「マイレージプラス」のマイルでANA国内航空券に交換する方法!わずか5000マイル!

公開日: 2015年 06月 06日
更新日: 2017年 03月 14日

united
ユナイテッド航空のマイルは5,000~8,000マイルでANAの国内航空券に交換することができます。また21日よりも前にウェブで予約すれば手数料や燃油サーチャージなど一切手数料は掛かりません。

本人以外の予約も可能で、家族、友人でもOKです。これがめちゃめちゃ大きいですね。

5,000マイル 800マイルより下のANA国内航空券
8,000マイル 800マイル以上のANA国内航空券
(羽田⇒那覇など)

伊丹⇒沖縄でも800マイル以下で5,000マイルが手配できますので、ほとんどのANA路線が5,000マイルで手配できちゃいます。

このページではANA国内線の手配方法を掲載していますが、動画でもアップしているのでこちらも是非みてください。

MileagePlusセゾンカードは驚異の還元率1.5%!私もメインカードしているカードです。

またユナイテッド航空のマイルは、飛行機に乗らなくてもクレジットカードで買い物をするだけで効率よくマイルを貯めることもできます。


ユナイテッド航空のページでANA国内航空券を手配する方法

ユナイテッド航空のウェブページにてANA国内航空券をマイルに交換するのは非常にシンプルです。

ユナイテッド航空-航空券、キャンペーン情報、運航状況

まず上記ページからユナイテッド航空のページに行き、ログインします。

tehai
そのあとに上記のように自分が希望するフライトを検索します。ITMは伊丹空港、HNDは羽田空港の空港コードです。

そして「特典旅行の検索」を入力するのを忘れないようしましょう。

unite_ana
あとは自分が希望する便が空席があるかないか確認をできます。伊丹⇔羽田であればANAも沢山飛んでいるので、正月のピークシーズンを除いては席があります。

unite_ana2
あとは日程を決めれば好きな時間のフライトを選びます。そしてページを進めていくと以下のページに移ります。

unite_ana3
ここで旅行者などの情報を入力します。また5,000マイル以外に何も手数料など掛かっていないことを確認します。21日以内の予約であれば上級会員でない限り75ドル掛かります。

乗り換えありでも5,000マイルで手配できる

unite_ana3

マイレージプラスの場合、乗り換え便であっても800マイル以下であれば5,000マイルで手配することができます。

そのためANAが就航していれば、どんな地方であろうが5,000マイルで国内の移動ができます。当然1回のフライトより2会のフライトのほうがお得ですから、積極的に色んなところへ行ってみましょう。

出発地によっては800マイルを超えて8,000マイルになるかもしれないですが、オホーツクや石垣島だっていけます。

裏ワザ!マイレージプラスで発券した航空券でもANAやマイレージプラスのマイルを貯めることも!

通常、マイルで発券した航空券はマイルを貯めることができないのが一般的ですが、実はマイレージプラスで手配した航空券については、国際線乗り継ぎ扱いになっている航空券が多く、この航空券だと実はANAのマイルとSFCなど上級会員になるためのプレミアムポイントを貯めることができます。


実際に私は先日、マイレージプラスで手配した航空券で函館から大阪まで移動をしたのですが、マイルとプレミアムポイントを貯めることができました。ANAの場合、国内線だとマイルの2倍のプレミアムポイントを貯めれます。

冒頭でもお伝えしたとおり、マイレージプラスだと乗継があったとしても5,000マイルで飛ぶことができるので、無駄に沖縄、北海道を経由させる便をとれば、SFCをマイレージプラスで目指すことは不可能ではありません。私も2017年はSFCを目指しているので、これを活用しようかと思ってます。


マイルの登録はこのANA搭乗口に置いてある機械でサクッとすることができます。事後申請もできるはずです。

LCCや他社便でもOK!国内線の乗る度にデルタ航空のマイルが500マイル貯まります!

また更にこの航空券で、デルタ航空のスカイマイルも貯めることができます。日本国内線であればどんな航空券でもOKで、デルタ航空がおそらくマーケティングのために行っている独自のサービスです。

マイレージプラスのANA国内線は、このANAマイルとスカイマイルも同時に貯めれるので、すいった意味ではめちゃめちゃコスパ良しです。


またマイレージプラスで予約したANA国内線もマイレージプラスで貯めることができました。

まとめ

マイレージプラスのマイルはMileagePlusセゾンカードで生活費を決済すれば一気に貯めることができます。そのためANAマイルを貯めるよりもマイレージプラスを貯めることをおすすめします。

ただこういったお得なマイル特典はいつ改悪となるか分かりません。そのためマイルを貯め続けるのではなく、できるだけ早めにマイルを使うことをおすすめします。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. たっく says:

    今まで何度も発券してますが空港税はかかりませんでしたよ。
    手数料も直前でない限り発券手数料はかかりませんし、電話で往復予約でも発券手数料はかかりません。(ネットの予約システムに問題があるため)
    今回の改善は必要マイル数が他社を意識したものになったことです。
    実際に利用された経験がないような記事ですね。

    • kankeri02 says:

      片道1万マイルのときは燃油サーチャージでいくらか取られませんでしたっけ?国内線であっても。
      国内線はおっしゃるとおり利用しようと思っただけで利用したことありません。
      あと他社を意識した…とのことですが、他社でここまで少ないマイルで国内線に乗れるところってありますかね?
      個人的にはかなり太っ腹なキャンペーンだと思います。

      コメントありがとうございます!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑