free web hit counter

アメックス・センチュリオンカードは年会費35万円 入会金50万円!!特典、取得方法は?!

公開日: 2019年 05月 04日
更新日: 2019年 07月 09日

アメックス・センチュリオンカードは、年会費35万円さらには入会金50万円というクレジットカードです。クレジットカードで入会金を取るってどんな殿様商売だよ…と思う人もいるかもしれないですが、それでも入会を希望する人は沢山います。

今回はそんなアメックス・センチュリオンカードの特典、入会方法などについて紹介します。このアメックス・センチュリオンカードはアメックス公式にも掲載されておらず、あくまでもネットにある情報をまとめて作成しておりますので、間違いもあるかもしれないです。その点はご了承下さい。

※このブログ掲載の画像は私のYouTubeを観てくださっている視聴者の中にセンチュリオンカードを持っている方がおり、頂いた素材です。


アメックス・センチュリオンカードはアメックス最高ランクのクレジットカード


アメックスのオリジナルカードには4種類のクレジットカードがあります。

入会金 年会費
アメリカン・エクスプレス・カード 0円 12,000円
アメリカン・エクスプレス・ゴールドカード 0円 29,000円
アメリカン・エクスプレス・プラチナカード 0円 130,000円
アメリカン・エクスプレス・センチュリオンカード 500,000円 350,000円

アメックス・プラチナの年13万円でも相当高いクレジットカードですが、その約3倍となります。また入会金を取るアメックスはセンチュリオンだけとなります。

アメックス・センチュリオンカードの特典

私も一番気になっていたのがアメックス・センチュリオンカードの特典ですが、今までここらへんについて詳しく述べている人はいませんでした。

アメックス公式にも掲載されていないですし、このセンチュリオン・カードを持っているような人はブログなどで情報発信していない人がほとんどでしたが、唯一、ネタシンスというブログを運営している方がセンチュリオンカードを持っており情報発信をしていました。

アメックスセンチュリオンカードって持つ意味あるの?使える特典まとめ|ネタシンス

正直、そこまで「神!」という特典はありません。プラチナカードにプラスαの特典が加えられているという感じです。今回はアメックス・センチュリオンカードでも特に良さそうな特典のみをピックアップして紹介します。

ホテルの上級会員

ホテル・プログラム  会員ランク
シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ (シャングリ・ラ・ゴールデンサークル) ダイヤモンド会員
 ヒルトン・ホテルズ(ヒルトン・オナーズ) ダイヤモンド会員
マリオット ホテル & リゾート(Marriott Bonvoy) ゴールド会員
カ―ルソン レジドール ホテルズ(クラブ・カ―ルソン) ゴールド・エリート
インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ(IHG) プラチナ会員

カードを保有しているだけで上記の特典が与えられます。シャングリラ、ヒルトンは最上級であるダイヤモンド会員になり、アメプラだとゴールド会員となるので、これは素晴らしいです。ダイヤモンド会員だとラウンジアクセス権がついてきます。

またインターコンチネンタルもプラチナ会員となります。ただやはりホテルといえばMarriott Bonvoyですが、これはアメプラ同様にゴールド会員です。これはせめてラウンジアクセス、朝食無料となるプラチナ会員としてほしいところですね。

航空会社の上級会員

プログラム  会員ランク
エミレーツ航空スカイワーズ ゴールド会員

またアメックス・センチュリオンカードとなると保有だけで航空会社の上級会員となることもできます。エミレーツ航空のゴールド会員になることができ、エコノミークラスでもラウンジアクセス、優先チェック・イン、優先搭乗が可能です。

ただエミレーツ航空は大手アライアンスに加盟していないので、エミレーツ航空または個別の連携航空会社のみ恩恵をうけることができるのでANAのSFCやJALのJGCのような旨味はありません。

せめてデルタAMEXゴールドのようにデルタ航空のゴールドメダリオンがついてほしいところですが、現状はエミレーツ航空のみのようです。

専属のコンシェルジュ

アメックス・センチュリオンカードといえば有名なのが専属のコンシェルジュが担当してくれると説明しているブログが多いのですが、本当にそのようです。

アメプラでもコンシェルジュサービスはありますが、電話するごとに担当者は変わるので、これはうれしいですね。

配偶者の家族カードもセンチュリオンカードで無料!!配偶者以外はプラチナカード

センチュリオンカードを持つと配偶者の家族カードも無料で発行されセンチュリオンカードとなるようです。また両親や子供などの家族カードは券面がプラチナカードとなるようです。これは面白いですね。

なのでセンチュリオンカードを持っている人は、本会員または配偶者ということになるようです。

アメックス・センチュリオンカードに入会する方法

アメックス・センチュリオンカードは、アメックス・プラチナを持っている一部の会員に案内がされます。案内は電話で掛かってきてされるようで、申込は担当者がカフェや自宅まで来て申込書を記入させられるようです。

もちろんアメックス・プラチナで多くの決済実績がある人に声が掛かるようですが、それだけではなくアメックスが理想としている使い方をしている人に声が掛かるとの話もあります。

具体的には以下の通りです。

・アメックスのコンシェルジュを頻繁に利用してレストランなどを予約している
・日本国内だけでなく海外の高級ホテルなど決済している

など。なので単純に決済金額が高ければいい!という問題だけではなさそうです。目安は年間1,000万円以上の決済となります。なので月額だと100万円以上を利用…!中々、ハードルが高いです。

他にも上場企業の役員など社会的ステータス、賃貸よりも持ち家のほうが良い、など色々な話はありますが真相はわかりません。

アメックス・センチュリオンカードを持っている人

芸能人だと郷ひろみ氏、神田うの氏、ダウンタウンのはまだ浜田雅功氏が持っているとの噂もありますが、真相はわかりません。


また投資家として有名なcis氏はインビテーションが届いたようです。なので決して芸能人や経営者でなくても狙えるようですが、それなりに尖ったものがないとインビテーションは厳しいようにも思えます。

Instagram、Twitter、ブログでも所有している人はいるようですが、プラチナに比べるとあまり情報はでてきません。

日本はアメックス・センチュリオンカードにビジネスカードは存在しない


アメックスにはビジネスカードもあり、ビジネスカードもグリーンの券面の普通カード、ゴールドカード、プラチナカードがありますが、センチュリオンカードはビジネスカードには存在しません。

なのでいくらビジネスカードで頑張って決済をしていてもセンチュリオンカードは届かないということです。

アメックス・センチュリオンカードの競合カード

アメックス・プラチナであればダイナースだとプレミアムカード、JCBだとJCB THE CLASS、ラグジュアリーカードだとゴールドカードがほぼ同等のクレジットカードが他社には存在しますが、ダイナースやJCBにはアメックス・センチュリオンカードに相当するクレジットカードは今のところありません。

正直、クレジットカードのステータスは年々なくなってきており、年会費さえ払う覚悟があればアメックスプラチナカードも誰でも持てるカードとなりつつあるので、もし希少性やステータスをクレジットカードで持ちたいのであれば、アメックス・センチュリオンカードを持つしかなさそうです。

アメックス・センチュリオンカードは定員が決まっている!!

アメックス・センチュリオンカードは日本だと約8,000人が保有しているようです。日本以外にもアメリカ、香港、シンガポールなど主要国では発行しているようですが、その中身はクローズドとなっています。

センチュリオンは他のカードと異なり定員が決まっているので、アメックス・センチュリオンカードを大量解約されれば、その分、枠が空きプラチナ会員に声が掛かるようになっています。

逆にどんなにプラチナ会員が実績を作ったとしてもセンチュリオンの既存会員が解約をしなければ、お声は掛からないということです。

アメックス・センチュリオンカードの加入条件

YouTubeでセンチュリオン保有者との対談もアップしています。是非こちらも御覧ください。動画の中身を要約すると以下のとおりです。

・IT系社長32歳(センチュリオンは30歳から保有)
・アメックス歴は約10年
・「センチュリオンに加入しないですか?」とお誘いがアメックスからあったときはアメックスプラチナ(個人)&ビジネスプラチナを保有
・アメックスプラチナ(個人)の決済額は月200〜300万円
・アメックスプラチナ歴は2年(それまではゴールド)

以上のように回答を頂きました。

30歳でも月200〜300万円を決済しておけばお誘いがくるようです。年齢を聞いたとき私と同じでびっくりしたのですが、ここがハードルが高そうですね。

その方がいうにはやはりT&E(トラベル&エンターテイメント)の決済も重要だと思うとのことで、航空券、海外決済、高級ホテル、ミュージカルなどの決済が多ければ誘われる確率が高いとのことでした。コンシェルジュにお願いすることも重要だそうです。

また噂ではアメックス側もセンチュリオンカード候補者リストのようなものがあるようで、その候補にアメックス担当から入れてもらうことも重要とのことです。

ビジネスカードでの決済はあまり重要でなく個人カードの実績が重要ですが、アメックス側もあきらかに法人向けの決済(弥生会計の支払いなど)なのに個人カードでやると嫌がられるかもしれないとのことです。

※あくまでも一人のアメックスセンチュリオン保有者の予想なので、誤った情報もあるかもしれないですが、センチュリオンを目指す方の参考にしてもらえれば幸いです。

まとめ:アメックス・センチュリオンカードはクレジットカードマニアなら是非とも持ちたいカード

今までアメックスについて色々と記事を作成してみましたが、アメックス・センチュリオンカードについては特に紹介をしておらず私自身も噂程度しか知らなかったので改めて調べて紹介しました。

調べてみた結果、もちろん入会金50万円、年会費35万円は驚きですが、特典の内容は意外と現実的なようにも感じました。これだとコスパ的にはプラチナのほうが良いかもしれないです。

ただやはりセンチュリオンといえばクレジットカードの王様的な位置づけで、私も身近にセンチュリオンカードで決済をしている人がいれば驚くこと間違いなしです。なのでここまで求めてる人はコスパよりも憧れでセンチュリオンを持っている人も多いかもしれないです。

悲報?!吉報?!AMEXプラチナがインビテーション制から誰でも申し込みのできるクレジットカードに変更!!

2019年よりアメプラも招待制から誰でも申し込みができるようになりましたし、2018年ごろよりブログでもちょこちょこセンチュリオンのお誘い電話があった報告がでてきています。なので徐々に門は開かれているのかもしれないですが、それでも凄いカードには間違いないです。

私もアメプラを持っているのでもしお誘いが来れば非常に迷うところです。もしアメックス・センチュリオンカードを持ってみたい!という人がいるのであれば、アメックス・プラチナで実績を作りましょう。

【アメリカン・エクスプレス プラチナ・カード】ご紹介プログラム | Facebook

私の紹介経由であれば60,000ポイントがボーナスで貰えるので公式サイト経由よりもお得です。

アメックス担当者を私から紹介することも可能です。センチュリオンは不可ですがプラチナまでなら紹介できます。ご希望の方は以下のメールアドレスまで連絡ください。入会ボーナスの条件は基本的に同じで都内であれば対面形式で入会することができます。アメックスの社員なので細かい質問も可能です。
メールアドレス:onoda_team@kankeri02.com
The following two tabs change content below.

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


Back to Top ↑