スマートサーブを実家のNTTひかり回線環境に設置してみた!

公開日: 2014年 01月 25日
更新日: 2015年 01月 24日

IMG_1382

実家の神戸に帰る予定があったので、スマートサーブをハンドキャリーして設置してみた。

⇒スマートサーブの詳細はこちらから

東京は固定回線がなかったのでWimax環境(3~4Mbps)での接続をしていたが、実家はNTTひかり回線があり、海外へ移住すれば神戸を経由してVPN接続をすることになるので早速、検証を実施。

回線:NTT西日本ファミリータイプ(100Mbps)
プロバイダ:ASAHIネット

ping

BUFFALO QRsetup 11n/g/b 300Mbps 無線LAN親機 WHR-300HP2
bufallo

Buffaloのルーターは3~4千円程度のものでもVPN(リモートアクセス)に対応しており、最高なのだけれでも過去に実家で環境を整えようとしてもNTTのONUの設定が悪いのかVPNに接続できない状況であった。ただリモートアクセスするにしてもプロバイダと固定IPアドレスの契約をする必要があり、月800円程度は維持費が掛かるため、月額315円のスマートサーブでやってみる。スマートサーブは固定IPアドレスでなくてもOKだ。

そんな環境でもスマートサーブが設置できるかと心配していたが、なんとルーターにLANケーブルを指すだけでスマートサーブではVPN環境を構築できた。

smat

ソフトバンクLTE-フレッツ光で5Mbps弱のため、これであればHD映像もストリーミングで見れると思うので、海外にいても10Mbps程度の環境でインターネット接続すれば、日本のHuluやニコニコ動画も見ることができる(はず)。

この環境を整えたため、次はSONYのnasneを実家に設置する予定。

nasne 1TBモデル (CECH-ZNR2J)
nasne

これでカンボジアなど海外にいても実家を経由してテレビを視聴したり、録画をすることが可能となり海外にいても日本にいるように生活ができる。スマートサーブの中の人もnasneを使用しているので、おそらく問題なく使用できるだろう。

参考:接続機器管理機能 と nasne

海外在住の皆さんも実家にスマートサーブとnasneを入れてみてはどうでしょうか?また来月あたりに実家に帰るため、このときにnasneを設置してレポートしまっす!

今、開催されているキャンペーン情報はこちら

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


Back to Top ↑