マリオットのバンコク・マリオット・マーキス・クイーンズパークに泊まってみた!豪華かつコスパ良し

公開日: 2017年 11月 26日
更新日: 2017年 11月 26日


先日、タイ旅行でバンコクに滞在した際にバンコク・マリオット・マーキス・クイーンズパーク(Bangkok Marriott Marquis Queen’s Park)に滞在しました。

1泊2人1室で2万円と決して安くはないですが、マリオットは日本だとかなり高いですし、SPG AMEXカードを持っていると、本人+同伴者までラウンジを利用することができ、朝食や前菜程度なのでがっつりは食べれないですが夕食もこちらで頂けるので大変お得です。

SPGアメックスカードは一気にSPGゴールドになれる神カード

もしバンコク滞在を予定されている人は、是非ともこのセットでマリオットに泊まることを強くおすすめします。

この記事ではバンコク・マリオット・マーキス・クイーンズパークに実際に宿泊したときのレビューをお伝えします。以前、同じバンコクのマリオット・ホテル・スクンビットに泊まったレビューはこちらの記事内に掲載しています。


ロビーが広すぎたバンコク・マリオット・マーキス・クイーンズパーク


バンコク・マリオット・マーキス・クイーンズパークでまず思ったのが、ロビーが広すぎる!ということでした。ちなみにこのマリオットは2016年にオープンしたばかりで、元々はインペリアルクイーンズパークホテルだったそうです。

部屋数はなんと1,360室ということで超大型のホテルでした。エアラインのキャビンアテンダントの方も多くルフトハンザ航空やマカオ航空の方々もいました。


画像では伝えきれないので是非とも実物を見て頂きたいです…!


チェックインをロビーの受付でしようとしたら、ゴールド会員ということで27階にあるラウンジでチェックインしてくれるということで、まずそちらに案内をされました。

そこでコーヒーを飲みながらチェックインさせてもらいます。今回は(も)デラックス・ゲストルーム・シティビューという一番安い部屋を予約したのですが、約2,000円ほど高いデラックスパークビューにアップグレードしてくれました。部屋も31階と高層階です。

バンコク・マリオット・マーキス・クイーンズパークの部屋


部屋はこんな感じで、決して広くはないですが一番安い部屋を手配したので、まぁこんなもんでしょう!


こんなお菓子まで頂けました。眺めも公園と後ろにはプロンポン駅が見渡せるのでかなり良しです。


アメニティはタイブランドのタン(THANN)でした。日本にも店舗のあるブランドです。


残念ながら自分の部屋にはバスタブはなかったです。ただ両親も同じランクの部屋を用意していたのですが、その部屋にはバスタブがありました。

なのでバスタブ希望の人はチェックインのときが事前にそのことを伝えておきましょう。

SPG AMEXカードを持っていたら入れるMクラブラウンジ(27階)

マリオットのゴールド会員以上であればラウンジの出入りも自由となります。

イベント 時間
朝食 6:00~10:30
※週末は~11:00
アフタヌーン・ティ 14:30~16:30
バー(お酒含む) 17:30~21:30
オードブル 17:30~19:30
デザート 19:30~21:30

バンコク・マリオット・マーキス・クイーンズパークには27階にMクラブラウンジがあり、上記の時間には特別な食事やお酒が楽しめるイベントもあります。意地汚い話ですが、すべてのイベントに顔を出すこともできます。

朝食


朝食はかなり充実していました。バンコクのマリオット・ホテル・スクンビットだとロビーにあるレストランでも朝食が無料で食べれたのですが、このクイーンズパークはゴールド会員だと無料なのはラウンジの朝食のみとのことでした。

それでも人の少ないラウンジで食べることもでき、数もかなりあったので十分すぎました。

アフタヌーン・ティ


アフタヌーン・ティはビュッフェ形式ではなく注文したら決まったメニューが頂ける流れでした。上記の画像が決まったメニューです。

正直、アフタヌーン・ティはスクンビットのほうが種類も多くビュッフェ形式なのでよかったです。

オードブル


オードブルも意外と種類はあり、私はいつも晩御飯はそこまで食べないようにしているのでちょうど良い感じでした。

これら全てのラウンジのイベントがSPG AMEXカードを持っているだけで本人と同伴者1名が無料で頂けるので、本当にコスパが良いです。

バンコク・マリオット・マーキス・クイーンズパークで滞在して掛かった費用は?


バンコク・マリオット・マーキス・クイーンズパークは、もちろんゴールド会員の特典を受けるために公式サイトで予約をしました。
※エクスペディアや楽天トラベルなどで予約した場合は、特典の対象外となります。

2泊でトータル11,765バーツなのでトータルほぼぴったりで4万円となります。なので1人1泊で1万円です。普段だと絶対に予算オーバーですが、今回は両親も一緒だったということで奮発しました。両親にもこのためにSPG AMEXカードを発行してもらいました。

車を持っていれば是非ともバレーパーキングもしてほしかったですね(笑)

まとめ

マリオット・ホテル・スクンビット同様にバンコク・マリオット・マーキス・クイーンズパークは値段に対して超豪華なホテルでした。またゴールド会員だと特にコストパフォーマンスの度合いが増します。

マリオット・ホテル・スクンビットとバンコク・マリオット・マーキス・クイーンズパークは、ほぼ同じ値段なのですが、正直いうと初めてのバンコクのマリオットだとマリオット・ホテル・スクンビットがおすすめです。

ラウンジのアフタヌーン・ティあと朝食も1階で頂けるのでゴールド会員のメリットはスクンビットのほうが感じました。ただ誤差の範囲なので、自分の行きたい場所などを考慮して決めてください。

地図だとバンコク・マリオット・マーキス・クイーンズパークにから最寄りのBTS駅であるプロンポン駅まで歩いて10分とでますが、裏出口からベンジャシリ公園を経由して駅へ向かえば5分程度でつけます。

またバンコク・マリオット・マーキス・クイーンズパークから歩いて5分のところに、日本人に人気の「木先生の足裏マッサージ」があり、私も行きましたがかなり良かったです。

もしバンコク・マリオット・マーキス・クイーンズパークに宿泊される人で足裏マッサージが好きな人は行ってみてください。

他にも記事を読んでみませんか?

当ブログは、「節約」、「海外」、「ブログで生活」をテーマに様々な記事を書いています。是非、他の記事も読んで下さい。

毎日更新!人気・お得な記事をピックアップ!

このブログの情報をLINE@で受け取ろう!
LINE@限定のネタあります!
友だち追加数


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑