free web hit counter

フォーシーズンズ 丸の内 東京に宿泊!!東京駅&新幹線が見える部屋、朝食を紹介

公開日: 2019年 05月 10日
更新日: 2019年 05月 10日

今回は、東京駅直結で行くことができる「フォーシーズンズ 丸の内 東京」に宿泊した時のご紹介をいたします。

東京のラグジュアリーホテル|丸の内デザイナーズホテル|Four Seasons

朝食付きで1泊2名で約7万円と旅行で使うにはかなりお高いホテルとなります。一休.comより予約しまして、私はダイアモンド会員ですのでいくつか特典&割引を受けることもできました。フォーシーズンズ公式で予約をするよりも安かったです。

東京駅周辺の線路から丸の内口側に位置しますが、八重洲南口が最短ルートになると思います。東京駅地下通路からは直結で行けるので、東京駅に慣れていない人でも楽々にたどり着くことができるでしょう。


フォーシーズンズ 丸の内 東京に到着・チェックイン

前回、宿泊したホテルが12時チェックアウトで、そのままフォーシーズンズホテルに参りました。本当に東京駅のすぐそばにあります。特別目立った建物ではなく、片隅にひそかにあるようなイメージです。

チェックインの時間は15時からのため、まだチェックインをすることができませんでしたので、東京駅周辺を散策することとしました。その際にホテルの外観も観察してみました。

ロビーはこ小さめです。天井が高く綺麗ですが、個人的にはロビーが開放的なホテルが好きなので若干、失敗した感が…。調べてみるとフォーシーズンズ 丸の内 東京の部屋数は50部屋です。

そこそこ小さいと思ったマンダリンオリエンタル東京でも150部屋です。

13時でお部屋の準備ができたということで、通常は15時チェックイン開始ですが、2時間も早くチェックインしていただけました。チェックインカウンターもロビー同様、それほどの特別感はありませんかね。

チェックインを済ませると、そのままお部屋まで案内していただけました。接客はとても丁寧でホスピタリティを感じました。

フォーシーズンズ 丸の内 東京の部屋、アメニティを徹底紹介!!


今回の部屋は、4階の403という部屋になります。

私が用意されたお部屋は角部屋となります。

共有廊下から鍵を開け入ると、長い廊下のような空間です。

ずっと歩いてゆくと、どーんとこのような景色!!!一面ガラス張りですぐ向こうには新幹線も走っている線路がります。

これはさすがにテンションが上がります。スタッフの方によると部屋はグレードアップしてくれたとのことでした。

景色だけではなく、客室はかなり広く文句なしです。到着時に期待感が下がりましたが、部屋に案内されて気分がとても良くなりました(笑)

コーヒーサーバーやお茶、水は無料で用意されています。棚の上にアルコール類、下に冷蔵庫がありドリンクがたくさん入っています。これらは有料となります。

バスルームは上記のものとなり、入ってバスタブが真ん中に、左手(写真奥)がシャワールームです。

右手にはトイレと洗面台が。アメニティはロクシタンのものが備えられておりました。噂には聞いてましたが、ロクシタンの

お風呂に関しては、7階にスパがあり利用することができます。バスローブ等はどちらにも設置されております。

テレビには名前付きで案内が表示されており、無駄に特別感を感じられます。

ホテルの施設とお部屋の案内を受けたあと、少しくつろいでいるとチャイムが鳴り、フルーツと手紙を提供してくださいました。甘くて美味しいフルーツでした。

フォーシーズンズ 丸の内 東京の7階はスパ&ジム。宿泊者はジムとサウナは無料

さっそく7階のスパに行くことにしました。このようにタオルだけではなく着替えも用意されているので、楽ですね。

同じフロアにはジムのほかにレストランバーやギフトショップがあり、宿泊客も来ることが可能なようでした。なので軽装で7階をうろうろして誰かに会うと恥ずかしい作りになっています。

その後、外で夕食に焼肉を食べたので、そのカロリーを消費するためジムにきました。こちらの利用客はあまりおらずほぼ貸切状態でした。


東京駅を観ながら運動は中々いいですね(笑)

水やおしぼりも用意されており、りんごも。外資系っぽい一面でした。

フォーシーズンズ 丸の内 東京の朝食ビュッフェ

フォーシーズンズホテルの朝食は、7階のMITIFで頂くことができます。和食セットメニューかビュッフェのどちらかを選ぶことができます。私はビュッフェを選択しました。

朝食の並べ方は大変綺麗ですが、特別種類が豊富ということはありませんでした。

宿泊日は平日だったこともあるのか、ジム同様利用者はかなり少なかったです。東京駅すぐそばだと駅構内に美味しいお店も多くあるので、そちらを利用する人も多いのかもしれませんね。

このようにテーブルいっぱいに朝食をいただきました。食事中にはスタッフの方が、焼きたてパンやドリンクなどを勧めに来まして。食事の置きどころに困るほどでした(笑)

マーマレードやりんごとアプリコットが贅沢な形で提供されました。朝から満腹です。

当日はあいにくの天気でしたが、7階からの眺めも素晴らしいものでした。メニューや眺め、空間なども含めて満足度はかなり高いです、オススメの場所です。

おそらくホテル宿泊者でなくても朝食を食べに来ることはできると思いますので、いかがでしょうか?

フォーシーズンズ 丸の内 東京のチェックアウト時間は12時

こちらはエレベーターすぐそばにあるフロントへつながる電話ですが、ここにもまた隠れりんごがありました。朝食後にはりんごが1個になっていたりと意外と持っていっている人もいるようでした。

これは前日に撮った夕刊の写真ですが、チェックイン時に好きな新聞も選択し、夕刊と朝刊を届けてくれます。朝刊は多くのホテルで提供してくれますが、夕刊も届けてくれるのは珍しいですね。

フォーシーズンズ 丸の内 東京のまとめ

今回宿泊したフォーシーズンズホテル 丸の内 東京はチェックアウトが12時です。

客室数が50室程度とかなり少なめですが、その分客室はかなり広くサービスも充実しておりました。

運が良く、角部屋の線路が目の前の部屋を用意していただいたので満足度が高かったですが、他の部屋がどういったものかということも気になるところです。

朝食会場や、運がよければ部屋からも線路が目の前に望むことができる、鉄道好きにはたまらないであろうホテルだと思いました。

宿泊して満足することは間違いないと思います。ぜひ機会がありましたら宿泊してみてはいかがでしょうか。

フォーシーズンズ 丸の内 東京 ホテルについては私のYouTubeチャンネルでも紹介しております。ぜひご覧ください。

The following two tabs change content below.

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


Back to Top ↑