経営者・会社員で海外に頻繁に行く人は、APECビジネス・トラベル・カードを発行しよう!ファーストレーンが使えます!

公開日: 2017年 04月 01日
更新日: 2017年 04月 01日


このブログをチェックしてくれている人の中には、会社の経営者または会社員で頻繁に日本と海外を行き来する人も何人かはいらっしゃるのではないでしょうか?

そのような方は是非、APECビジネス・トラベル・カードを発行してみましょう。このカードを持っていると19カ国の国の入国審査で特別レーンを利用することができます。


意外と知られていないAPECビジネス・トラベル・カード

APECビジネス・トラベル・カード(ABTC)Q&A | 外務省

APECビジネス・トラベル・カードを持っていれば、以下の国に入国または出国するときにABTC専用レーンを利用することができます。

オーストラリア
ブルネイ
チリ
中国
香港
インドネシア
日本
韓国
マレーシア
メキシコ
ニュージーランド
パプアニューギニア
ペルー
フィリピン
ロシア
シンガポール
台湾
タイ
ベトナム

中国の上海浦東空港、北京国際空港、タイのスワンプーナ空港など通常の入国審査のレーンを並ぶと時間帯によっては30分以上並ばなければいけないので、このレーンを使って客室乗務員やパイロットのように特別レーンを使って入国できるのは非常にでかいです。

最近だと、関西国際空港にもこのカード保有者向けのレーンを積極的にアピールしており、スタッフが常駐しています。写真も撮りたいのですが残念ながら出入国審査場はカメラ禁止なので写真はないです。

また短期商用目的であればビザの取得も不要とのことで、ロシアだとビザが日本人だと必要なのでこれもビジネス目的の訪問であれば取得不要で入国できてしまいます。

APECビジネス・トラベル・カード取得の条件

APECビジネス・トラベル・カードの取得の条件は外務省のページには以下のように書かれています。

(1)有効な日本国旅券を所持していること。

(2)申請書その他の提出書類に虚偽の記載がないこと。

(3)犯罪歴がないこと。

(4)外務大臣が告示で定める次のいずれかの要件に該当していること

APECビジネス・トラベル・カード(ABTC)Q&A | 外務省

問題は(4)ですが、要件は以下のように書かれています。

(ア)APECビジネス諮問委員会(ABAC)の日本委員、日本委員代理又は日本委員を補佐する業務に従事する方

(イ)金額の多寡を問わず、貿易・投資実績(注2)がある企業等の経営者又は当該企業等に雇用されている方で、貿易等に関する事業(注3)を行うことを目的として参加国・地域への渡航が必要であると認められる方

(注2)過去1年間又は直近の決算期(1年分:四半期連結)に行われた、海外の企業等との貿易にかかる取引の実績又は、過去に行われた海外の企業等との合弁、合併、不動産の買収等の投資に関する実績があること(連結会社(連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和51年大蔵省令第28号)第2条第5号に規定する連結会社をいう。)にあっては、連結会社において過去1年間に行われた貿易に関する売上又は海外投資の実績を有すること)。

(注3)短期間行われる貿易又は投資に関する交渉、業務連絡、市場調査、契約締結若しくは納品後の役務若しくはこれらに関連する事業

(ウ)ABAC日本支援協議会の構成団体(日本経済団体連合会、日本商工会議所(日本商工会議所の会員である商工会議所を含む)、経済同友会及び関西経済連合会)の職員、その団体の会員である機関の経営者又は当該機関に雇用されている方で、貿易等に関する事業を行うことを目的として参加国・地域への渡航が必要であると認められる方

(エ)貿易等に関する事業を行う機関の経営者又は当該機関に雇用された方で、貿易等に関する事業のうち特に災害復興に資すると認められるものを行うことを目的として参加国・地域に渡航し、かつ、今後同様に渡航することが必要であると認められる方

中々、難しい日本語で述べられているので私は理解するのは難しいですが、貿易をやられている方や海外に投資の実績があれば認められるようです。

もし該当するような方がいれば申し込まれてはどうでしょうか?

ただしあくまでもAPECビジネス・トラベル・カードはビジネス目的の訪問するときのみに利用でき、観光などのビジネス以外の目的の場合はレーンが利用できません。

まとめ

私も毎月海外に行っているので是非とも発行をしたいのですが、貿易事業もやってないですし、会社経営ではなく個人事業主です。もし法人化する機会があり、そのとき日本と韓国間など貿易の実績があれば申し込んでみようかと思います。

航空会社の上級会員だと空港ですぐにチェックインができますが、さすがに入国審査までは優遇してくれるところはほぼありません。もし外務省が提示する条件を満たしている方がいれば申し込んでみてはどうでしょうか!という話でした。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


  1. ゆきもも says:

    こんにちは。
    こちらのAPECビジネス・トラベルカードですが、記載されている19ヶ国内での審査時間が掛かるため申請から受領までに1年ほどかかります。
    またAPECカードの有効期限内にパスポートを切り替えた場合は保持しているカードは
    無効となります。(カード内にパスポート番号が記載されているため)

    ご参考に頂ければ。

    • kankeri02 says:

      おおお、1年も掛かるのですね…!お国の仕事なので仕方はないとはいえ、さすがに遅すぎすね。
      またパスポート切り替えすると無効になるとは…。タイミングによっては利用できる資格があっても利用できない人がいそうですね。
      情報ありがとうございます!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑