free web hit counter

【2019年7月】Trip.comの海外・国内ホテルで使える最新クーポンまとめ!!

公開日: 2019年 01月 18日
更新日: 2019年 06月 30日

ctrip_top
Trip.com(トリップドットコム)というオンライン旅行会社をご存知でしょうか?

Trip.com(トリップドットコム)公式サイト | 航空券、ホテル、列車予約

実はこのトリップドットコムは中国系の旅行会社で、今爆発的に成長している旅行会社です。中国ではCtirp.comとして国内No.1のオンライン旅行会社で、最近では日本に進出しています。

日本でも数年前まではCtrip.comとして活動していましたが、Trip.comというドメインを取得してからは日本を含む海外ではTrip.comというブランドでサービスを提供しています。

私は基本的にエクスペディアや”じゃらん“でホテル予約をすることが多のですが、前回の中国にいった際に、泊まりたかったホテルがエクスペディアよりもTrip.comのほうが安いことに気づき、ちょっと不安ながらもTrip.comで予約してみましたが、ウェブやアプリもサクサクで使いやすいですし変な日本語もなく日本円で決済できたので、かなり満足度が高かったです。

中国に限らず台湾、東南アジアあたりのホテルでもエクスペディアやAgodaよりも安いことがあるので、今後Trip.comは要チェックですよ!

Trip.comで海外航空券を買う手順。使ってみた感想。安くて日本語サポートありで便利!


号外①:Trip.comで使える当サイト限定クーポンあります!!


マスターカードのゴールドカード、プラチナカードを持っている人がいれば初回は8%、次回以降は5%割引になるクーポンが貰えます。

海外ホテル | Mastercard® T&E Savings | Mastercard®

上記ページから取得することが可能です。マスターカードで決済をすることが条件となりますが、ホテル予約金額に関係なく利用することができ、週3以上であれば利用できますので非常に使い勝手がいいです。

号外②:Trip.comで使える当サイト限定クーポンあります!!

当サイト限定でTrip.comの国内ホテル、海外ホテルで使える1,500円引きクーポンを用意しています。上記バナーから取得することが出来ます。

キャンペーン期間:2019年5月20日〜8月31日

10,000円以上で予約できるので最大15%引きとなります。Trip.comは元々、最安値のホテルも多いので更にここから値引きがあるためお得です!

Trip.comは日本のクレジットカードでも決済でき、日本円もOK

jpy
Trip.comは中国発の企業ですがサイトの作りもしっかりしており、日本のクレジットカードで日本円での決済も可能です。

海外のオンライン旅行会社だと現地通貨決済をしなければならないところも多いですが、Ctripはインターバンクレート(手数料なし)で日本円にてオンラインで決済できます。ただし現地のホテル払いの場合は現地通貨での支払いとなります。

クレジットカードは、Visa、Mastercard、JCB、Amexに対応しており、銀聯カードやPayPalでも支払うことができます。

Trip.comは、電話サポートは24時間・日本語で対応してくれる

電話番号:0120-925-780(日本語 : 24時間・年中無休)

     +86-513-8918-6112
メールアドレス:
航空券: jp_flight@trip.com
ホテル: jp_hotel@trip.com
列車: jp_train@trip.com
その他: jp_support@trip.com

これはちょっと驚いたのですが、Trip.comは日本語でのサポートもしてくれます。しかも24時間です。電話だけでなくメールでの対応もしてくれます。

大体のオンライン旅行会社は、平日だけだったり、24時間だけど英語のみのサポート…なんてことも多いですが、Ctripはいつでも日本語でサポートしてくれます。

サポートに電話をするときは大抵、手違いやトラブルなど起こっているときなので、日本語で対応してくれるにこしたことはないですね。

中国ではTrip.comが大活躍!

Trip.comは少なくても中国では高速鉄道が予約できたり、独自に中国国内線航空券、ホテルを用意していたりとかなり使えます。

ホテルはエクスペディアより掲載数が豊富で値段も安いことが多い!

Ctirpは中国系のオンライン旅行会社なので、少なくても中国のホテル予約にはCtirpを使うことをオススメします。というのもCtirpのほうが圧倒的にホテル掲載数が多く、独自のセール価格で掲載しているホテルが多いです。

ibis
私は中国滞在時にいつも格安で泊まれるibisホテルを予約するのですが、上記のibisホテルはTrip.comだと掲載されていますが、エクスペディアだと掲載されていません。

中国でホテルを予約するならibisがオススメ!1泊約3000円、WiFiあり、英語が通じる!

またエクスペディアなどのオンライン旅行会社だとの地図はGoogle Mapsを使っていることが多いですが、残念ながら中国ではVPNを通さないとGoogle Mapsが使えないので場所探しに非常に苦労します。

s__29122563
その点、Ctripは中国系の会社なのでネットさえ繋がれば簡単に地図を確認できますので、苦労がありません。CtripもGoogle Mapsを使用していますが、中国でもVPNなしでマップがみれます。

ただTrip.comで気をつけてほしいのがホテル予約は、決済⇒ホテル承認⇒予約完了となるので、どうしても予約完了するまでに半日程度掛かります。なので当日のホテル予約には向いていないと思います。

中国の高速鉄道もTrip.comで予約できる!

train

Trip.comは中国の高速鉄道のチケットも販売しています。

ピークシーズンになると現地の駅で予約しようとしても満席で買えなかった!なんてこともあるので、そうならないためにも事前にTrip.comで予約をしておきましょう。

中国列車予約 | 高速鉄道切符購入・配送 |Trip.com

鉄道のチケットを買うことでホテルのクーポンが貰えることもあります。

Trip.comはアジア発の航空券も安いときがある!

s__2547716

スカイスキャナーで検索してみるとわかりますが、航空券も台北-ホーチミンなどアジア発の航空券だとエクスペディアよりも安く買えることが結構あります。

海外格安航空券・飛行機チケットをシートリップで予約55%OFF | Ctrip

たまに航空会社の公式ホームページよりも安いことがあるので、おそらくTrip.comは自前に持っているツアーの席を安く開放しているんだと思います。

なのでアジア発の航空券を予約するのもおすすめです。

Trip.comで海外航空券を買う手順。使ってみた感想。安くて日本語サポートありで便利!

上記はTrip.comで実際に航空券がスカイスキャナーで最安値だったので取ってみたレビュー記事です。

Trip.comはクーポン制度があり定期的に配布されます!

train
Trip.comにはクーポン制度があり、定期的にホテルや航空券が割引されるクーポン(プロモーションコード)が貰えます。

また先程もお伝えしましたが、中国の高速鉄道を予約すればホテルのクーポンも貰えます。

まとめ

Trip.comは、中国のオンライン旅行会社ですが、意外と侮れないです。これからはアジアを中心に使えるオンライン旅行会社となると思うので、是非とも会員登録してみてください。

またスカイスキャナーやホテルズコンバインドで最安値に表示されるのであれば、Trip.comで予約してみましょう。私は問題なくTrip.comを使えました。

The following two tabs change content below.

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


Back to Top ↑
  • YouTubeやってます!チャンネル登録お願いします!

    ⇒YouTubeチャンネル登録する

  • ドミノピザのクーポン情報

    ⇒ドミノピザの半額クーポンを確認する

  • 海外ホテルはエクスペディアのクーポン利用が最安値

    ⇒エクスペディアの8~10%クーポンを確認する

  • 海外航空券はサプライスのクーポン利用が最安値

    ⇒サプライスのクーポン・キャンペーン情報を確認する

  • 海外キャッシング最強カード!手数料良し&ネット返済OK!


    ⇒セディナカードが最強な理由をチェック

  • プロフィール

    kankeri02

    31才、5年のサラリーマン生活を終えてエストニアに移住・起業するも9ヶ月で撤退。今は大阪を拠点に日本で節約しつつ海外に行くライフスタイルを実践中。ブロガー&YouTuber

    ⇒詳しいプロフィールはこちら

  • アーカイブ