海外移住しても住民票は抜かないほうが良い理由。国民年金と健康保険料のお話

公開日: 2014年 04月 13日
更新日: 2014年 04月 13日

インド

このブログを読んでる方で海外移住、長期旅行しようとしている人、しているも多いと思います。

実際に海外へ行く方のブログを見る限り、大半の人が将来貰えるか分からない年金、住民税、国民健康保険を払いたくないために住民票を抜く人は少なくないが、私が海外移住した場合は年金も国民健康保険料も払う予定だ。当然、住民税は日本で年間103万円以上の収入があれば支払う。

今日は、私が海外へ行っても「なぜ年金も国民保険料も支払おうとしているのか」を語ってみる。

※本記事は私が調べあげた情報をまとめているため、実体験でもなんでもありません。間違った内容を記載している可能性があります。予めご了承下さいな。

住民票を抜いちゃって国民年金を払っていない覚悟はできてるの?

住民票を2014年12月31日に抜いていれば翌年の2015年は住民税を支払う義務はない。これは2014年12月までサラリーマンをして退社した場合、本来であれば2015年に月1~2万円の住民税を払うことになっていても住民票を2014年のうちに抜いておけば払う義務が発生しなくなる。

これだけ考えれば住民票を抜く価値は大いにある。

住民票を抜けば国民年金の支払は任意になり、国民健康保険には加入できない。最近ニュースでは2人に1人は国民年金を払っていないと報道されており、「自分も払わなくてもいいかな?」と思ってしまうのが国民保険は自営業、フリーター、無職が対象で国民の5割が年金を払っていないということではない。日本の成人男性だけを考えると大半はサラリーマンとなり当然みな国民年金でなく、厚生年金、共済年金を払っており、仮に国民年金を放棄すると日本社会の中ではマイノリティな選択となり、当然老人になったときにツケは自分に回ってくることになる。

平成24年度の国民年金保険料の納付率(現年度分)が、平成24年度末時点で59.0%とのこと。前年度と比較すると0.3ポイント増なのですが、まだまだ納付率は低いままです。また、最新のデータでは、平成25年7月末現在の納付率(平成25年4~6月分)は55.3%。こちらも前年同期比0.7%増ですが、まだまだ納付率は低いままです。

引用元: 納付率がまだまだ低い国民年金、未納は損! [年金] All About.

国民年金は免除ができる!

意外と知られていない事実だが、国民年金(日本での収入0円であれば¥14,410円/月)は、全額免除または4分の3/半額/4分の1に減額対応をしてもらうことが可能である。市役所の国民年金担当窓口で申請可能で審査はあるが、日本で収入がなければ申請はおそらく通るだろう。

免除申請が通れば、年金の額は減るが年金が貰える権利である25年にカウントされ、老後年金を受け取る際に1/2(税金分)は受け取ることができる。そのため極端な話、無職であれば25年間免除申請をすれば支払った額は0円だが、年金は僅かだが貰えることになる。

このような免除制度があるのに未払いまたは放棄はもったいない。是非、海外移住する人は国民年金についてもう一度考えてみよう。

日本での収入なければ国民保険料は僅か!

続いて国保への加入手続き。ここで、前年の収入を聞かれましたが、「日本国内での」と言われびっくり。え? 海外で収入あったらどうなるの? 疑問に思ったけど国内の収入だけでいいというので、素直にゼロと記入。国内の収入なんか無いもん。

その結果、暫定なんですが、なんと国民健康保険料は年間で1万円前後になりそうです。年間で1万円ですよ!?

引用元: 貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅 外こもり「3年目」の手続き.

上記のブログに実体験を書いている方がいますが、この方は日本国内の収益なしで国民保険料は年間1万円とのこと。海外の病院に通っても、手続きはめんどくさいものの3割負担の申請を日本へ戻ってきたときにできるので超お得。

また国民保険料も場合によっては免除されることもあるそうだ。

まとめ

海外移住をしても安定した収入があれば当然、国民年金も胸を張って払うべきだが、日本人である以上、国民年金、健康保険、住民税などの仕組みは熟知して取捨選択しよう。

私も資産がピンチになれば国民年金の免除の申請をしようと思う。また国民年金を放棄するということは、他の日本人と比べて悪条件な老後が待っているという覚悟を持っていなければならない。日本人は他国に比べて同調意識が強いため、年金なしの老後は非常に辛い思いになるに違いない。

今、開催されているキャンペーン情報はこちら

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. 色々な生き方がありますよね。 says:

    全部払わなかったら、年金は1/3になりますよ。消費税が8パーセントになるのを条件に、適用資格を得るのに、25年の縛りもなく、10年でよくなりました。
    私は、年金を一度も払ったことはなく、今後も払うつもりはないです。それでも1/3受け取ります。そして日本では暮らさず海外で暮らしています。タイで暮らしていますが、タイでの不動産収入があるので何とか生活費はねん出できます。さらにネットでの収入が月30万程度ですがそのうち20万は投資、10万は貯金をしています。

    • kankeri02 says:

      コメントありがとうございます。
      10年で良くなったんですね。私は5年間リーマンしており年金は自動回収だったんで、残り5年です。また年金の受取ですが昔は1/3だったみたいですが、今は1/2らしいです。
      http://www.city.shimada.shizuoka.jp/kokunen/menjo.html
      もし間違ってたらごめんなさい。

      まさに年金払わず免除で権利を貰うのは理想な生活です。更にネットの収入もそんだけあればタイだとかなり余裕な生活が送れますね。
      私もそのような収益がでるように頑張って行きたいです!

  2. Pingback: 海外旅行保険と国民健康保険の二重請求ができるって知ってた? | kankeri02 :韓国人嫁とエストニアに移住・起業

  3. Pingback: サラリーマンを辞めて海外移住をするのに知っておきたいことまとめ【臨時更新】 | kankeri02 :韓国人嫁とエストニアに移住・起業

  4. みこ says:

    突然のメッセージを失礼致します。
    私も海外に10年以上在住致しておりまして、
    パスポート更新の為、在日本大使館を訪れまして、在留届を提出願いますと言われました。
    現在、親の扶養にて保険に入っておりまして、親が退職致しましたら私の保険はどうなるのか・・・や、在留届を提出しましたら私の扶養となっている保険はどうなるのか・・・等調べておりましたら、こちらの記事にもリンク致しました。
    年金の件等いろいろお勉強しなくたは・・・と思いました。
    ありがとうございます。

  5. ナマポ says:

    財産も収入もなければ国民年金は払わず免除申請をして将来は生活保護を受けたほうが得ですよ。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑