free web hit counter

シェラトン モルディブ宿泊レビュー。朝食、ラウンジ、各施設を徹底紹介

公開日: 2018年 05月 14日
更新日: 2018年 05月 15日


2018年5月にモルディブ旅行をした際にSPG系列のシェラトン モルディブズ フルムーン リゾートに宿泊しました。

シェラトンはまだ私がSPGという名前も知らないときにクアラルンプールで宿泊して、それ依頼の宿泊となります。しかも今回はマリオットのプラチナチャレンジでSPGのプラチナ会員になっていますので、プラチナ会員としての宿泊です。

今回は一番安い部屋を予約したのですが、プラチナ会員ということで、どこまでアップグレードしてくれるのか?またその他のベネフィットなどをまとめて紹介します。


もちろん私があったとで期待していたのはバンガローのお部屋です(笑)


今回、私が予約した部屋はデラックスルーム。アップグレードで2倍以上の値段のプール付きコテージに!!


私が今回予約した部屋ですが、SPGポイントで1泊20,000ポイントで予約しました。通常だとUSD280なので1泊約3万円です。モルディブのリゾートホテルは1泊10万円、20万円するところもあり、それがモルディブ旅行では当たり前な雰囲気があるので、それを考えるとお手頃ともいえます。

宿泊日:2018年5月6日~8日
※5月のモルディブは雨季がスタートする時期でスコールも定期的に降りましたが、滞在中はほとんど晴れてました。
予約した部屋:デラックス(禁煙)280USD
アップグレードされた部屋:プール付きコテージ(禁煙) 482USD
SPGプラチナで受けたベネフィット:ラウンジアクセス、朝食無料(本人+同伴者1名)、無償アップグレード、アーリーチェックイン、16時までのレイトチェックアウト

さきにネタバレをいたしますと、今回はSPGのプラチナ会員ということで3段階の無償アップグレードを当日に案内頂き、プール付きコテージとなりました。1泊5万円程度とさすがプラチナ会員です。

モルディブといえばバンガローをイメージする人も多いと思いますが、さすがにバンガローはなりませんでした。

噂では「ハネムーン」といえばSPGプラチナでバンガローになった人もいるようですが、今回は別に私達の場合だとハネムーンでもないのでさすがにバンガローは無理だったようです(笑)

マレ空港からシェラトン モルディブズ フルムーン リゾート & スパまでスピードボートで!


モルディブのマレ空港は上記のように到着ロビーに各ホテルの受付がずらりとあります。ここでまず受付にいき、船に乗ったり、水上飛行機に乗ったりして各ホテルに向かうことになります。


我々もまずはカウンターに行きます。3日前にシェラトンからメールがきて、「フライト時間はいつか?」というのを確認されたのでスムーズに受け付けてもらうことができました。

ちなみに我々が乗ったシンガポール航空のように深夜到着便が意外とマレは多いです。1泊の値段が高いので正直、深夜チェックインはもったいないですよね。なので私はマレのそこそこ安いホテルに前泊して朝にこのマレ空港に再び戻ってきました。


では20分程度待ち、他の乗客と一緒にホテルまで向かいます。ちなみにこの移動ももちろん有料で往復一人136ドルです。

まだシェラトンは船で15分程度のところなので安いほうですが、これが飛行機ともなるとかなりの移動費となります。モルディブで個人旅行をすると意外とこういったコストがあるのでご注意下さい。

基本的に一つ一つの島にそれぞれホテルがあるようになっておりいます。モルディブすごいとしか言いようがないですね…。


船ではおしぼりと水を頂きました。さすがです。


船で15分程度でついにシェラトン モルディブズ フルムーン リゾートに着きました。スタッフが手をふってお出迎えしてくれました。


受付ではココナッツジュースをウェルカムドリンクとして提供してくれ、ここで部屋の説明を受けます。ちなみに私達はなぜかSPGのゴールド会員として認識されておりました。多分、プラチナ会員だとラウンジに案内されてからラウンジでチェックインだったと思うのですが、人も少なかったので問題なしです。

シェラトン モルディブズ フルムーン リゾート & スパの情報は上記に詳しく記載されています。是非、これから行かれる方はこちらをみて事前勉強してください。


こちらが島の各レストランなどの施設の営業時間となります。


シェラトンのマップです。こうみるとわかりますが本当に島がホテルだけです!

ここでプール付きコテージにアップグレードされたことを案内されます。ありがとう!!


ではカートで部屋に向かいます。

シェラトン モルディブズ フルムーン リゾート & スパのプール付きコテージの部屋を紹介!!過去泊まったホテルでNo.1の満足度


こちらが今回泊まったプール付きコテージです。部屋は239となります。萱葺きの屋根でメンテナンスも大変そうです。


こちらが私達が今回滞在した部屋となります。あまりに光が入りすぎて写真が白飛びしています(笑)


こんなソファーもあり、ウェルカムクッキーもありました!!


自分たちは水をある程度は持参したのですが、500mlのボトルはいえば何度でも無料でいただけます。


なんといっても部屋には個人で使えるプールがあり、最高です。奥には更にはビーチがあり、このビーチはおそらく我々と同じプール付きコテージに滞在しないと行けないようになっているので、人が少ないです。


逆からもプールにいるときに撮ってみました。雨が降っていても、すぐそばに部屋があるので気持ちよく楽しめます。

ハワイや沖縄でもリゾート地はどこも混んでいますが、モルディブは他の宿泊者との間隔もかなりあるというところが他のリゾート地とは違うところだなと感じました。普通だとチェアーなんて取り合いになると思いますが、モルディブだとそんなこともありません。


ちなみにビーチタオルは部屋に用意してくれています。またシュノーケリングなどの道具も無料でダイビングセンターで借りれます。

部屋にあるプールにはシャワーもありますので海から帰ったあとはすぐに体もきれになります。


またプールのシャワーとは別にバスタブ、トイレ、シャワーもあります。


このお風呂ですが、なんと外にあります。壁が高いのでプライベートな空間となっており、夜は星を眺めながらシャワーやお風呂に浸かることができます。


アメニティはシェラトンブランドのものでした。


夜だとこんな風にバスタブにお湯に浸かり最高に気持ちいいです。トカゲはいますが意外と蚊はおらず外でも快適です。

シェラトン モルディブズ フルムーン リゾート & スパのラウンジ「シェラトン・ラウンジ」

シェラトン モルディブズ フルムーン リゾート & スパにはラウンジもあります。

今まで私も色んなホテルのラウンジに行ってきましたが、ここのラウンジですが、人も少なく、眺めもよく現時点でNo.1ともいえるラウンジでした。


ラウンジはあまり人もおらず、広々としています。


またラウンジ専用のプールもあります。プールで泳いでる人は滞在中あまりみなかったですが、ここからみえる海が最高に気持ちいいです。


またホテルのスタッフもラウンジを利用している人が少ないことから、自分たち日本人&韓国人カップルということを認知してくれて滞在中は気を使ってくれました。またホテルの支配人と思われる人からもお声がけ頂きました。

今までラウンジを利用してこのような経験はなかったので非常にうれしかったです。日本だと多分、人が多すぎてありえないですよね。ここのラウンジはSPGプラチナ、ラウンジアクセス権のあるオプションまたは部屋を選んだ人、あとおそらく挙式をやるようなカップルもいたようなので、そういった人たちがアクセスできると思います。

是非とも、ここのシェラトンに滞在する人はラウンジアクセスができるよう調整してみてください。


常に飲み物やマカロンなどの軽い食べ物もあり、夜はお酒、朝は朝食も提供されます。


モルディブの島で常にラウンジで飲み物が飲めるのはかなりありがたいです。


午後になるとチョコレートやフルーツもありました。


ラウンジでも朝食を食べれるので2日目の朝食はラウンジで食べました。料理はレストランよりも少ないですが、人が少なくてメニューで提供されます。


こちらがモルディブ料理です。インドやスリランカに地理的に近いからか、やはりカレーです。


また朝食時はビュッフェも軽くではありますが用意されています。

シェラトン モルディブズ フルムーン リゾート & スパの朝食


朝の朝食はfeastというところで食べることができます。この島にはホテル施設のレストランしかないので、朝食付きのプランを強くおすすめします。


食事は非常においしく、本当にこんな不便な場所にあるのにこれだけの食べ物を用意してくれているのが不思議なくらいです。


マグロもありますので是非とも食べてみて下さい。モルディブではマグロが沢山獲れるようです。


雰囲気も中々良いです。

シェラトン モルディブズ フルムーン リゾート & スパのその他施設


ここのシェラトンには他の高級ホテル同様にジムもあり、かなり設備も新しいです。

他にも卓球台やテニスコートもあり、そこまで利用している人はいませんでした。

もし連泊される人は利用を考えてみましょう。


また毎日17:30にサメの餌やりもAnchorage Barで行われます。このサメは意外とビーチでも泳いでいたりするのですが小さくて襲われるということは(多分)ないのでご安心下さい。


Anchorage Barは上記のような感じでとても快適です。


SPAも橋を渡った先にあるので新婚旅行など特別なイベントで滞在される人は検討してみましょう。

値段は合計120分、カップルで450ドル以上~でした。

チェックアウトの流れは?RELAXルームで滞在もできる


実はかなりチェックアウトのことをチェックインのときから考えていたのですが、それについては心配無用でした。すべてシェラトン側でチェックアウトのときの流れを用意してくれています。上記は最終日に部屋の扉に置かれていた手紙です。

チェックインのときにフライト情報を教えたのですが、それにあわせて船の時間を決めてくれています。


チェックアウトをするとき荷物は部屋に置いておけば、船まで運んでくれます。


チェックアウト後は通常だと12時、SPGプラチナだと16時でした。自分の場合だと23時25分のフライトだったので夜まで滞在する必要がありました。

意外と知られていない?ホテルは交渉すればレイトチェックアウトを無料でしてくれることもある!

電話で軽く交渉しましたが、さすがに16時以降のチェックアウトはさすがに無理でした(笑)たださすがモルディブのホテル!ちゃんとチェックアウトしたあとの人のことも考えてくれており、RELAXルームところで休んだりシャワーをあびたりすることができます。


これはありがたいですね。


別れを惜しんでモルディブを去ります。

まとめ:今までで最高の滞在だったシェラトン・モルディブ


私は2泊しかしていないのですが、本当にもっと滞在をすればよかったと今となっては後悔するくらい本当にモルディブのシェラトンは素晴らしい滞在でした。

今まで色んな定番のハワイからキューバのバラデロまで世界のリゾート地に行ってきましたが、モルディブがダントツでNo.1です。

The following two tabs change content below.

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメントは承認制なので反映されるまで時間が掛かります。

Back to Top ↑