free web hit counter

星のや東京 宿泊記!!部屋、施設、朝食、ラウンジなど徹底レビュー

公開日: 2019年 05月 03日
更新日: 2019年 05月 03日

オフシーズンは宿に比較的安く泊まることができるので、東京の高級宿を巡り歩きました。

お値段なんと1泊2名で約10万円…!東京・大手町にある星野リゾートグループが運営する「星のや東京」に宿泊しましたのでご紹介いたします。

星のや東京|星野リゾート【公式】

今回は一休.comで予約をしまして、私はダイアモンド会員なので即時ポイントが利用でき、85,000円ほどで宿泊することができました。

こちらのホテルは『塔の日本旅館』をコンセプトにしているそうで、公式HPのトップにも「東京の中心で現代によみがえる日本旅館」というスローガンがあります。

そのため、東京の中心にあるため建物はもちろんビルですが、ホテルではなくカテゴリとしてはあくまでも日本旅館とのことです。


星のや東京に到着!!2階ロビーで受付&13階のラウンジでチェック・イン

星のや東京には14時30分ごろにタクシーで到着し、地下1階から1階の玄関口に移動します。そこで驚いたのがこのような光景…。これはあとで教えてもらいましたが靴箱となり、旅館内は靴を脱ぐようになっています。

そのまま2階の受付ではウェルカムドリンクとして緑茶をいただきました。ここではチェック・インとならずに各フロアにあるラウンジでチェック・インとなるようで、今回は134という部屋で13階となり、13階にあるラウンジでチェック・インをします。

こちたが13階のラウンジとなります。

各フロアには約6室程度あるようで、各フロアにこのような施設があるのは驚きです。

各フロアにあるラウンジにはお菓子、飲み物などあり

チェックイン時に案内されたラウンジでは、お菓子やドリンクが用意されており、滞在中は自由に利用することができます。

20:00以降は、このように夜食としてチキンラーメンをいただくことも可能です。また後で説明しますが、このラウンジでは朝食としておにぎりが提供されます。

星のや東京の部屋!!今回は一番安い「桜」

星のや東京の客室は1フロアごとの部屋は少なく13階は6室のみあります。

私が宿泊した部屋は『桜』という「伝統の建築様式を大切にした日本旅館らしい部屋」で一番安く宿泊できる部屋です。

東京の中心地にあるにしては十分贅沢な部屋だと感じました。「和」をモチーフとはしつつも現代風なモダンを合わせたような作りとなっていました。


こちらがイスとテーブルとなります。


逆からみた部屋です。


テレビは壁に埋め込みで鏡となっているのですが、リモコンでつけると上記のように画面がでてきます。凄い。

お風呂は旅館ということですから、もちろんユニットバスではなくトイレとは別です。ガラス越しに部屋も見えますが、こちらはスイッチひとつで曇らせることができます。


シャンプー、リンスなどは意外とシェアするタイプです。外資系の高級ホテルであればボトルタイプですが、ここらへんは日系っぽいです。

歯ブラシなどは当然あり、Lirioという伊勢丹新宿などに店舗もある日系の会社のものでした。

アメニティの中には、入浴剤も用意されていて、私の宿泊した時にはカボスのような落ち着く香りのするものでした。もしかすると部屋のタイプや日によって異なるかもしれませんね。

このような部屋着が備わっており、部屋着といってもこれで旅館外を出歩いても問題はないとのことでしたが、外はオフィス街なのでちょっと恥ずかしいかも。

これとは別にパジャマもあります。ガウンは旅館なのでありませんでした。

東京駅・大手町という場所にも関わらず露天風呂の温泉が!!

旅館といえばやはりこれでしょう。温泉です!

現場から組み上げているのか、どこからか運んできているのかはわかりませんが、天然温泉だそうです。内風呂だけではなく、露天風呂もありました。

早い時間に行ったため、他のお客さんがあまりいなかったので脱衣所で一枚パシャり。夜は妻が行ったのですが、混んでいたようでゆっくりしたいのであれば夜でも朝でもなく17時ごろがおすすめです。

時間限定ですが、このように牛乳・コーヒー牛乳の提供もあります。氷水で冷やされていてなんとも風流です。

伝統芸能を愉しむ夕べ。お酒も無料で振る舞われます

お風呂もあがり、2階ロビーでイベントが行われるということで訪問してみました。

2階のレセプションラウンジでは、甘酒などのお酒が提供され伝統芸能鑑賞を楽しむことができます。外国人観光客も多く、会場は拍手喝采でした。


今回は晩ごはんは食べなかったので小腹が空きラウンジでチキンラーメンを頂きました。1泊10万円のホテルで食べるチキンラーメンもおいしい。

この後は、スパにて無料で深呼吸のアクティビティを受けることができたので、それを受けたまま気持ちよく寝ることができました。

朝食は本格的な和食を部屋で頂く!!洋食もあります。

朝食は和食・洋食を選ぶことができ、もちろんお部屋まで運んできてくださいます。一人4,000円です。朝食はレストランでは提供されないので、もしご希望の人は部屋で頂くことになります。

釜飯もあり贅沢な朝の時間を過ごすことができます。

ラウンジでも無料でおにぎりが提供

朝はフロアごとのラウンジにて、宿泊者全員が利用できるおにぎりの提供があります。お腹もいっぱいですが気になったので潜入してみます。

私が宿泊したおにぎりの具は「アミ海老」と「梅」でした。おにぎりといってもちゃんと丁寧に用意されたものなので、これでも十分だったかもしれないです。

星のや東京の外観!! 星野リゾートがこだわりをもって建設

星のや東京の外観はこのような変わった建物です。ビルが黒い麻の葉崩しとよばれる模様で覆われており、他のビルから客室など旅館内部が見えない造りになっています。

中からはこのように隙間があり外の景色が見られますが、外からは一切見えないということですね。昔の知恵を活かされているようで和を感じました。

最近だとどこかのホテルを買い取ってリフォームする…というところが多いのですが、ここは0から星野リゾートが建てた旅館となります。玄関の靴箱をみてもよく理解できます。

12時チェックアウトだったので、12時ぎりぎりまで滞在をさせて頂きチェックアウトをしました。夢のような一時でした。

まとめ:星野や東京は日系最高級ホテルのおもてなしだった

今回の宿は1泊約10万円と超高級旅館で、私自身も迷いましたがとても満足度の高い滞在ができました。

アクセス面も、丸ノ内線大手町駅から駅直結で行くことも可能ですので、悪天候の日でも雨に濡れる心配はありません。

旅館内の体験、ツアーなどが充実しております。私が受けた体験は無料でしたが、多くのプログラムが用意されておりどれもいいお値段がします。

夕食も今回はいただきませんでしたが、1名2万円ほどします。それでも宿泊者しか行くことが許されずに予約でいっぱいだそうですので、興味のある方はぜひ利用してみてください。他にもルームサービスなどもありますので、旅館の外に出なくても十分満喫することが可能です。

星のや東京のレビューについては私のYouTubeチャンネルでも紹介しております!!より臨場感があり星野や東京のおもてなしが理解できると思います。

The following two tabs change content below.

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. 杉下左京 says:

    こんばんは、左京と申します。初めてのコメントです。
    毎日、YouTubeを楽しみに拝見しております。
    私は特に海外旅行やハイクラスホテルに興味があるので、今回の星のやは楽しく拝見しました。
    また、夜食の場面などは、おのださんの飾らない面が垣間見えて「ほっと」しました(失礼)
    できれば次は、夜景が素晴らしいパークハイアット東京のおのだ 流宿泊記を期待しております!

    • おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber) says:

      ありがとうございます!パークハイアット東京もぜひとも泊まってみたいです^^

  2. いさ says:

    正直微妙だったでしょ、もしそう思われたならそれなら次は無いかなーとかyoutubeでは言ってくれた方が参考になります。
    マレーシアのシャングリラもあそこは終わってるんで変に褒め場所さがすより駄目なホテルは駄目と言っていただきたいです。

  3. さと says:

    おのださんの大ファンでいつも楽しく見ています。
    これからも楽しいためになる動画を期待しています!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメントは承認制なので反映されるまで時間が掛かります。

Back to Top ↑