

※エリアは随時拡大中

Uber Eatsの配達員になるのは非常に簡単で、自転車か原付バイク(125cc以下)さえ持ってればなれます。また、バイトではなく、請負なので、自分の好きな時に好きなだけ働くことができ、給料もそれに合わせた出来高制を取っています。

今回は、Uber Eatsの配達パートナーになる方法と初回の配達を終えて、実際に時給でいうとどれくらい稼げるのか?、今後もやる価値はあるか?など、これから配達員をしたい人であれば気になるところをまとめて紹介します!!

Uber Eatsが福岡、名古屋、大阪、京都、神戸でも開始!500円クーポンが貰える!

ちなみに配達パートナーではなく、配達してもらう側の記事については別に記事にしています。


号外:Uber Eatsの宅配パートナーはポイントサイト経由だとボーナスが貰える!!


もしUber Eatsの配達パートナーに登録するときはポイントサイトを経由して申し込みをすると非常にお得です。

ポイントサイトのモッピーに新規登録をすると最大1,300円分のポイントが貰える!!

ポイントサイトのモッピーだと4,000円分のポイントが貰えます。更に東京エリアの配達パートナーだと追加で8,000ポイントとなり合計12,000円分貰えます。(2019年1月31日まで)

配達パートナーは登録をすればその日からできる!!めちゃ簡単

Uber Eatsの配達員に申し込むには、まずUber Eatsのアプリから登録します。


アプリのアカウントページから「Uberで配達する」を選択し、その後手順に従って登録を進めます。

その際、メールアドレスの登録、配達エリアとデリバリーの際に自転車か原付バイク(125cc以下)どちらで配達するのかを選択する必要があります。

登録が完了すると、今度はUber Eatsのパートナーセンターへ行って、振込口座の制定や本人確認、デリバリーの際に使用するバッグの受け取りに行きます。
※私の場合、京都在住なので京都のパートナーセンターに行きました。

パートナーセンターに行く際に必要となるものは自転車で登録した場合は、以下の通りです。

1. 銀行カードまたは通帳
2. 写真付きの本人確認証(運転免許証、パスポートなど)
3. スマホ

また登録する銀行口座ですが、ゆうちょ銀行や各種ネット銀行、信用金庫などは利用できず大手銀行のみとなるので気をつけてください。

実際にパートナーセンターに足を運んで登録してみた


私は、京都エリアでの配達パートナーとして登録したので、京都のパートナーセンター(京都市下京区金換町109-1)へ行きます。

京都のパートナーセンターは、京都駅から15分ほど歩いた場所にあります。ここで注意したいのが、京都のパートナーセンターは木金土の12:00〜19:00までしか空いてません。


ここがパートナーセンターの外観です。正直外観は派手さがなく、私も最初見たとき「え、ここ?」と思いました。


この小さなUber Eatsの看板が目印となり、この建物の2階で色々と手続きをします。

ちなみに、ネットで登録を終えた後、パートナーセンターへ行く前に、事前に必要書類のアップロードを行うとパートナーセンターでの待ち時間を短縮することができます。

しかし、私は何も事前に登録しなかったので、パートナーセンターで本人登録や口座登録などを行いました。私がきた時には他に3人ほど登録手続きを行っていました。


その後、Uber Eatsのスタッフの方が優しく丁寧に一から給料の仕組みや、配達方法などについて詳しく説明してくれます。

またこのようなガイドも配ってくれるので、帰った後でもUber Eatsの仕組みを理解することもできます。


そして最後にこのようにバッグをもらったら登録完了です。全て終わるまでに1時間ほどかかりました。これからすぐに配達パートナーとして仕事をすることができます。このスピード感はありがたいですね。

バイトだと「では来月から…」となることもありますが、すぐに動くことができます。


配達バッグを広げると非常に大きいです。一人暮らしの家に置いておくとかなり圧迫感があります(笑)


バッグを開けるとこのようになっており、中にもう一つ小さなバッグが入っており、そこに料理を入れます。


配達員の登録が済むと、この「Uber Driver」というアプリが必要になります。

Uber Driver - ドライバー用

Uber Driver – ドライバー用
開発元:Uber Technologies, Inc.
無料
posted withアプリーチ

このアプリをいれないと注文を受け取ることができなくなり、デリバリーができなくなります。このアプリの使い方はパートナーセンターのスタッフが優しく丁寧に教えてくれます。

Uber Eatsの給料の仕組みは?

1. 受け取り料金:レストランで商品を受け取った際に発生 136円
2. 受け渡し料金:注文者に商品を渡した際に発生 63円
3. 距離料金(レストランから注文者まで) 45円/km

支払いの仕組みはこのようになっており、ここから5%分のサービス手数料が引かれ、その合計金額が一回の配達で生じる給料となります。

つまり、受け取り料金+受け渡し料金+距離料金−5%分のサービス料の合計がその配達で得た収入となります。

ちなみに、距離料金は、注文を受けた場所から注文者までではなく、レストランから注文者までなので、たとえ注文を受けたところからレストランまでの距離の方が長くても、レストランから注文者までの距離しか加算されないので注意してください。

さらに、バッグ貸出量として、配達開始から最初の4週間は、各週収入から2000円引かれ、合計8000円引かれます。ただ、この8000円はバッグを返却したら戻ってきます。

またインセンティブといわれる、追加報酬もあります。

その種類は2種類あり、1つ目は「ブースト」と言われるものです。「ブースト」は通常の配達料を、ある程度の倍率(1.1倍、1.4倍など)で増額する仕組みを「ブースト」と呼びます。

この倍率は注文者の需要が高まる時間帯や地域によって決定され、倍率は様々です。


ちなみにその倍率はこのようにマップで表示され、各地域によって変わってくることが一目瞭然です。


さらに数日先のプロモーションも確認することができます。

2つ目に「クエスト」があります。「クエスト」とは、通常配達料に加え、1日の配達件数に応じて追加で報酬が支払われる仕組みのことを指します。

たとえば、「10配達完了で2000円追加」などといったものです。クエストの内容や有無は配達パートナーによって異なるため、全ての人に適用される確約はありません。


これは12月29日のプロモーションで、ちょうどこの時京都では雨や雪が降っており、そのため配達員が少なくなるのか、時間帯によってクエストがある時間とない時間もあります。

また人が少ない年末年始も、お昼時や夜にもクエストがありました。

実際に自転車で配達パートナーをやってみた!!いくら稼げたか?!


私は、配達に自転車を用いるので、この自転車で配達に行きます。

配達日:2018年12月25日(火曜)
配達時間:18:40~20:30
収入:2045円

配達の流れは以下の通りです。

1. Uber Driverアプリを開いて出発を押したら配達者はオンラインとなり、アプリが近くの配達依頼(リクエスト)を探してくれます。
2. 依頼がくると、アプリのマップ上でお店の位置情報が表示され、そこで食べ物を受け取ります。
3. 受け取りが完了すると、今度は受け渡し先の位置情報が送られ、そこで食事を渡せば配達完了です。


ちなみに、私は今回の配達にあたり、このようなスマホを自転車に取り付ける道具を買いました。

このような道具があれば、簡単にマップをチェックでき、いちいちポケットからスマホを取り出して見たり、片手で持ったまま操作したりなど危険な動作をする必要がなくなるので、ぜひ購入して見てください。


これが今回の乗車履歴となっており、時間はリクエストを受けた時間となっています。


各配達はこのように、リクエストを受けて配達までにかかった時間や乗車距離、売り上げなど細かく書いています。

ただ、距離の計算は、自分がリクエストを受けた場所から配達場所までの距離ではなく、お店から配達先までなので、実際移動した距離はもっと多いです。

なので、今回の全ての配達で移動した距離を計算したら9.6kmとなりましたが、実際にはこの倍以上は移動したかと思います。


ちなみに、京都エリアで配達する場合、四条河原町やその周辺の道で自転車の通行を規制するエリアがあるので、注意してください。

実際に時給に換算すると約1,000円!!縛られずにやれるので楽しい


一概にも時給換算はできませんが、自分のエリアだと時給にあえて換算すると1,000円程度となったところです。

もちろんエリア、時期によっては高くなることもあれば安くなることもあります。1回の配達で400〜600円程度が貰えるので1時間に2回ベースで運ぶといった感じです。

冬の時期だと寒いですし、自転車をこぐ必要がありますが、それでもバイトのように誰かと何かをする訳でもないので一人で何かする人にはおすすめです。もちろん自転車好きの人にはもってこいの仕事だと思います。

特にアプリをオン、オフで自分の好きなときにトライすることができるので、これが最大のメリットかと思います。今までになかった働き方です。

Uber Eatsの招待コード(プロモーションコード)でクーポンが貰える!!


Uber Eatsの配達パートナーをするときに紹介コードを求められます。

プロモーションコード:intereats6j4lw

上記のプロモーションコードを入力すれば配達パートナーとしてではなく、配達をお願いする側のときに使える500円クーポンが貰えます。

まとめ:好きな時間で稼げる!


Uber Eatsの配達員になると、給料が週払いであったり、勤務時間が自由です。

また普通のバイトと違ってバイトの面接がなかったり、職場の上下関係がなかったりなど、非常に働きやすい仕組みとなっています。なので、空いた時間にお金を稼ぎたい方や、運動不足を解消しながらお金を稼ぎたいという人は、ぜひやって見てください。

The following two tabs change content below.

Ryosuke @rs33_1804

京都在住の大学生。飛行機好き。アメリカ在住歴もあり、おのだ氏のYouTubeの英語翻訳を担当しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. すず says:

    いつもブログ、YouTube楽しく拝見しております。
    おのださん京都在住なんですか?!大阪じゃなかったでしたっけ?!
    私も京都在住でたまに利用するのでいつかおのださんが配達に来てくださるかもですね笑

    • おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber) says:

      このブログは知人に書いてもらいました!!笑。やはり、まぎらわしいですよね笑 修正します!!

      • すず says:

        いえいえ!私自身が京都住みなので反応してしまっただけですのでwお手間ですしそのままで大丈夫ですよ!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメントは承認制なので反映されるまで時間が掛かります。

Back to Top ↑