free web hit counter

JALビジネスクラス(羽田-シンガポール)搭乗記!!SKY SUITE Ⅲの実力は?

公開日: 2020年 02月 10日
更新日: 2020年 02月 02日

今回は、羽田空港からシンガポールまで日本航空(JAL)のビジネスクラスに搭乗しましたのでその紹介をいたします。

以前、アラスカ航空のマイレージプラン(MileagePlan)で東南アジア発のハノイ⇒成田(2018年11月)、羽田⇒シンガポール(2019年3月)を、たった25,000マイル+約70ドルで手配したことをご紹介しました。

この2フライト目となります。前回のフライトに関する記事やアラスカ航空のマイレージのお得な使い方などは他の記事でご紹介しておりますのでぜひご覧ください。

JALビジネスクラス(ハノイ⇒成田)搭乗記。座席、機内食などを紹介

アラスカ航空マイレージプランの貯め方・お得に手配する方法


羽田空港・国際線ターミナルのJALチェックインカウンター

チェックインカウンターはエコノミークラス・プレミアムエコノミークラス・ビジネスクラス・JGC会員・ファーストクラスのカウンターとかなり細かく分かれており、私はJGC会員ですので、ファーストクラスのカウンターを利用することができます。

ビジネスクラスに搭乗するので、エコノミーではなくビジネスクラスのカウンターを利用できるわけですが、せっかくですのでファーストクラスのカウンターでチェックインさせていただきました。

今回のフライトは0:05発ということでカウンターはいずれもガラガラでした。約5時間ほど前にチェックインを済ませました。

無事、ファーストクラスのカウンターでチェックイン。

出国審査を終え、ラウンジへ

JGC会員であると、優先保安検査場を利用することができます。

様々な航空会社のステータスを持っていたりファーストクラスに乗る際に利用できます。どのステータスを持っていると利用できるのかは、看板でずらーっと表示されています。

ファーストクラスラウンジを利用させていただきました。

こちらについては別の記事・YouTube動画にてご紹介させていただきますのでよろしければご覧ください。

高級寿司が食べ放題!成田空港のJALファーストクラスラウンジ が超豪華すぎた

ラウンジを満喫し、搭乗ゲートへ

113番ゲートより出発です。JGCプレミア会員ですので、もちろん一番右のFIRST PRIORITYの優先搭乗を利用しました。

いよいよ機内へ SKY SUITE Ⅲ

搭乗ゲートを通り、機内へと。座席にいくとこのようにアメニティが多く置かれておりました。

機体の写真を撮り忘れましたが、機体は777-200となります。ビジネスクラスのタイプはSKY SUITE Ⅲと一番新しいタイプとなります。座席は10K。ビジネスクラスの中では後方で窓側の席を手配しました。

SKY SUITE Ⅲ

配列は1-2-1で、他のSKY SUITEに比べてプライベートさには欠けるように思いました。

リクライニングは結構操作しやすいです。フルフラットまで。

ディスプレイはつい触りたくなってしまいますが、タッチパネルには対応しておりません。座席すぐよこにリモコンが付いていてこれで操作します。

SKY SUITE Ⅲは物を置くスペースや収納スペースが充実している印象を受けました。写真左のところは開くようになっており、広めの収納スペースがあります。

いよいよJALビジネスクラスでシンガポールまでのフライト

このフライトは、一度遅延のお知らせがされていたのですが、その後遅延が回復したりとすごくバタバタした状態でのフライトとなりました。お客さんもそれに気づかなかったのか、搭乗がスムーズに行われていなかったようです。

その間におしぼりや水をいただきました。ミネラルウォーターは市販のまぁお手頃価格のものですね。飲んでしまえばみんな一緒です。

後は、他のフライトと同様に朝食の和食・洋食を聞かれます。深夜のフライトですので、寝ていた場合はそのまま起こさないか起こしていただくかも聞かれます。私はもちろん叩き起こしてもらうようお願いしました。

いよいよ離陸です。定刻より10分ほどの遅延で出発しました。離陸時間が結構長めだったように思います。国際線あるあるですね。

ビジネスクラスのトイレには歯ブラシなどアメニティがいくつか用意されています。

驚いたのはこれ、機内のトイレにウォシュレットが付いていました。ウォシュレットがなきゃトイレができない!なーんて人も安心です。トイレで選ぶならJALに決まりでしょう。

冗談はさておいて、軽食が提供されました。ドリンクは注文していたのですが、食べ物を口にする気は一切なかったのではみがきも終わっていたので食事も提供されたのは驚きです。

提供されたものは仕方がないので美味しくいただきます。

JALおなじみのドライなっとうもいただきました。

今回のフライトでは、森伊蔵が3,200円で販売されていました。在庫があるということだったので、知人のお土産にとひとついただくことにしました。

JAL機内販売はJALカードの購入で10%引きです。2,880円で購入できました。安いくらいでしょう。もちろんマイルも通常通り積算されます。

そんなところで、到着は朝早い上に朝食もいただくために寝ることにしました。おやすみなさい。。。

おはようございます。朝5時の朝食

朝5時過ぎ。起床しました。睡眠時間は3時間ぐらいでとっても眠かったです。朝食は和食をいただきました。The 日本という感じのメニューですね。ご飯も米粒がたって美味しそう。というか美味しくいただきました。

早朝ということもあり、周りの様子をうかがったところ朝食を食べていない人も多いようでした。

朝食の後は、緑茶をいただきました。和ですね。

その後は、あまりに眠過ぎたので着陸直前までアイマスクをつけ寝ていました。

あっという間にシンガポールに到着

ほとんど寝ていたらいつの間にかシンガポールに到着していました。プライオリティタグが付いた荷物を受け取り、入国審査も無事完了。

シンガポールも早朝。空港はガラガラですのでストレスなくスムーズに手続きが終了しました。

まとめ: JALのビジネスクラスは良いけど、深夜便で逆に疲れた(笑)

前回のハノイー成田のフライトの際もおんなじことを言ってますが、ビジネスクラスシートは快適で、機内食も豪華なものが提供されますし客室乗務員の方も丁寧な接客をしてくださるので満足ですが、深夜便で朝食も利用いただくとなるとやはり眠くて疲れてしまいます(笑)

ほとんどの時間は寝ているだけですしね。

現地に到着してもホテルにチェックインもできず、することはないので深夜便ではないほうが良さそうです。

今回は少ないマイルで、国際線のビジネスクラスを楽しめたので満足です!

今回のフライトはYouTubeにもアップしているので参考になれば幸いです。

The following two tabs change content below.

アバター

おのだ/kankeri02(ブロガー&YouTuber)

海外旅行、飛行機レビュー、日本で生活する上でのお得情報をブログとYouTubeで発信中。お金をあまり掛けずにマイル、ポイントサイト、クレジットカードなどを駆使して、ビジネスクラスに乗ったり高級ホテルに泊まったりすることについて研究しています。


記事を共有・ブログを購読する

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。今後も役に立つ、おもしろ記事を配信作っています!


Back to Top ↑