引っ越し時は、電力会社、水道局、ガス、郵便局の手続きを忘れずに!東京都なら全てネットでOK

公開日: 2014年 07月 27日
更新日: 2016年 06月 19日

8月上旬に東京の家を引き払うため引っ越しの準備を進めています。

引っ越しの準備の中で事前にしておかなければならないことは、公共料金(水道・ガス・電気)と郵便局の申込みです。私の場合、神戸の実家へ戻るため電力会社、水道局、ガスは停止、郵便局は転送サービスの申込みとなります。都内の引っ越しであれば停止と同時に移転先の申込みも可能です。申込時期は1~2週間前にしておけばベストです。

これらの手続きはインターネットで手続きをしてしまうことができるので電話も不要です。こんな感じで行政サービスも全てネットでできしまうといいですね。

東京電力

東京電力

でんき家計簿から手続き可能です。

手続きは、個人情報と東京電力から毎月届けられる「使用料のお知らせ」に記載の地区番号、お客様番号を記入します。また引越し先の住所と、電気停止日も必要です。電気停止日は当日も電気を使うこともあるでしょうから翌日を停止日にしたほうが良いでしょう。

東京都水道局

東京都水道局

申込はこちらから。

東京都水道局も東京電力と同じような内容です。2ヶ月に1回届けられる「使用料のお知らせ」に記載のお客さま番号が必要です。

東京ガス

東京ガス

私の場合、ガスはなかったのですが、ガスを使用している人はガスも忘れずにネットで申込みましょう。申し込みページは、こちらです。

郵便局

郵便局

郵便局の転送サービスは申し込めば1年間無料で任意の住所へ転送してくれます。但し2年目以降はダメで、1年以内であっても本人確認書類等で「転送不可」と書いてあるものは届きません。

こちらで申込むことができます。海外へ移住されるかたは実家に転送しておきましょう。

まとめ

東京へ上京した時はネットでの手続きができなかったのですが、やはり公共サービスや行政サービスがネットで手続きできると便利です。是非、役所も紙なんて捨ててしまってオンラインでできるようにしてほしい。

引越れんらく帳

今回は利用しなかったのですが、事前に「引っ越しれんらく帳」に登録しておけば、公共料金だけでなくプロバイダやクレジットカードなどの住所変更を簡単にできるというものもあるそうです。これも便利そうです。

今、開催されているキャンペーン情報はこちら

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑