0570番号に海外やIP電話から意地でも掛ける方法まとめ!特に050 Plusはオススメ

公開日: 2016年 03月 26日
更新日: 2016年 09月 19日

0570
僕の嫌いな電話番号は、0570で始まる番号です。おそらく私のように電話をかける時に「0570…」という数字を見ると拒否反応を示す人も多いともいます。

理由は、050番号やスカイプなどのIP電話から0570へは発信ができないからです。

私の場合、日本の携帯番号も持っていますので、0570番号へ掛けれないこともないのですが、0570番号は一般電話からは1分10円、携帯電話からは20秒10円が発生するのでIP電話と比べるとかなり割高なので使いたくありません。掛け放題プランの人も0570は対象外なので、掛けたくない番号でしょう。

また海外生活をしている人だと、日本の電話番号を持っていない人がほとんどだと思うので、0570番号に電話することは困難です。しかし全くの不可能ではありません。

今回、私が0570番号を意地でもIP電話から掛ける方法を考えてみたので、シェアします。ちなみに0120のフリーダイヤルでも使える技です。0120も同じくIP電話からだと発信不可です。


そもそも0570番号って何なの?

DSC08458-800x273
0570番号は、NTTコミュニケーションズが提供するナビダイヤルというサービスです。

なぜこのようなサービスがあるのかというと、電話番号は回線ごとに異なるのですが、番号を地域や回線に関係なく一本化させるためです。電話をかける人からすれば、電話番号が沢山あるとどの電話回線が混んでいて空いているかは分からないですよね。

そういった不満を解消するため企業側が用意してくれている”おもてなし”の電話番号なです。

でもIP電話や掛け放題が普及してきた今となっては非常にウザいサービスです。さっさとなくしてほしいサービスです…。

050 Plusのアプリを入れる

050 plus - 050番号で携帯・固定への通話がおトク

050 plus – 050番号で携帯・固定への通話がおトク
無料
posted with アプリーチ

050 Plusは、SKypeやLINE outと同じくIP電話で海外からでも利用できます。

IP電話の中でも、この050 Plusだけが海外からでも0570、0120の電話番号に掛ける事ができます。というのも、この050 Plusは0570、0120のサービスを運用しているNTTコミュニケーションズです。

そのため自社優遇でIP電話でもこれらの番号にかけることができます。0120は無料で、0570に掛けるのも8分3円と激安な料金設定です。

日本にいても頻繁に0570に電話をする人にはオススメです。050 Plusは、月額300円(税別)掛かるので、めったに電話しない人は電話が終われば都度、解約すればいいでしょう。

0570に意地でも掛ける方法②:裏番号をGoogleで探す

0570番号には必ず裏の市外局番があります。市外局番とは、東京だと03-XXXX-XXXX、大阪だと06-XXXX-XXXXの番号です。0570番号には必ずこのような裏番号があり、それを知ることができれば、その番号にIP電話や掛け放題プランを契約している電話に掛ければ繋がります。

企業によって0570番号の裏番号を公表しているところと、してないところがありますが、Googleで0570の電話番号を検索をすればヒットする確率が高いです。

0570
例えばセゾンの紛失・盗難の問い合わせは0570番号です。

0570
セゾンの場合だと親切にも03-XXXX-XXXXの番号を記載してくれていますね。


ちなみにドコモのインフォーメンションセンターは非公開だと思うのですが、ルータープリンスことshimajiro先生に03の番号を教えていただけました。

なので100%成功する方法ではありません。

0570に意地でも掛ける方法③:VPN経由で、ひかり電話を発信させる

DSC08458-800x273
NTTのひかり電話は、AGEphoneというアプリでスマホから、ひかり電話の発着信が可能です。

これを応用して、実家などにVPN環境を設置すれば、外出先からでも、ひかり電話経由で発信できます。なのでこの環境を設置して海外に行った場合も0570や0120などの番号に発信できます。僕もエストニアに移住する前にこの環境を設置して検証もしました。ただあまり使わなかったです…。

スマートサーブ×ひかり電話で外から自宅の発信者番号で電話しよう!

これは設置に手間が掛かりますが、色々と便利です。もし実家がNTTのひかり電話の海外在住者がいらっしゃれば日本へ帰国した時に環境を整えてみてください。

0570に意地でも掛ける方法④:知り合いに転送してもらう

次は転送して貰う方法です。まず知り合いに電話して、その知り合いに0570または0120の番号に転送をしてもらいましょう。

但しこの転送操作は、どうしても2本以上の回線が必要です。そのため自宅の電話や携帯電話だと通常は1回線しか用意していないと思うので、実質的に無理です。唯一、回線がISDNであれば2回線なので可能ですが、未だにISDNを引いてる自宅は珍しいです。

そこで力をお借りするのが、法人です。会社だと零細企業でない限りは2回線以上あると思うので、会社を経営している友人や知り合いがいれば、その人にお願いして転送操作をして貰いましょう。

ただ大企業だとコンプライアンス違反やらで厳しいと思いますが、もしそういったことを頼める友人がいれば、使えなくもない手法です。

まとめ

今回、3つの方法を紹介しましたが、①~②以外は非現実的だと思います。

もし裏番号が見つからなければ、とにかく03、06番号など市外局番を知っている関連会社や部署に電話して、そこから転送してもらうという方法もありでしょう。(例えば、地元のドコモショップに電話をして、ドコモインフォメーションセンターに転送してもらうなど)

海外在住者が増え、MVNOが普及して050番号しか持っていない人が増えている中で、本当にナビダイヤルはなくなってほしい番号です。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. くまとも says:

    0570はぱっと見フルーダイヤルにそっくりで、フリーダイヤルと同等のものと誤認している人が現実にはとても多いと思います。NTTコミュニケーションズによる(かつて社会問題になった)ダイヤルQ2まがいの悪質なサービスです。電話をかける側にはなんのメリットもなく、電話を受ける企業側のメリットが100%です。0570を導入した会社にはNTTコミュニケーションズからキックバックがあるという噂も。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑