free web hit counter

スターラックス航空の初便フライトに搭乗!!🇹🇼2020年1月23日就航(桃園⇒ダナン)

公開日: 2020年 01月 24日
更新日: 2020年 01月 24日


2020年1月23日(木)に台湾の新規航空会社であるスターラックス航空(Starlux Airlines)が就航しました。

就航路線は台北~マカオ、台北~ダナン、台北~ペナンの3路線で、デイリー運航でマカオ線は3往復6便、ダナン線は2往復4便、ペナン線は1往復2便、機材はいずれもエアバスA321neoが使用されています。

台北発、ダナン行の初便フライトに搭乗しましたのでご紹介します。

スターラックス航空としての初便は7:30発の台北発、マカオ行きの便だったのですが、航空券は販売開始から約10分で満席となったようです。

2020年1月23日(木)
台北(桃園国際空港)07:40発 ⇒ ダナン国際空港09:35
座席番号:35K
航空券の値段(片道):約3万円

就航日のスターラックス航空チェックイン


早朝5時、まだ真っ暗な桃園国際空港の国際線第1ターミナルに到着しました。

ターミナルの案内板には新しいスターラックス航空の文字とロゴが追加されていました。航空コードはJXです。

チェックインカウンター6番がスターラックス航空のチェックインカウンターで、すでに多くの人が手続きを行っておりました。

空港内は台湾の旧正月前ということもあるのか、早朝5時にもかかわらず大混雑しておりました。


今回はエコノミークラスの搭乗なので、エコノミーのレーンに並びます。

ビジネスクラス専用のレーンもあるほか、上級会員レーンもあります。

新規就航のため、他の航空会社のステータスを所持しているとスターラックス航空の上級会員となれるステータスマッチを開始しており、私はJGCダイヤモンドを所持しているので申請したのですが、残念ながらこのフライトまでに間に合いませんでした。


スターラックス航空は名の通り宇宙をイメージした航空会社で、グランドスタッフの制服も宇宙服のような特徴的なものです。


チェックインを済ませることができ、スターラックス航空の航空券を手にしました。Androidのようなキャラクターが印字されていてかわいいですね。


チケット購入カウンターには大きな花も飾られていました。


運航初日から空港ラウンジもオープンしておりました。

GALACTIC Loungeという名前で、ここでも会社イメージの宇宙が使われています。

ラウンジの中をお届けできないのは残念ですが、そのまま搭乗ゲートへ向かいました。

スターラックス航空就航を記念したセレモニー


ゲートの前ではスターラックス航空就航を記念するセレモニーも行われておりました。

この方たちが私の搭乗するベナン行きの初便フライトのパイロット・客室乗務員です。

マカオ行きとベナン行きの搭乗開始時刻はほぼ同じなので2便のフライトを控えた多くのお客さんで集結していました。


就航日にスターラックス航空が所有している飛行機はエアバスA321neoの1種類のみです。

今後、就航路線が増えるとともに機材を増やしていく見込みで、現在エアバスA350を発注しているとのことです。

スターラックス航空初便フライトを一挙紹介!


いよいよベナン行きの搭乗開始です。ビジネスクラスのお客さんの後にゲートB1から搭乗しました。


座席は35Kという非常口横の座席だったため、足元は非常に広かったです。

ほかの座席でもレガシーの航空会社ということで窮屈ではなさそうでした。


搭乗時に初便フライトの記念品をいただきました。搭乗証明証のほか、マグカップが入っており、良い記念品です。


安全ビデオは宇宙がモチーフのアニメキャラクターが登場する大手航空会社に並ぶユニークな仕上がりだと感じました。

▼スターラックスの安全ビデオのフルはこちら▼
星宇航空機上安全影片 StarWonderers 星探者 | STARLUX Airlines – YouTube


定刻通りのプッシュバック、就航を記念しての放水アーチも行われました。


多くの現地スタッフに見送られながら、スターラックスの機体が出発です。


無事離陸し、黒と金色の翼がはばたく姿を拝みました。


エンターテイメントサービスも充実しており、現段階でも一部日本語に対応している作品もありました。


ヘッドホンにはスターラックス航空のロゴも印字されています。


シートベルト着用サインが消え、すぐに機内食の提供もはじまりました。

中華料理か洋食のいずれかから選ぶことができ、中華料理を選択したところ美味しそうな機内食です。

朝食メニューでは飲み物がコーヒー、お茶のホットのみとなるようですが、頼めば後からではありますがソフトドリンクも持ってきていただけます。

エコノミークラスとしては十分といえる機内食だと感じました。


機内誌も当然ピカピカです。ほかの航空会社と同様に機内販売品の紹介や路線図、機内Wi-Fiについてなどが載っています。


約3時間のフライトですが、周りのお客さんも静かにエンターテイメントを楽しんだりしながら、初便フライトを楽しんでいる様子でした。


無事、ダナン国際空港に着陸しました。こちらでも出発同様に放水アーチでの歓迎があり、まさに初便ならではの体験ですね。


飛行機を降り、入国するとダナンの観光局からプレゼントの花をいただきました。

ベトナム・ダナンとしても大歓迎の様子です。ダナン国際空港でもセレモニーが行われているようでした。

まとめ:新規航空会社の未来に期待

スターラックス航空は「台湾のエミレーツ航空」を目指しているそうで、サービスや機内食を見ても、そういった想いを感じ取ることができました。

2020年4月には桃園 −セブ島線の就航も決まっており、今回の機材と同じエアバスA321neoが使用される予定です。現状、ビジネスクラス8席、エコノミークラス180席ですが、今後エアバスA350の導入や日本へ営業認可の申請をしている様子を見ると成長に期待できる航空会社です。

今回のフライトはYouTubeでも公開をしておりますので、ぜひご覧ください。

The following two tabs change content below.

アバター

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


Back to Top ↑