エミレーツ航空に乗ったレビュー!日本人スタッフも多く機内WiFiがたった1ドルで最高でした!

公開日: 2017年 04月 21日
更新日: 2017年 05月 26日

エミレーツ航空はUAEのフラッグキャリアでドバイを拠点としている航空会社です。日本からアフリカや中東諸国に行こうとすると一番、利便性のいいのが、このエミレーツ航空です。

他の中東系のカタール航空エティハド航空だと2回乗り継ぎしないといけないような国でもエミレーツ航空だと1回の乗り換えでスムーズに訪れることもできます。

また豪華なイメージはありますが、意外とセールだと日本⇔ヨーロッパが6.5万円など良心的な値段で航空券を販売することもあります。大手アライアンスには加盟しておらず、エミレーツ・スカイワーズというマイレージプログラムを独自で展開しています。ただJALと連携しておりJALマイルを貯めることができます。


関西国際空港⇒ドバイ(EK317便)に乗ったレビュー


2017年4月に私はエミレーツ航空を利用してドバイ経由でエジプト・カイロに行きました。そのときの関西国際空港からドバイまでのレビューを書きます。

エミレーツ航空は、オンラインチェックインが可能で、私は事前にオンラインチェックインをしていたので、エコノミークラス&非上級会員にも関わらず30秒で荷物預けの手続きをすることができました。オンラインチェックインは無駄に並ばなくて済むので本当におすすめです。おそらくしなければ30分程度待つことになっていたと思います。


関西国際空港でカイロまでのチケットを発券してくれました。ドバイでは荷物のピックアップは不要です。


関西国際空港発は23:45発なので、人も少なくすぐに出国することができました。


搭乗開始です。案内はエミレーツ航空の社員ではなくJALの社員が対応していました。これから10時間30分のフライトです。


オンラインチェックインで座席指定をするときに真ん中の席ですが、エコノミーで最前列の席だったのでそこを選びました。少しだけ広々としていました。ちゃんとディスプレイもあり、日本語の映画も充実していました。


横の席はこんな感じです。


機体はB777-300です。残念ながら日本からドバイへの機体はB787やA380などの新機種ではなくB777です。


飛行機が飛び立つ前にアメニティも配布してくれました。意外とくれない航空会社も多いのでエミレーツ航空はサービスはかなり良いと思いました。


また機内メニューも客室乗務員が丁寧に一人ひとり配ってくれました。日本発の場合は、かなり日本食も充実しており、”カップ麺であれば常に用意します”と記載されています。


日本-ドバイのフライトでは日本人の客室乗務員はかなり多く、私のフライトだと6人も日本人の客室乗務員がいました。外資系でこの比率は凄いですね。これだと英語が全く話せなくても安心です。


1回目の機内食はハンバーグを選びました。おいしかったですが深夜便だったので、全部は食べませんでした。


朝食はオムレツを頼みましたが、もうひとつのメニューがうどんなことを忘れていました。せっかくなのでうどんを食べればよかったと後悔。


あとエミレーツ航空で感動したのが機内WiFi対応なのですが、20MBまでなら無料、500MBでもたった1ドルで利用できました。通常、機内でのWiFiというと他の航空会社だと20~40ドルしますが、1ドルはかなり驚きです。


実際に利用してみましたが、普通にTwitterやインスタグラムなどはできました。上のインスタグラムも空の上でアップしたものです。是非、エミレーツ航空を乗られる際には利用してみてください。1ドルはクレジット決済で支払いとなります。


またトイレの写真ですが、常にキレイに保たれていました。


最後に降りるときにビジネスクラスの写真もパシャリ。B777と新型ではないですが、エミレーツ航空はビジネスクラスもできるだけ豪華にしているように思えました。いつか乗ってみたいものです。


深夜便でちょうど寝れたので、あっという間にドバイに到着です。

エコノミー席でもアメニティ、イミグレーションカード配布また日本の客室乗務員も6人乗っていたことから日本人にとってはかなりありがたい航空会社だと感じました。

ちなみにドバイ-カイロのフライトにも日本人の客室乗務員が1人いたので、エミレーツ航空はかなり日本人の客室乗務員が多いようですね。制服もかなり特徴あり、アラブ風です。

エミレーツ航空は成田、関空にも就航!

エミレーツ航空は成田国際空港だけでなく関西国際空港にも就航しています。関西国際空港はアジア路線は増えていますが、トルコ航空、カタール航空などヨーロッパへ安く今まで行けた航空会社が続々と撤退をしており、今では関西エリアに住んでいる人にとってはヨーロッパの航空券は高くなっている現状があります。

そんな中、エミレーツ航空は今も関西国際空港に就航しているので、エミレーツ航空はおすすめです。

エミレーツ航空はドバイを拠点!ストップオーバーも検討してみよう


エミレーツ航空はドバイを拠点としているのでヨーロッパ往復便の航空券だとしてもドバイに立ち寄ることもできます。

ストップオーバー(途中降機)は航空券のクラスによっては追加料金なしで手配できます。上記のように検索すればストップオーバーの航空券を手配することができます。

▼ストップオーバーの詳細はこちら▼

また事前に予約をしておけばドバイ~アブダビ、アルアインまで空港シャトルバスを利用することができます。

エティハド航空はドバイ市内でチェックイン可能!アブダビ空港行きの無料シャトルバスがあるよ

エミレーツ航空ではないですが、私は以前、エティハド航空を利用したときに同じようなアブダビ空港⇔ドバイのシャトルバスを使いましたが便利でした。

エミレーツ航空はマルタ、チュニジア、アルジェリアなどのマイナー国にも就航!


エミレーツ航空はアフリカ諸国やヨーロッパへの路線が充実しており、それらの国へ1回の乗り継ぎで行けるのは魅力的です。

アフリカの就航都市は以下のとおりです。

アルジェリア(アルジェ)、ガーナ(アクラ)、ジンバブエ(ハラレヘ)、ナイジェリア(アブジャ、ラゴス)、アンゴラ(ルアンダ)、ギニア(コナクリ)、スーダン(ハルツーム)、モーリシャス、ウガンダ(エンテベヘ)、ケニア(ナイロビ)、セネガル(ガタール)、モロッコ(カサブランカ)、エジプト(カイロ)、コートジボワール(アビジャン)、チュニジア(チェニス)、エチオピア(アディスアベバ)、ザンビア(ルサカ)、タンザニア(ダルエスサラーム)、南アフリカ(ケープタウン、ダーバン、ヨハネスブルグ)

中東諸国の就航都市は以下のとおりです。

バーレン、イラク(エルビル、バグダッド、バスラ)、レバノン(ベイルート)、イラン(テヘラン、マシュハド)、ヨルダン(アンマン)、オマーン(マスカット)、クェート、カタール(ドーハ)、サウジアラビア(ジェッダ、ダンマン、ルディナ、リヤド)

特に私の大好きなマルタはカタール航空やエティハド航空も就航しておらずエミレーツ航空がダントツでコスパ良しです。

エミレーツ航空は大手アライアンスに加盟せず独自のマイレージプログラムを展開


エミレーツ航空はスターアライアンス、ワンワールド、スカイチームの大手アライアンスには加盟せずに独自のエミレーツ・スカイワーズというマイレージプログラムを展開しています。

なので逆にいえばエミレーツ・スカイワーズの上級会員であればビジネスクラスへのアップグレードも他の航空会社よりも確率が高いとの話もあるので、ヨーロッパ、アフリカ、中東へ頻繁へ行かれる人は上級会員を目指すのもよさそうです。


航空券のクラスは公式サイトでは表示されませんが、購入時にどれだけのマイルと上級会員になるために必要なティアマイルが貯まるかを教えてくれます。セールでない限りはエコノミークラスのフレックス(一番安い航空券)でも100%溜まります。


またエミレーツ航空はJALのマイルも貯めることができます。「エミレーツ航空に乗るけど、今後はエミレーツ航空は多分ないだろう」なんて人におすすめです。

ただ日本-ドバイ間は溜まらないクラスも多いので注意してください。

0%であればJALマイルを登録する意味はないので、この場合はエミレーツ・スカイワーズを登録しましょう。マイルの有効期間は3年となり延長できないタイプです。

エミレーツ航空のオーバーブッキングに遭遇するとお得!

エミレーツ航空はたまにオーバーブッキングをするようで、翌日便の振替えを志願した場合、その日のホテルはもちろん1年間有効な日本⇔ドバイのエコミノー航空券を無料でくれるようです。

私の知り合いまたはTwitterのフォロワーさんで実際にこのオーバーブッキングにあった人が2人います。私もエミレーツ航空に乗ることがあれば是非とも遭遇してほしいものです。

まとめ

エミレーツ航空は正直、カタール航空と比べると値段が少し高めなことが多いですが、それでもカタール航空ではいけないような国にも就航していることがあります。

私は過去にエティハド航空、カタール航空、エミレーツ航空と中東御三家に乗りましたが、この中だとサービスは一番良いと感じました。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑