free web hit counter

マレを含むモルディブを個人旅行する前に知っていきたいこと(両替、SIM、言語、物価など)

公開日: 2018年 06月 09日
更新日: 2018年 06月 09日


2018年5月にモルディブを個人旅行してきました。

人口密度が世界一高い首都のマレとリゾートホテル(シェラトン モルディブ)どちらともに滞在しました。モルディブに旅行する多くの人はリゾートホテルしか泊まらないので、あまり個人旅行に関することやマレの情報がなかったので、これからモルディブを個人旅行される人のために知っておきたい、両替(通貨)、言語、SIMカード、物価などの情報をお伝えいたします。


モルディブ・マレのお金の事情(物価、通貨、クレジットカード)

ここではモルディブのお金の事情について紹介します。

モルディブの物価は?空港のバーガーキングのワッパーセットが1,400円!!


モルディブの物価でよく紹介されているのがバーガーキングで、バーガーキングはモルディブにある数少ない世界的なチェーンのお店です。マクドナルドもスターバックスも2018年5月現在は出店してないです。

そのバーガーキングのワッパーのセットがモルディブだと12ドルと約1,400円となります。外資系のバーガーキングは高めです。


マレのカフェであればコーヒー300円、ハンバーガーセット900円程度と安くはないですが、決してそこまで高いといったことはありません。日本よりも品質に対して多少コストパフォーマンスが悪い程度でしょうか。


上記のコーヒー、フレッシュジュース、パンケーキで2,000円程度でした。

モルディブには現地通貨ルフィヤがある!!マレに滞在をするのであればもっていたほうが良い


モルディブにはルフィヤという現地通貨があります。

ちなみにモルディブの紙幣は亀、マグロなどのデザインとなり非常にキレイです。このモルディブの紙幣をお土産に持って帰っている外国人もちらほら両替屋で見かけました。

1 ルフィヤ=7円(2018年6月9日現在)

基本的にリゾートホテルだけ行くのであればルフィヤは不要ですが、マレに滞在するのであば持っていたほうが無難です。

モルディブはマレであっても米ドルが使える店が多く、私もSIMカードを買うときに米ドルで支払いをしましたが、ちゃんと受け取ってくれました。

ただ計算にかなり時間が掛かったりするので、ルフィヤのほうが無難です。

モルディブでクレジットカードは結構使える!!


モルディブはクレジットカードがかなり普及しており、ある程度のレストランであれば受け付けてくれます。嫌がられることもありませんでした。

上記のように市場でもクレジットカードが受け付けてくれるところがあるくらいです。

モルディブで両替するベストな方法は?ATMでのキャッシングもできる


モルディブにはBANK OF MALDIVES(モルディブ銀行)があり、空港にもあります。

なのでここで両替をすることもできますが、レートも表示されておらず、私も帰国時に利用をしたのですが、「日本円も米ドルもないからユーロでいい?」とスタッフにいわました。米ドルがないほどやる気もないようなところです。

おそらく米ドルやユーロであればモルディブのルフィヤに両替はできると思いますが、日本円だと厳しいと思います。


ATMは空港や街にあるので、クレジットカードで海外キャッシングがレートもよく確実です。

セディナカードの海外キャッシング(ATM)は無料で両替できる無敵クレジットカード

モルディブのSIMカード・フリーWiFi事情

モルディブでもSIMカードを購入することは可能です。

私もマレ滞在中に買ってみましたが、2.5GBで220ルフィヤで約1,500円程度です。あとはSIMカード本体代も200円程度掛かりました。パスポートを持参すれば誰でも即時で発行できます。

ミャンマー同様に意外と楽天グループのViberがモルディブでは人気のようです。

ミャンマーなどにもあるOoredooで4Gも対応していました。モルディブのリゾートホテルだけの滞在であれば島ではほとんどフリーWiFiがあるので必要はないと思いますが、マレに滞在するのであれば持っていたほうが良さそうです。

モルディブはほとんどの人が英語を話す


モルディブはディベヒ語という現地の言葉がありますが、ローカル感の強いマレであっても英語はレストランなどではほとんど英語は通じました。

モルディブの治安は悪くはなさそう


モルディブは観光立国なだけあってマレでも夜であっても治安がある悪いとは感じませんでした。非常に穏やかにです。

まとめ

以上、特に私がモルディブに行くまでに知りたかった情報をまとめてみました。

最近だとエアアジアもクアラルンプールからマレまでフライトを飛ばしており、格安航空会社(LCC)でモルディブまで行けてしまう時代になっています。

おそらくモルディブの個人旅行やまたリゾートホテルにいかなくてもマレ島またはフルマーレ島だけに滞在する…という人もこれからどんどん増えてくると思うので、参考にしていただければ嬉しいです。

The following two tabs change content below.

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメントは承認制なので反映されるまで時間が掛かります。

Back to Top ↑