懸賞はSNSで影響力がある人ほど当たりやすい

公開日: 2016年 04月 02日
更新日: 2016年 06月 11日

私は懸賞が大好きです。高校生のときから、色んなキャンペーンに応募しています。

最近だとTwitterのアカウントで「フォロー&リツイートすると○○○○名様に○○が当たります!」なんてキャンペーンが多いです。大抵の企業は「厳選に抽選します」などの文言が付いていますが、おそらくですが多くの企業が無作為には選んでいません。


ハンバーガー1年分を当てたNo.1 ユーチューバーのはじめしゃちょー

過去にマクドナルドがハンバーガー1年分が当たるキャンペーンを実施していますが、人気ユーチューバーのはじめしゃちょーが当たっています。応募者が10万人近くで10名の当選者です。

ランダムではじめしゃちょーが当たる確率は0ではないですが、これがランダムで選ばれたとは到底思えない…。

企業は拡散されることを目的に懸賞を実施している

ここ数年、SNSを利用した懸賞を実施する企業が増えています。
これらの目的は、商品を提供して拡散されることを目的としていますから、そうなると残念ながら無作為ではなく、Twitter、Instagram、Youtubeなどで影響力のある人をピックアップして商品を提供していると思われます。

おのだ まさし(@kankeri02)さん | Twitter

私もここ1年ほどでフォロワーはありがたいことに1,500人(フォロワー-フォローだと1,000人ほど)ほどおりますが、フォロワーが増えるにつれて懸賞も当たりやすくなってるような気がします。例えば、bitFlyerでビットコイン4,000円分が当たったり、生茶なども当たっています。

これが、Twitterのたまごの初期アイコンでフォロワーが全くいないアカウントだと、いくら応募しても当たる確率はかなり低いと思われます。

SNSの懸賞で当たりやすくするには影響力のある人になること

DSC08854
SNSの懸賞は、逆に言えばある程度、自分が影響力のある人であれば有利ということです。 またアイコンが顔写真、登録名が本名であれば、企業側としても選びやすいと思います。最近だとモニターと称して、企業の新商品を無料配布するところも増えています。


私は外れたのですが、人気ブロガーの方がNECのLAVIEのモニターに当選しました。これもNECからすると「この人なら積極的にブログやSNSで少迂回してくれそう」と考え、この人にお願いをしているんだと思います。普通に買おうとすると15万円ほどする商品なので、侮れません。

私も一応ブロガー?としてこういった懸賞やモニターに積極的に応募していこうと思います。

皆さんもこういった懸賞やモニターを当てたいのであれば、フォロワーを増やす努力をしたり、アイコン、自己紹介をきちんとしていたほうが良いでしょう。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑