JAL(伊丹⇒但馬)搭乗レビュー。わずか25分&100キロのJGC修行利用者御用達の路線

公開日: 2018年 03月 11日
更新日: 2018年 04月 19日


先日、JAL厳密にいえばJALグループのJAC(日本エアコミューター)で伊丹空港から但馬空港までのフライトに乗ってきました。

※JACと書いてもいまいちピンとこないと思いタイトルはあえて”JAL”と書きました。

この路線はわずか25分程度のフライトで移動距離は70マイル(約112キロ)。なのでこれに乗ってもたった70マイルしか貯めることができないですし、車でも2時間弱で移動できてしまう距離なので「誰が乗るんだ…」とツッコミどころがある路線です。

ただこの路線はJALの上級会員を目指している人で回数修行をしている人にとっては、とってもありがたい路線になっています。実際に私も修行のためにこの路線に乗ってきたので、そこらへんの事情も交えて搭乗レビューをお伝えしたいと思います。

撮影日:2018年4月8日(日)
時間:9時5分⇒9時45分(40分)
便名:日本エアコミューター JAC2321
フライト:伊丹空港⇒コウノトリ但馬空港
機種:SAAB340B
座席:エコノミークラス(ECONOMY CLASS)
ラウンジ:サクララウンジ
dカード・ゴールド保有で挑戦できるプレミアムクーポンでラウンジ権を獲得
資格:なし
購入金額:7,100円(先得旅割)
朝来市ふるさと納税の補助金で実質的に3,500円
溜まったマイル:58マイル(基本53マイル+ボーナスマイル5マイル)
溜まったFLY ONポイント:106

日本エアコミューター(伊丹空港⇒コウノトリ但馬空港・JAC2321)搭乗レビュー。座席など紹介


伊丹-但馬便は1日2便ありますが、今回は初めての但馬空港だったので朝9時5分便にしました。

今回はJAL公式サイトで購入した航空券なのでiPhoneにチケットをいれこれで搭乗します。小さいスーツケースもあったのですがプロペラ機ということで普段なら機内持ち込みができるスーツケースでも預けてくれとのことでした。


私はJALの上級会員でない(むしろなるために修行中)のでサクララウンジには入る資格がないのですが、dカード・ゴールドの抽選で応募していつものように当選させていたのでサクララウンジ利用することができました。

dカードGOLDを発行するとJALサクララウンジがほぼ使い放題!


朝なのでコーヒーをサクララウンジで頂きます。


日本エアコミューターのプロペラ機はすべてゲートが固められています。


ゲートの前に到着しました。


プロペラ機はボーディングブリッジが接続できないようでバスで機内まで向かうことになります。


ボーディングブリッジでないとバス移動で疲れますが、まじまじと機体が見れるのは良いですね。


機内に入ります!今回はほぼ満席です。本来であればバス、電車で2時間程度で移動できる距離なのであまり乗るメリットがない飛行機となりますが、どうやらツアーのお客さんと被ったのでお客さんが多かったようです。

往復10,000円程度で日帰りツアーがあるので、そのお客さんたち思われます。但馬エリア在住の人も補助金がでるようで、そこらのエリアに住んでいると思われる人も多かったです。


今回の機体はSAAB340Bというもので、2018年5月より新型機のなるようです。


座席の広さは上記のような感じで広いとはいえないですが、20~30分のフライトなのでこんな感じでしょう。ちなみに客室乗務員の方は1名のみです。


では行ってきます!


短すぎるフライトなので機内のドリンクサービスは羽田-伊丹のようにはなく、唯一キャンディーが客室乗務員より希望者のみ配布されます。琉球黒糖を頂きます。


ほとんど陸が見えるフライトですが、雲が差し掛かるとみえません。またプロペラ機なので多少は揺れます。


それではあっという間にコウノトリ但馬空港に到着です。


コウノトリ但馬空港は本当にこの大阪-但馬の1日2便しかない空港なので静けさがあります。


空港はこんな感じで到着時もガラーンとしています。


でも2018年5月以降は新たにATR42-600という機体に変わるとのことで、上記のよなパネルも用意しておりコウノトリ但馬空港としても力を入れていることがよくわかります。

フライト情報だと40分のフライトですが、実際に陸の上にいる時間は20~25分程度です。本当に短いフライトですが楽しむことができました。

JALの上級会員を目指すJGC修行者が愛用する日本エアコミューターの伊丹-但馬便

この路線はJALの上級会員を目指している人にとってはお手軽にJALのフライト回数を増やすことができるため人気の路線となっています。マイルやFLY ONポイントはほぼ貯めることができないのですが、JALは1年で50回以上乗ればラウンジ利用や優先搭乗ができるサファイア会員になれます。

羽田からニューヨークまでのフライトでも、伊丹から但馬でも同じ1フライトです。時間はもちろんこの路線の航空券は最安値で6,100円なのでお手頃です。さらに次の項目に詳しく書いていますが兵庫県朝来市にふるさと納税をすれば更に助成金がでて安く乗れます。

なので伊丹空港から但馬空港に移動をして、すぐに空港の外にでないまま折り返して伊丹空港に戻る人もいます。実際に私も帰りのフライトでそのような方をお見かけしました。1日2往復する人も沢山います(笑)

JALグローバルクラブ(JGC)とは?クレジットカードを維持するだけでワンワールドサファイアが維持できる!

私も2018年はJALに50回乗りサファイア会員になり、サファイア会員だと入会が認められるJALグローバルクラブ(JGC)への加入を目指しています。JGCだとクレジットカードを維持するだけで今後はJALに乗らなくてもJALまたはワンワールドの航空会社でラウンジ利用や優先搭乗が認められます。

兵庫県朝来市にふるさと納税をすれば但馬便で助成金が貰える


伊丹-但馬のフライトに乗る前に、兵庫県朝来市にふるさと納税をしていれば年6回まで助成金を受けることができます。

朝来市 但馬空港助成申請について | 朝来市


上記のような金額で私の購入した先得割引だと3,600円が返ってくるので実質的に3,500円で乗れたことになります。

ふるさと納税した翌日から1年間なのでタイミングをあわせれば、1年で12回まで受けることもできると思います。

【ふるさと納税】「但馬牛のほくぶ」の成熟但馬牛バラ切落し 500g | 楽天市場

朝来市へのふるさと納税は楽天市場から可能で但馬牛500gがお礼でも頂けますし、お得です。自分もこちらを事前にふるさと納税してJGC修行をしています。

旅行会社が1万円以下&日帰りで竹田城に行ける格安ツアーを販売している


クラブツーリズムがこの伊丹-但馬のJACで行く格安ツアーを販売しており、お値段はなんと総額で1万円以下です。グーグルのCMでも登場した竹田城に行くことができます。

『天空の城・竹田城跡と出石城跡 日帰り』 コース情報:伊丹空港発着の飛行機利用!伊丹⇔但馬片道約40分で到着!大型バスでは行けない竹田城跡へ!|クラブツーリズム

私は片道7,100円でフライトを予約したので、それを考えるとめちゃめちゃコスパが良いですね。どうやらこのツアーも補助金か何かでこの価格を維持できているようです。

もし伊丹-但馬を利用されたい人はこのツアーを利用すると良いかも知れないですね。

まとめ

自分も前から気になっていた日本エアコミューターの伊丹-但馬に乗れてよかったです。需要と供給の関係で本来であればなくても良い路線と思われますが、色々な事情で残されている路線です。

みなさんもJALの上級会員になるために回数修行をするのであれば利用してみましょう。

The following two tabs change content below.

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Back to Top ↑